愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
体に感じられるサインがあります。
太陽の光が万物に広がっていくように
体に暖かなエネルギーが広がるのを
じっと集中して感じてみましょう。

ソーラーエネルギーが十分に充電されると
体に感じられるサインがあります。

指先やつま先がビリビリします。
これは体温が上がって血管が拡張し
手足の先まで血液がめぐっているという現象です。

体や心のエネルギーが暗く落ち込んでいると思ったら
外に出て日光を浴びましょう。

ソーラーエネルギーのまぶしく明るい光と
暖かなぬくもりがあなたの体に染みわたり、
暗く冷たいエネルギーをじわじわと追い出すことでしょう。





スポンサーサイト
心の静寂
「心の静寂」

私達の奥深い所には、真実が眠っています。

でもほとんどの人達の前に立ち塞がる壁があり、真実に気づきません。

その壁は、思考(エゴ)です。

私達の内なる次元(真実)は、思考の次元では見つけることが出来ないのです。

内なる次元は、生き生きとした生命力にあふれた平和の感覚です。

そこに、本当の自分が眠っています。

自身が意識の進化へと繋げるには、まずあなたという『内なる平和』、心の静寂がとても大切で重要なのです。

静寂な心こそが、私達の本質(意識)です。

私達は人間という形(肉体)をまとった意識なのです。

自分の世界が騒々しい時は、自分自身の心が騒々しいからです。

また、自身の世界に平和がある時には、自分の心に平和があるからです。

自分の周りは、自分の心が投影したものです。

静寂を意識している時は、思考が静止しています。

その時には、心が研ぎ澄まされた状態です。

この時が『わたしが在る』という感覚でかす。

本当の自分と繋がっている時です。

すると真実の叡智が静かに活動を始めます。

これこそが、創造性が生まれ、色々な問題の解決策やヒント、直観という形でやってきます。

そして、「今、この瞬間」をありのままに全てを受け入れることが出来ます。

心の抵抗を手放し内なる平和の次元へと、導いてくれるのです。

考えることなしに、静止の状態から、物事を眺めるなら、大いなる存在と一つになっている時です。





なんでもやってみる
『なんでもやってみる』

できないのではなくて、ただやっていないだけです。

まだやったことがないことを、

「怖い」「面倒くさい」「不安だ」と思う感情は、過去の偏った経験が作り出す、ただの錯覚です。

実際にやってみれば、意外とうまくいくことの方が多いのです。






過去の経験を思いだして。
今、つらい人はそのことで頭が

いっぱいになる。

だけど、つらさや悩みはいつか必ず終わる。

終わることがわかっていれば

今のつらさも軽くなる。

過ぎてしまえばバカみたいだ。

未来を信じること。

過去の経験を思いだして。

過去と未来を味方につけて

今を生きる人こそが、

豊かな人生を送れる。





できない理由を
できない理由を
 
忙しさのせいにしたとき、
 
心が亡くなる。
 
 
 
できない理由を
 
歳のせいにしたとき、
 
歳が老いる。
 
 
 
できない理由を
 
誰かのせいにしたとき、
 
自分がわからなくなる。
 
 
 
何かのせいにした言い訳が
 
全部自分に返ってくる。
 
 
 
できない理由を
 
自分のせいにしたとき、
 
できる自分が返ってくる。