愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
腸カンジダ
腸カンジダ

 
カンジダ菌とは、真菌(Fungi)の仲間であり、カビやキノコの仲間です。

そのため、カンジダ菌は、イースト菌とか、酵母菌とかいわれたりします。

一般的な細菌(Bacteria)とは、違う種類なんですよ。
 

カンジダ菌は自然界にはどこにでもいるありふれた菌で、当然人間の腸管にだっていたりします。

でも、異常繁殖するとカンジダ菌感染症になります。

有名なのが女性の膣カンジダや、口腔内のカンジダ菌感染症です。

いずれも免疫力の低下によって起こる、日和見感染症といわれています。
 

カンジダ菌が小腸で異常増殖すると、腸カンジダという病気になります。

腸カンジダは、カンジダ菌の繁殖を確認しづらいために、しばしば発見が困難です。

しかし、この腸カンジダという状態は、非常に大きな問題を引き起こします。
 

小腸内でカンジダ菌が異常増殖する理由は、もちろん免疫力の低下がベースにあります。

しかし、カンジダ菌の増殖しやすい環境もまた、腸カンジダを引き起こすのです。
 
カンジダ菌は砂糖が大好きなので、糖質の過剰摂取、特に砂糖や異性化糖の過剰摂取がカンジダ菌の異常増殖を引き起こします。 

糖質の過剰摂取は低血糖症や肥満、全身の組織や細胞の糖化亢進だけではなく、腸カンジダの原因でもあるんですね。

腸カンジダになると、小腸の粘膜に炎症が起こります。

小腸は栄養吸収の場であるとともに、免疫提示の場でもある非常に重要な場所です。

ここで炎症が起こると、免疫機能が上手く働けなくなります。
 

また、小腸の微絨毛粘膜は、体に必要な栄養素を吸収するという役割を持っています。

糖質なら単糖、タンパク質ならアミノ酸、脂質ならモノアシルグリセロールと脂肪酸の形まで小さくなった物だけを吸収しています。
 

しかし、小腸粘膜に炎症が起こると、大きい分子のままでも体内に入ってきてしまうようになります。

これを、リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)といいます。

こうなると、本来人間の体に入ってこないはずの抗原性を持つ高分子化合物まで体内に入り込んでしまうので、正常な免疫機構が狂ってしまい、アレルギーや自己免疫性疾患などが起こってきてしまいます。

特に消化管の機能が未発達な小児がリーキーガット症候群になると、多彩な症状が現れます。

アトピーやアレルギー、ぜんそくなど。
様々な食べ物に対する遅延型フードアレルギー。

自閉症やADHD、学習障害(LD)、など自閉症スペクトラムでは、腸カンジダの頻度が高いことが分かっています。

糖質の過剰摂取とは、こんなにも恐ろしいものなんです。

ですから、甘いものなんていかなる甘味料であれ、一切摂るべきではないのです。







スポンサーサイト
アレルギー、実は免疫力が低下することで発症す。
アレルギー

花粉症にせよ、金属アレルギーにせよ、食物アレルギーにせよ、アレルギーとは免疫が過剰に反応することによって起こる病態とされています。

ですからアレルギーの治療とは、過剰反応している免疫を抑制することを行います。

例えば抗ヒスタミン剤とは、免疫反応によって放出されたヒスタミンの受容体をブロックすることで、症状の発現を抑える薬です。

また、ステロイド剤とは、副腎皮質から分泌されるコルチゾールの免疫抑制効果を利用し、外用または内服でコルチゾールを投与することによって免疫反応を抑制します。

また、膠原病や潰瘍性大腸炎、クローン病、多発性硬化症などの自己免疫性疾患もまた、アレルギー疾患と同様、免疫機構の異常反応が原因となって発症するとされています。

アレルギー疾患や自己免疫性疾患は、基本的に一度発症すると完治しないと言われています。

僕は潰瘍性大腸炎という自己免疫性疾患と、花粉症というアレルギー疾患の両方に罹患していましたが、どちらも現在症状はありません。

治らないはずの病気がなぜ治ったのでしょう?

ちなみにどちらも西洋医学的治療を受けている時は、良くなるどころか悪くなる一方でした。

これは僕の推論ではありますが、進化生物学的に考えると、アレルギーや自己免疫性疾患というのは、免疫が異常に亢進するから発症するのではなく、実は免疫力が低下することで発症するのではないか、と考えられます。

人間は常日頃から様々な細菌やウイルス、毒素、抗原などにさらされています。

それでも多くの人は何ら問題無く日常生活を送っています。

免疫機構は実に様々な働きをして、人体を守っています。

しかし何らかの原因で免疫機能が上手く対応できなくなると、様々な疾患が起こってきます。

それでも何とか生体は自分の体を守ろうと対応しようとします。

これがアレルギーや自己免疫性疾患の発症機序だと考えられます。

もしそうであるならば、アレルギーや自己免疫性疾患になったらまずやるべきことは、低下している免疫力を回復させることであるべきです。

ところが、西洋医学で行っていることは、免疫を抑制してとりあえず症状を抑えているだけに過ぎません。

元々低下している免疫力をさらに低下させるわけですから、決して良くなるはずがありません。

免疫力を低下させる要因は加齢、疲労、ストレス、環境などなど様々ですが、大きな要因の一つがやはり食生活の問題でしょう。

免疫力を低下させる食生活の要因には、大きく分けて二つあります。

それは、免疫力を低下させる毒物の摂取と、免疫力が正常に働けないような栄養欠乏です。

免疫力を低下させる毒物といえば、何といっても砂糖などの甘い糖類です。

砂糖は免疫を司る白血球の働きを、およそ50%も低下させるという論文があります。

また、糖を代謝する時にビタミンB群などのビタミンや、亜鉛、クロムといったミネラルを消費し、これが栄養欠乏の原因ともなります。

そして栄養欠乏の最も多い原因が、いわゆるヘルシーな食事、すなわち肉などの動物性食品を避け、野菜や穀物などの植物性食品中心の食生活です。

このような食生活をしている人は、タンパク質が不足するのみならず、様々なビタミンやミネラルの欠乏を引き起こします。

栄養状態が悪くなると、免疫機構も正常に働くことができなくなります。

では僕が潰瘍性大腸炎と花粉症を治した方法はといえば、免疫力を低下させる毒物である砂糖などの甘い糖類を一切摂らないようにし、かつ肉や魚介類、卵、チーズなどの栄養豊富な食べ物を積極的に摂取したことです。

断糖肉食な食生活によって、身体に活力がみなぎり、体調が良くなって、気が付けば体の不調は無くなって病気も治っていました。

人間の身体には、自然治癒力というものが備わっています。

食べ物を正し、自然治癒力がきちんと働けるようになれば、身体はちゃんと良くなってくれます。

逆にいえば、症状は身体が発しているSOSのサインなのです。

そのサインを無視するようなことをするから、後々もっと大変なことになるのです。

アレルギーが何を気付かせようとしているのか、その体の声に耳を傾けてあげてください。





この世にアレルギーと呼ばれる病気があります。
この世にアレルギーと呼ばれる病気があります。

そしてアレルギーであるといわれている人はこの世にたくさんいるでしょう。

しかし人々は、すでにその病気があると洗脳され、刷り込まれていることには気付いていません。

つまりアレルギーという病気など、本来この世界には存在しないということです。

おそらく世界中のすべての人が驚きか軽蔑かでこの話を迎えるでしょうが、だからこそその人のアレルギーというものは治らないということです。

なぜ人々は昔にアレルギーなどというものがほとんどすべて存在しなかったことを考慮しないのでしょうか?

なぜ人々はアレルギーが免疫の異常と考えてしまうのでしょうか?

なぜ人々は昔に花粉が飛びまわっていた時代に、花粉症などほとんど存在しなかったことを思い出さないのでしょうか?

さらにいえばこれはアレルギーだけでなく自己免疫性疾患と呼ばれる膠原病にも同じことが当てはまります。

慢性関節リウマチ、SLE、花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、橋本病からバセドウ病まで、なぜそうなるのか?

人々はその真の理由ではなく、表面上起こった出来事にしか興味がないから、病気が治らないということです。

これはきわめて科学的、医学的な話であり、決して宗教や哲学的な話ではありません。

ここで結局治る人と治らない人、治せる人と治せない人の差が出てきます。

野生の動物にびっこを引いてリウマチになった動物はいません。

古典的な人々(たとえばイヌイットやインディアンやアイヌの人々など)にもそのような病気になる人々はまずいなかったです。

ではなぜ今、アレルギーと呼ばれるものは猛烈な勢いで広まっているのでしょう?

この話はアレルギーと呼ばれる人々の症状が存在していないといっているわけではありません。

ただアレルギーという考え方は常に何の解決ももたらさないのです。

自己免疫性疾患を説明する時に自己細胞を攻撃するというのがその定義の根幹ですが、では、なぜ自己の細胞を攻撃するのか、人々は考えたことがあるでしょうか?

スギ花粉症についておじいさん、おばあさんに聞いてみてください。

山だらけのこの国に昔スギ花粉症などなかったと必ず教えてくれるでしょう。

じんましんやアトピー性皮膚炎や花粉症などという病気は存在しないのです。

それはつまり、あらゆる抗アレルギー薬、ステロイド剤、免疫抑制剤の軟膏などを塗ることが無意味であることの象徴です。

とにかくアレルギーについていえることはその薬を飲んでもその場しのぎであり、使えば使うほど不健康になっていくということを自覚できるかどうかです。

ただし、西洋薬のアレルギー薬を何の本質的知識もないままやめると猛烈に悪くなります。

これがいわゆるリバウンドですが、言い方を変えれば精神薬やドラッグと同じ、「禁断症状」にすぎません。

そしてこれらの薬をやめたいと思った場合、薬の減量の仕方だけにこだわってもまず成功しません。

現代において化学物質過敏症という言葉がありますが、これは部分的には正しいです(ただし部分的)。

つまりこれらの多くは現代化学物質によってもたらされたものなので、それを避けるための努力をしなければ、いくら薬を減らしたところで同じです。

もう一つ大事なのは、そもそもアレルギーとやらにならない肉体を作るということです。

これがほとんどの人はできていません。

そしてもう一つ大事なことは最初に述べたように、それは病気ではなくアレルギーでさえもないという理解なのです。





副鼻腔炎、蓄膿について
副鼻腔炎、蓄膿について

一般的に使う、鼻の状態、副鼻腔炎、粘膜炎症、膿瘍、アレルギー、免疫などなど...の周波数以外で東洋医学的に。

まずは場を考察。

直接的に鼻に関連する経絡は、肺経、大腸経、胃経です。

そして顔の中央に位置することから、土=消化器系の状態を伺うところでもあります。

鼻が大きな方は、胃も大きく大食漢の方が多いという傾向があります。

症状を考察すると、

蓄膿の膿ですが、これは痰と考えられます。

副鼻腔炎の炎の文字、痰の文字に共通するのは、火が二つもあるということ!

また痰の濃い黄色も熱を表します!

つまり、副鼻腔炎、蓄膿、言い方はどちらでもいいのですが、とにかく熱量が多いということ。

余分な熱は余分なエネルギー源摂取から引き起こされます。

さらに膿、痰はネバネバですね。
体液の中に物質=土が多いから粘る。この物質とはエネルギー源となる栄養素です。

この含有成分の多い粘った体液=痰は「泥水」とイメージすると分かり易いかもしれませんね。

含有成分、特に糖分が多いと熱量も多くなり、粘りも強くなります。

全てを総合的に考えると...

胃や大腸の余分な熱が強く(暴飲暴食や甘いものの過剰摂取、むたはドリンク剤やサプリ、アルコールなどにより燃えすぎる)、

これが経絡を通じて上にあがり(熱は上にいこうとする)、

鼻喉の粘膜組織が熱で腫れ、粘膜保護の為の体液が粘り邪毒=痰となり、

胃や大腸の経絡が通っている副鼻腔に溜まるということです。

このパターンの場合は舌を診ると、舌そのものは赤が強く、舌苔はベッタリ厚みのある黄色が表れます。

養生は、

先ずは食をなるべく控えて頂くこと。

糖分を控えること。

便秘があればその解消を心掛けることが大切。(大腸に邪毒や熱が溜まるので。)





【離乳食が将来を決める】
【離乳食が将来を決める】

正常な生命維持・新陳代謝の為に必要な栄養素は53種類あると言われています。

市販の離乳食には20種類も入っていないもばかりだそうです。

さらには、防腐剤等の添加物が入っており、小さなお子さんには危険が伴います。

また乳児には味の濃すぎるものもあり、質の悪い油脂が使用されている物も少なくありません。

現代人は、味の濃いものを欲しがる嗜好がありますが、この離乳期、幼児期に食べた味が大きく影響しているとの事です。

つまり、小さな子供の時期に与えられていた食事の影響が大きく、大人になっても影響し続けるということです。

ですので、大人になってから成人病、癌、難病などになり難くしてあげるには、離乳食での栄養と味、食材に気を付けてあげるべきだと感じます。

また、幼児期になってからでは好き嫌いが固定化される為、修正しにくく、無理に変えようとすると逆効果となってしまいます。

いかに乳児期で与える離乳食が大切かということですね。

ここ15年でアレルギーに悩む患者も3倍になったそうです。

アレルギーの原因は食べ物だけではないと思いますが、出来るだけお子さんが小さい時期ほど手を抜かず、手作りで安全な物を食べさせてあげたいですね。