愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【年を取ってから得をする】楽器の練習を続けるべき理由
子どものころや学生時代に楽器を習った、練習したという人は多いだろう。

好きで続けていたにせよ、仕方なく続けいたにせよ、楽器を演奏するには脳のさまざまな機能を駆使するため、それが後々プラスに働くことになる。

本日は楽器を続けた人が高齢になってから得られるメリットをご紹介。

1. 認知機能の衰えを補える

米カンザス大学医療センターの研究チームが60~83歳の高齢者を対象に神経心理検査を行い、楽器の練習・演奏経験の長さ(10年以上、1~9年、無経験)とスコアとの関係を調べたところ、練習・演奏経験が長い人ほど、非言語(視覚、聴覚)記憶、空間視覚記憶、物の名前を言う、新しい情報を取り入れ適応するといったテストで高いスコアを得る結果となった。

練習・演奏経験10年以上の人の場合、楽器と疎遠になる期間が数十年あっても、上記のような利点がすべて失われるわけではないこともわかったそうだ。

また、それを裏付けるように、9歳以前に楽器を初めて10年以上続けた場合、後期成人期に言語作動記憶が衰えないといった利点があることが米エモリー大学の研究によりわかっている。

これは脳の発達時期に楽器を練習することで新たに神経連結が作られ、それが高齢になってから認知機能の衰えを補っているためと考えられるそうだ。


2. 聴覚の衰えを補える

米ノースウエスタン大学が55~76歳の被験者に特定の言葉を聞き分けるテストを行ったところ、楽器の練習を4~14年したことがある場合、中断期間が40年ある被験者であっても聴覚脳幹の活性度が高く、反応が早いことがわかった。


3. 年を取ってから初めても効果あり

「楽器と縁がなかった」という人もあきらめるのはまだ早い。スイス、チューリッヒ大学の研究チームが65歳以上の被験者に週に1時間、楽器の練習をしてもらったところ、4~5カ月で聴覚、記憶、手の動きを司る脳の部位の活性度が高まることがわかったそうだ。

また米国、南フロリダ大学の研究で、60~85歳の被験者にピアノのレッスンを受けてもらい、半年後にさまざまなテストを行ったところ、記憶力、言語流暢性、情報処理能力、計画能力等が向上していることがわかった。





スポンサーサイト
「認知症」「不眠症」ウォーキングは、身体にとって色々と効果があります。
 ウォーキングに関しては、「認知症」「不眠症」の投稿で記載したのですが、身体にとって色々と効果があります。
 
①認知症の前段階である「軽度認知障害(MCI)」、ここまで進むと「脳トレ」は効果がなくなりますが、‪#‎有酸素運動は認知症に進行しないで元の状態に戻る事が可能です‬。

②身体の太い筋肉である大腿部の筋肉を使うため、運動効果があります。
その結果、生活習慣病の改善効果や、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌され、‪#‎ウォーキングを続けていくうちにうつ病などの改善も期待できます‬。
ちなみにセロトニンの95%が腸で作られます。

③幸せな気分を持続させるドーパミンが分泌

④脳を活発な状態にするノルアドレナリンが分泌
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ウォーキングとうつ病に関して、もう少し補足します。

 アメリカでうつ病患者156人を対象として、「投薬」「運動」「投薬+運動」を行なう3つのグループにわけて16週間の調査を行ないました。

アメリカでの調査ですから、「投薬」に関して、日本のように抗精神薬の多剤投与は行なわれていませんし。

そもそもアメリカは日本と違って、精神科は内科と並ぶメジャーな診療科なのです。

 結果、3グループとも症状が大幅に緩和しました。
すなわち、‪#‎運動が投薬と同じくらいの効果があるのです‬(下に参考にした日本語のサイトがあります)。
 
 うつ病またはその可能性があると思っている方、ウォーキングを続けましょう。
日本人はうつ病になりやすい遺伝子を持っている方が多いのです(下に参考にしたサイトがあります)。
 
 尚、雨の日のようにウォーキングできない場合は、窓際で読書でも構いません。‪
#‎日が照っていなくてもセロトニンなどのホルモンは分泌されます‬。

 ただしウォーキングの際、肌の老化の防止のためにも顔と目の紫外線対策を行ないましょう。
ちなみに厚化粧による紫外線対策をするためには、化粧の厚さは2cm必要だそうです。
普段、自分を若々しく見せたいと思って厚化粧をされていらっしゃる、例えばそこのあなたでも不可能です(^◇^)。
帽子やタオル、サングラスなどで対策をたてましょう。
 
・・・・・・・
 
うつ病と運動
http://stress-labo.com/byouki_utu_kaizen_undou01.htm
 
ウォーキングの方法に関するサイトです
http://slism.jp/method/sports-walking.html?fb_action_ids=1513369432217773&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B10150272778451278%5D&action_type_map=%5B%22og.likes%22%5D&action_ref_map=%5B%5D
 
日本人に多いSS型のセロトニントランスポーター遺伝子
http://matome.naver.jp/odai/2136258422860419401





「認知症」
「認知症」をテーマにすると、たった1回の投稿で終わるはずありませんので何回かに分けて投稿します。

 日本では2004年まで「痴呆症」という呼称を用いていましたが、差別的なイメージがあるなどの理由で、「認知症」に改称されました。

‪#‎統計‬
 2012年に305万人とされていた認知症(介護度II以上)ですが、2025年には470万人と推定されています。

ただし、これらは診断された患者さんであって、実際には診断されていない患者さんの方がはるかに多いと思われます。

 また日本人の死因は多い順に、

①悪性新生物(癌など)、
②心疾患(心筋梗塞、不整脈など)、
③肺炎、
④脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)ですが、認知症は死亡統計にあがってきません(直接死因とは表現されません)。

 ですが、肺炎患者さんの中に多くの認知症が含まれていると考えられています。

‪#‎合併症‬
 現在日本では、高血圧症4000万人、糖尿病2210万人、脂質異常症2800万人いるとされています。

これらを無治療、あるいはコントロールが悪ければ認知機能が低下する原因となります。

またアルツハイマー型(下記で説明)の患者さんの約38%にメタボを合併しています。

 合併疾患の治療を適切に行ない、それらの患者さんの認知症の発病を2年遅らせると、‪#‎33万人分お金にして5000億円分の医療費を削る事ができます‬。

したがって、現在上記持病をお持ちの方は、自分自身が認知症になる可能性を減らすためにも、そしてご家族に老後迷惑をできるだけかけないためにも、適切な治療が必要となります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

‪#‎認知症の定義‬(DSM-IV)

① 記憶(短期・長期)障害
② 次のうち少なくとも1項目以上
 a. 実行記憶障害・・状況を理解・判断して、それにふさわしい行動がとれない。
 b. 失効・・手順通りに物事を実行できない。
 c. 失認・・目で見たものを正しく理解できない。
 d. 失語・・言葉を理解できない。
③ 上記2つの障害により、仕事・社会生活・人間関係が損なわれる。
④ 上記の症状が脳の変化によって起こっている(CTやMRIで異常を認める)
⑤ 意識ははっきりとした状態である。
 これらの5つすべてを満たしたものが、認知症と診断されます。

‪#‎認知症の種類‬

① 脳血管性認知症・・10数%~30%
 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)によって引き起こされる認知症。
 脳血管障害により片麻痺、呂律障害の他、本人の自覚する物忘れを認めます。脳血管障害の再発により症状が悪化する「まだらぼけ」も見られます。
② レビー小体型認知症・・数%~10数%
 脳の広範囲にわたって、レビー小体という神経細胞の変化が生じます。
 幻視、うつ状態、パーキンソニズム(手の震え、小刻み歩行、身体が固くなるなど)を認めます。
③ 前頭側頭型認知症(ピック病)・・数%
 若年期(65歳未満)に発症する典型的な認知症です。
 脳の前頭葉と側頭葉が委縮して発症します。神経細胞の中にピック球という異常構造物が貯まる事が原因とされています。
 人格や性格が極端に変わる症状が見られます。具体的には身だしなみが悪くなる、万引きをする、突然怒鳴ったりするなどです。
④ アルツハイマー型認知症・・50%~70%
 最も多い認知症で、脳血管性認知症と合併する事もあり、両者合わせて90%近くの認知症を占めます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

‪#‎アルツハイマー型認知症の原因‬

 a. 「アミロイド-βタンパク」という異常なタンパク質が、脳の神経細胞の周辺に蓄積して、「‪#‎老人班‬(プラーク)」と呼ばれる黒いシミを形成します。
 b. 「タウたんぱく」という異常なタンパク質によって、脳の神経細胞が絡み合い、まるでおたまじゃくしのような形になります。これを「‪#‎神経原線維変化‬」と言います。

 この2つの異常たんぱくが、脳神経細胞の働きを低下させ、最後には神経細胞が死んでいきます。

ただし発生、進行のメカニズムに関しては未だに不明です。

尚、この異常たんぱくには「AGE」の蓄積も関連しています。

 最初の「認知症の定義」は主にアルツハイマー型認知症の典型的症状です。

 さて今回の最後は、これを読まれている方が心配されている事です。

最近物忘れするようになったと言う方、あなたは認知症なのでしょうか?。
   ↓
 答えは「No」です!。

 アルツハイマー型認知症と物忘れとの大きな違い、それは自分の行為を「‪#‎丸ごと‬」忘れてしまう事です。

 認知症ではない方は、例えばテレビを見た事や朝食を食べた事自体は覚えています。

ただし、誰が出演していたかとか何を食べたかを忘れてしまっているだけです。

 一方で認知症の場合、「テレビを見た事」「朝食を摂取した事」をそのまま丸ごと忘れてしまうのです。





「魔法のよう」と称賛!フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」とは?
認知症ケア「ユマニチュード」とは?

"「ユマニチュード」は、

*見つめること(同じ目の高さで、正面から、近くから長く)
*触れる事
*話しかける事(頻繁に、優しく、前向きな言葉で)
*立つこと(立つ様に支援すること)

を基本とした人間の存在(尊厳)を主眼とした看護の手法の集大成が「ユマニチュード」と解説。"

"「ユマニチュードは、世の中にある『良いケア』を体系化したもの。
個々の技術はこれまで行われてきたものでも、フランス的な哲学で裏打ちされ、包括的に行う点が新しさです。

人は見つめてもらい、誰かと触れあい、言葉を交わすことで存在する。

そして、死に至る日まで、できるだけ立つことで人としての尊厳を自覚する。こちらがそう対応を変えることで、患者も変わっていくのです。"

開発されたイヴ・ジネストさんとロゼット・マレスコッティさん

"気位が高く職員が誘っても立腹するばかりだったその女性をわずか10分足らずで変えてしまったのは、フランス人男性のイブ・ジネストさん。

ロゼット・マレスコッティさんと共に30年余かけてつくりあげたケア体系「ユマニチュード」の創始者です。"

ケアの現場での問題点

"介護施設では、認知症の人に寄り添ったケアが行われるようになっていますが、骨折や肺炎などの治療をする病院では、そうした対応が不十分で、問題が起きているからです。

認知症の人は、生活環境の変化に対応するのが難しいので、病院に入院すると混乱して大声を出したり、治療を拒否したりすることが少なくありません。

このため、やむをえず身体を拘束したり薬で症状を抑えたりしますが、そうすると、身体の機能が低下し別の合併症を起こしたりして、入院が長期化してしまいます。

それによって、以前は自分で歩けた人が寝たきりになって自宅に戻れなくなったり、病院としても、ベッドが空かないので、別の救急患者の受け入れが難しくなったりする問題が起きているのです。"

"精神科医療によってその問題を解決しようとしていましたが、残念ながら精神科医療がうまく解決できるのは半分くらいのケースだけです。残りのケースに関しては、

・物理的な拘束
・精神科薬物療法による化学的な拘束

を使って問題を解決することになります。(←これを問題の解決と呼ぶかどうかは大きな問題ですが。)"

その効果とは?

"導入で、治療に非協力的だった人が口の中に軟膏(なんこう)を塗らせてくれたり、ケアの際につばを吐いたり、ひっかいたりしていた人が「ありがとう」と言ってくれるまでになった。

本田医長は「良好なコミュニケーションが持てるようになることでケアの困難な状況が改善し、患者本人と看護師双方の負担が減っている」と話す。"

"入院してから、自分で点滴を抜く、塗り薬を拒否、食事を拒否という状態だったのが、ユマニチュードに触れて2日後、叫ぶことをやめ、会話もできるようになったそうです。

薬を受け入れ、自ら塗るようになり、食事も座って自分で食べるようにもなりました。"





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。