愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
薬は基本、身体に毒です。
高血圧治療の薬を出す基準値が、製薬会社に誘導されて130を超えると高いと言われてしまうようですが、実際は160強ぐらいまでは薬を飲まなくても大丈夫だそうです。

製薬会社が捏造していたと摘発された記事が載ってましたよね。

薬は基本、身体に毒です。

飲まないに越したことはありません。

どうしても必要な方だけ飲むべきです。

安易に飲むのは、自分の自然治癒力を落としているだけです。

良い水をしっかり飲むだけで、高血圧が治ったという方を何人も知っています。

高血圧気味な方で腎臓の悪くない方は、ぜひ良い水をしっかり飲みましょう‼︎

薬に頼らずに‼︎





スポンサーサイト
血圧の嘘
血圧の嘘

私でなくとも多くの医師が血圧を下げることの弊害を訴えてきた。
以前は高血圧の基準は160/95であったが、現在の基準では130/85にまで引き下げられている。ここでもなぜ引き下げられたのか?その真の理由を考えねばならない。

① 1980年に日本で実施された国民栄養調査
降圧剤なしの人は、下が90~99までの人で自立者の割合が最も高かった。
また上が180未満なら降圧剤の服用者のどの値の人よりも自立者の割合が高かった。

② 1992年~1998年まで実施された比較試験
70歳以上の高齢者で血圧が160~179ならば、降圧剤を使用しないほうが脳卒中や心筋梗塞にかかる率に差はなく、癌になった人は少なかった。

③ 1992年~1997年に欧米で実施された比較試験「HOT研究」
130/85未満でよかったのは、心筋梗塞にかかる人が減ったことだけで、下の血圧を80近くまで下げると、90未満を目標にして下げるよりも死亡率が高くなった。
この130/85の通りに下げようとすると、要治療者が増え、日本で年間一兆円の医療費が余分に必要になり、しかも数万人が余計に死亡する危険性があると推測できる。

④ 日本で実施された比較試験「JATOS試験」
収縮期血圧160以上で、平均172/89程度の高齢者4418人を降圧薬を用いて140未満にする群と、140~160に緩やかに下げる群で比較。
その結果、脳梗塞の発生や心筋梗塞の発生には差がなく、総死亡数は前者が後者より3割近く多かった。

これらの数字は医学研究により示されたものだが、この医学研究だけをあてはめてみても、年間2500万人以上の降圧薬服用患者がいるわけだから、年間7万人は医学によって無駄に殺されているという計算になる。
つまり医学など存在しなかった方が約7万人死亡者数は少ないだろうと推測されるということだ。

他にもいくつもの有名な研究があるのだが、ここではフラミンガムでの長期大規模調査を紹介しよう。
米国フラミンガムで1948年から長きにわたって行われた大規模調査だ。
この大規模研究では人が年齢を重ねる上で、血圧が上がっていくのは当たり前であり必然であるという結論に至っている。

東海大学の元教授で日本総合検診医学会評議員でもあった大櫛陽一氏は性別、年齢別の正常値を設定している。
私はこの表をよく参考にさせてもらっているが、これでいうと血圧は170くらいまでOK、コレステロールも260~280くらいまでOKなのだ。
これまで出してきた他氏のデータもそれを裏付けているといってよい。

代表的な降圧薬はカルシウム拮抗薬とARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)になるが、これらの代表的な降圧薬が癌の発生率を増すことをあなた方は知っているだろうか?またカルシウム拮抗薬が長期的には心不全を増やすこと、ARBが心不全に使われた場合も突然死が起きる。
これらの降圧薬は、明らかに血圧が高すぎて恒常性を逸脱しているものに限って使うべきであり、基本的に使えば使うほど体は悪くなっていくことを知らねばならない。