愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソマチッドについて!
ソマチッドについて!

どんな状況でも、どんな環境でも死なない、言わば不死と言わざるを得ない、色々な状況証拠が揃っているのです。

◆ヨハネによる福音書 11:24-26 JA1955

マルタは言った、「終りの日のよみがえりの時よみがえることは、存じています」。
イエスは彼女に言われた、
●●「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。 また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。

●…しかも、どんな状況でも、どんな環境でも死なない、言わば不死と言わざるを得ない、色々な状況証拠が揃っているのです。

誰でも知っているように、地球上のあらゆる生命体は、寿命があります。

従って、全ての生命体は、寿命が来て死ぬか、寿命が来なくても、他の生命体に殺されるか、或いは事故で死ぬかです。

事故死とは、焼死(しょうし)や凍死(とうし)や溺死(できし)がありますし、生命体によっては、塩酸で死ぬこともありますし、苛性(かせい)ソーダが命取りになったり、真空では生きられなかったり、反対に空気に曝(さら)されると死んだり、大量に放射能を浴びると死んだりします。

●●ところが、ソマチッドはそのどれでも死なないし、数千万年前?の化石から生きて出て来るのですから、桁外れの長寿でもあるのです。

ということは、地球上のあらゆる生命体とは、全く異種の存在であり、別格の生命体ということになります。

●そしてこのソマチッドは、植物や動物や人間の樹液や血液などの体液に乗って身体中隅々まで循環していますが、植物や動物や人間が死んでも、ソマチッドは生き続けるのです。

これは、何を意味するのでしょう。どうやらソマチッドは、生命の根源に関係している可能性もありそうです。

然しながら、本格的な謎の解明は、これからの研究にかかっているのです。

日本では「ソマチッド」の名付け親であるガストン・ネサンが有名で、彼が全てを知っているかのように誤解されていますが、彼とて、分かっていないことの方が多いのです。

●●●それはともかく、当学会の研究では、ソマチッドは、地球上の生命体すべての誕生と生命維持に大切な役割を果たしている重要な存在であるらしいと言うことが分かってきました。

ということは、"ソマチッドの発見"は人類科学上の歴史的な大事件であり、これまでの生物学、医学の理論と実践が根底から覆る可能性をもっているということです。

●●具体的に言いますと、単に学問上の問題だけでなく、我々の"食生活"、延いては"農業のあり方"、あるいは、"健康への取り組み方"や、"医療"にも大いに影響が生じる可能性があるということです。

つまり、ソマチッドの働きが明らかになり、ソマチッドに対する正しい認識が人々の間に広まれば、我々人類にとっては好ましい事態が生じると思われるのです。

一方で、既存の学界や産業にとっては、不都合なこともあるとも考えられますが、それでも、一部の医学者や科学者が
ソマチッドの研究に取り組み始めたようです。

人類は常に真実を求めるものです。

今後は、この流れが益々大きくなっていくことと思われます。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。