愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
更年期にのぼせ・ほてりの症状がある女性は股関節骨折を患うリスクが高まるとの調査結果
女性は更年期を迎えると体に何らかの不調を感じるようになるが、その症状は個人差があり、なかにはこれといった自覚症状もないまま更年期を過ぎる人もいる。

もっとも一般的な症状はホットフラッシュと呼ばれる「のぼせ」や「ほてり」だが、米カリフォルニア大学が行ったコホート研究により、更年期の初期にホットフラッシュの症状があった女性は、その後、骨折を患うリスクが高まることが分かった。

更年期症状と骨折の関係を分析

研究チームは米国立衛生研究所が行った「閉経後の女性の健康に関する研究プログラム」に参加した50歳から79歳の女性2万3573人について、約8年間にわたる追跡調査のデータを分析した。

参加者は調査開始時にホットフラッシュ、寝汗といった更年期の症状に関する問診を受けている。

その後、年1回の検診で骨折の有無がモニターされ、約5000人の被験者が骨ミネラル密度の検査を受けていた。


のぼせ・ほてりがあると骨折リスクがアップ

年齢、BMI(肥満度指数)、人口統計学的因子を調整してデータを分析した結果、調査開始時に中等度から重度のホットフラッシュ症状があった女性は、症状のなかった女性に比べて骨ミネラル密度が低く、股関節骨折を患うリスクが高くなることが分かったそうだ。
骨密度の減少に拍車がかかる?

骨組織では破壊と再生が繰り返されており(新陳代謝)、閉経後は再生速度が破壊速度に追いつかなくなるため、骨量が減ってしまうのだが、ホットフラッシュの症状がある女性はこの骨量減少に拍車がかかっていることを、今回の研究は示唆している。

こうした結果について研究者は「ホットフラッシュの症状がある女性は、喫煙や過度の飲酒を避け、運動、カルシウムやビタミンDの摂取を心がけることが大切」と指摘している。

カリフォルニア大学の研究結果は『Endocrine Society’s Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism』に発表された。





スポンサーサイト
男性更年期障害の症状とは?
男性更年期障害の症状とは?

「男性更年期障害」の症状には、さまざまなものがあり、人によってそれぞれ違いますが、大きく分けると、「精神・心理症状」「身体症状」「性機能症状」の3つに分けることができます。

「精神・心理症状」とは、抑うつ感や落胆、イライラ、不安、疲労感、不眠、記憶力や集中力の低下などのことです。ただし中高年男性は、職場や家庭内でストレスがたまりやすいので、「うつ病」にもなりやすい傾向があります。

それぞれの症状は重なる部分が多く、見分けるのは簡単ではありません。血液中のテストステロン値を測定し、テストステロン値が低ければ、男性更年期障害だと判断することができます。

「身体症状」では、のぼせ、ほてり、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り、肩や背中、肩などの痛み、関節痛、異常な発汗、頻尿など、女性の更年期障害とも共通した症状が起こります。

そして、女性の更年期障害と違って、男性更年期障害特有の症状といえるのが、勃起不全や性欲の低下などの「性機能症状」です。「朝立ち」が2週間以上ないようなら、勃起不全の疑いが強いといえます。
男性更年期障害のチェックリスト

男性更年期障害かどうかを自分で診断できるチェックリストに「AMSスコア」というものがあります。これはドイツで開発された、男性更年期障害専用のチェックリストで、世界中で使用されているものです。

以下の17項目の質問に、5段階評価(なし=1 点、軽い=2 点、中等度=3 点、重い=4 点、非常に重い=点)で答えてください。

1. 総合的に調子が思わしくない
2. 関節や筋肉の痛みがある
3. ひどい発汗がある
4. 睡眠の悩みがある
5. よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
6. イライラする
7. 神経質になった
8. 不安感がある
9. 体の疲労や行動力の減退を感じる
10. 筋力の低下がある
11. 憂うつな気分だ
12. 「絶頂期は過ぎた」と感じる
13. 「力尽きた、どん底にいる」と感じる
14. ひげの伸びが遅くなった
15. 性的能力の低下がある
16. 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少した
17. 性欲の低下がある

合計点数が、50点以上なら重度、37~49点なら中等度、27~36点なら軽度の男性更年期障害の可能性があります。17~26点なら男性更年期障害の可能性は低いといえます