愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「はり治療の不思議」針を深く刺すと、痛みを伝える脳の活動が低下
中国のはり治療は謎が多い。

しかし腰や体の痛みを抱えている人が、この治療を受けると、驚くほど痛みが消えると言われている。

そこで研究者らは、はり治療の時、脳の中ではどのような変化が起きているのかを調べた。

はり治療と脳の関係は?

そもそも人間のツボを刺激することは、脳の領域においてさまざまな反応を導く。

この脳の領域とは、痛みの体験と感情とを結びつける「島皮質」や「体性感覚皮質」など、脳の知覚運動に関する全てのネットワークを含むとされている。

浅く刺す、深く刺す場合では異なる

しかし、アッシュビルで鍼灸師として活動しているジェイムズ・ウィットル氏は、同じ針を刺す場合でも、深く刺した場合と、浅く刺した場合では脳の反応が違うと主張する。

彼はその状況をYouTube上で表しているが、その中で、浅く刺すことは、筋膜の緊張から痛みを引き起こしやすく、治療には深く刺す方がより効果的であることを示している。

しかも浅く刺す技術は、肺や動脈などに重大な副作用のリスクを伴うとも主張している。

刺し方の違いによる脳の反応を調査

そこで研究者たちは、刺し方の違いによる効果について徹底的に調べた。

MRIを使い、深く刺す場合と、浅く刺す場合の両方における脳の活動を観察した。

その結果、浅く刺した場合、脳の前部において血流量が増えた。

これは通常の反応と考えられる。

しかし深く刺した場合、痛みの認知に結びつく「内側前頭葉前部皮質」、側脳にある「基底核」「扁桃体」「後部帯状皮質」「海馬」を含む脳の内側、大脳辺縁系があまり活動していないことが分かった。

つまり脳自体が、痛みを感じにくくさせていた。

はり治療の効果はいまだに謎のまま

今回分かったことは、脳の活動についてだけで、はり治療の効果が科学的に実証されたわけではない。

しかし太古から人類は肉体感覚を研ぎ澄まし、自ら治療を行ってきた。

痛みから逃れるために、あらゆる薬草を試し、独自の健康法を模索し、知識を蓄積してきた。

ヨーロッパで凍った状態で発見された、通称「アイスマン」と呼ばれる5000年前の人間の身体にも、ツボ治療の痕跡らしきものが見られたという。

はり治療とは人類が、現代の科学でも及ばない強烈で繊細な肉体感覚を持っていることを、証明しているのだろう。





スポンサーサイト
不定愁訴でお困りの方へ

当院へお見えになる方で、「どこの病院や接骨院などに行っても理解してもらえなかった症状を理解してもらって、原因まで分かって嬉しい!」

ということで、泣いて喜んでいただくこともしばしば。
それくらい各科に分かれた病院では理解して頂けない症状でお困りの方が多いということなのですね。
ホッと安堵して頂くと私も嬉しくなります^ ^

東洋医学の経絡には五臓六腑に対応した12の経絡=気の流れるルートがあり、

どれか一つの経絡が乱れても、その経絡に関連する多くの症状が現れます。

よくあるところでは胆のうの経絡の流れに異常を起こした場合、

耳鳴りや耳の詰まり感、耳の痛み、側頭部痛、めまいやふらつき、みぞおちの閉塞感や逆流性胃炎または食道炎、イライラ、吐き気、顎関節痛、こむら返り、背中の痛み、横隔膜や肋骨に沿った痛み、口腔内の違和感や苦く感じる、上がってくるような詰まってくるような肩こり...

などなどの症状が起こりやすくなります。

全て起こるわけではありませんが、これらのいくつかが重複して出てきます。

例えば耳鳴りとめまいくらいはメニエル症候群かもということでご理解頂けますが、口腔内の違和感や肋骨周辺の痛みが同時に出ても、それは口腔外科、それは整形外科ということで別にされ、それぞれに行かれても何も分からない、それだけならまだしもそれぞれに何かしらの薬を出される...

これでは精神的不安と薬によるダメージで悪化する可能性も高くなります。

胆のうの経絡だけでもこれだけありますから、いくつかの経絡が同時に変調すると更に複雑な症状群が現れます。

病院では各科で原因がわからないと自律神経失調ということで一括りにしてしまいます。

このようなことでお困りの方は是非、安定剤などをお使いになる前に東洋医学を学んでおられる先生に診ていただかれることをお勧めします。






風邪で夜中に咳が止まらない時、咳を止める簡単な方法
夜になると咳がひどくなるのはなぜ?

"副交感神経が優位になる夜間は気管支が収縮しやすくなるため気道が狭まり、咳が出やすくなると言われています。"

咳を止める方法〈1〉温かい飲み物を飲む

咳をするとのどが乾燥します。

のどが乾燥するとさらに咳が酷くなるため、水分を摂りましょう。

温かい飲み物をゆっくり飲むと、からだも暖まり、蒸気によって加湿効果もあります。

冷たい飲み物は、刺激で気管が収縮してさらに咳が出るため逆効果です。

お湯でも良いですが、抗酸化作用や抗菌作用があり、のどの奥の症状を和らげる効果があると言うハチミツを温かい紅茶に入れたものや、梅干しを入れた番茶などはさらに効果が期待できます。

咳を止める方法〈2〉ハチミツが咳に効く

"ハチミツが小児用の咳(せき)止めシロップと同等かそれ以上の効果があることが、米国の研究で明らかになりました。"

ただし、1歳未満の乳児には与えないように注意しています。

"小児科の友人が、夜寝る前に蜂蜜をスプーン1〜2杯程度与えるとこどもの咳がよくなるという話をしてくれました。ドイツなどではよく知られていることなんだそうです。"

「子供の咳に」と言う記述が多いのは、一般的な咳止め薬が子供にも有効だとする科学的根拠が乏しい(子供には咳止め薬が効きにくい)ためで、大人の咳にも効きます。大人の場合は、スプーン2杯ぐらいが適量のようです。

"蜂蜜を溶かした蜂蜜水はうがい薬としても効果的です。
蜂蜜に含まれているグルコン酸にはお茶のカテキンと同様に、殺菌作用があります。"

咳を止める方法〈3〉咳を止めるツボを押す

咳を止めるのに役立つ「尺沢」「孔最」「天突」のツボを押します。

尺沢(しゃくたく)

即効的な咳止め効果があるツボ。
尺沢はひじの内側の横じわの上にあり、真ん中よりやや親指側にあります。
押すとグッと指が入る部分。
強めに指圧します。

すぐ上辺りにある「上尺沢」というツボも、咳止めに効果があるので一緒に指圧すると良いです。

"尺沢には多少痛みを感じるくらいの強めの指圧で、気持ち小さな円を描くように、やや外側に向かって押すと咳止めに効果があります。"

孔最(こうさい)

尺沢のツボから指四本分下のツボ。強めに指圧します。

天突(てんとつ)

鎖骨の間の窪んだところ。
咳を止めるほか、のどの痛みを和らげます。
下に向かって鎖骨の裏側を押す感じで指圧します。

"ここを押すことによって気道が緩み、咳も楽になるそうです。即効性があって、咳の他にも痰やのどの痛み等にも効くそうですよ。"

咳を止める方法〈4〉背中を温める

肩甲骨の間に、咳に関する神経や風邪に効くツボがあるため、背中を温めたりマッサージすると効果があります。

喘息や激しくつらい咳によく効くツボ

ツボを意識しつつ、肩甲骨の内側を強めにさするようにマッサージします。

風邪をひいた時には背中全体に筋肉痛のような痛みが出ることも多いので、あればマッサージオイルを使って丁寧にマッサージすると良いです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。