愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
アトピー治療には、ステロイドよりもキスのほうが効果があるらしい。

アトピー治療には、ステロイドよりもキスのほうが効果があるらしい。

「そんな馬鹿な」とおっしゃるかしれないが、れっきとした世界的な賞を受けた研究なのだ。

その名も「イグ・ノーベル賞」医学賞。

世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる賞で、2015年9月にアメリカで受賞式が行われた。

受賞したのは大阪府寝屋川市でアレルギーの専門クリニックを開いている木俣肇院長。

アトピー性皮膚炎の患者に、パートナーと30分間の熱いキスをしてもらったところ、アレルギー反応が弱まったという(※1)。

情熱的なキス30分 アレルギー反応が大幅減

研究テーマは、「情熱的なキスの生物医学的な利益あるいは影響を研究するための実験」。

タイトルはいかめしいが、実験はいたってシンプル。

次の人たちに協力してもらって行った。

• アトピー性皮膚炎患者30人
• アトピー性鼻炎患者30人
• アトピー患者ではない30人

被験者たちは個室に入り、それぞれの恋人やパートナーと30分間のキスをした。

部屋には映画のラブソングが流されたというから、ムード満点の室内で、さぞや熱いキスが繰り広げられたことだろう。

キスの前と後にはアレルギー反応の強さを調べるための皮膚テストや血中成分を測定した。

キスの前後でアレルギー反応が大幅減

その結果、患者の場合はキスの後、キスをする前と比べてダニやスギ花粉に対するアレルギー反応が大幅に抑えられた。

2週間後に再び同じカップルが集まり、今度はキスはせずに30分間の抱擁だけをした。

すると、抱き合うだけでは効果は確認されなかった。

性行為をした場合は、キスと同様の効果があることも確かめられた。

木俣院長はキスや性行為によって、アレルギーの強さの目安であるIgEという免疫グロブリン(抗体)が減り、アレルギー反応が抑えられたと結論付け、成果を専門誌に発表していた。

キスは効果あるのに、ハグでは効果ないのはなぜ?

キスや性行為がなぜ、効果があるのだろう。

キスによって「愛情ホルモン」と言われるオキシトシが分泌されるせいでは、と見る向きが多いようだ。

しかし、キスや性行為には効果があるのに、抱き合うだけでは効果がないことの説明はできない。

そこで、キスと性行為にはあって抱擁にはないものを考えると、あるものにたどり着く。

「粘膜の触れ合い」だ。

正しいかどうかはともかく、ひとつのヒントになるかもしれない。

花粉症は良くなったけど、舌と唇が…

木俣院長は米国マサチューセッツ工科大学で行われた受賞記念講演で、この研究を知って試してみたという英国の男性のネット投稿を紹介した。

「恋人と30分間キスをしたら、花粉症はすっかり良くなった。

しかし、舌と唇が少し、しびれた」とのエピソードだ。

確かに、30分間の情熱的なキスを続けては舌も唇もしびれるだろう。

でも、効果があったのだから大満足のはずだ。

恋人との愛の確認も十分にできたはずだから。

もっとも、「治療だから」と30分間ものキスを嫌々続けても、効果があるかどうか定かではない。

この楽しくて夢のある研究のさらなる進展を待ちたい。

特に、熱烈なキスをするパートナーがいない人はどうしたらいいのか。

さらには“成人向き”のキスができない子どもたちはどうしたらいいの?

この問題の解決もぜひお願いしたい。






スポンサーサイト
【食べ物によって生まれ変わる】
【食べ物によって生まれ変わる】

私たちの身体は絶えず古い細胞が壊され、新しい細胞と入れ替わっています。

成人の細胞数は、約60兆あるといわれていて、その細胞は身体の場所により生まれ変わりの周期が違います。

代謝周期が一番短い細胞は小腸の上皮で、約2日と言われています。
胃は5日 肌は28日 筋肉や肝臓は60日、骨細胞で90日などです。
全身の90%は、3ヶ月で生まれ変わり、約5~7年で身体のほとんどが入れ替わるそうです。

娘との闘病中は、これを強く意識していました。

薬も治療もないなら、壊れやすい筋肉細胞を3ヶ月ごとに強くしてあげたい。
その為には、細胞の原材料である食べ物に頼るしかない。
そう思いながら、日々の食事を変えていきました。

すると、本当に5年後に娘の身体は正常に戻ったのです。

筋肉細胞が壊れていく病気だったのですが、筋肉細胞が壊れる量を示す数値(CK値)の正常値は200までです。

それが、発病当時、30倍を超えていて6000以上ありました。

2006年11月 CK値:6052

↓5年後

2011年11月 CK値:131(正常値)

↓現在

2015年6月  CK値:86

異常値だった筋肉細胞が壊れる数値ばかりを気にしていましたが、変わったのは娘の全てでした。

アトピーだった肌は1年でスベスベの綺麗な肌に変わりました。

驚いたのは、性格です。
消極的で声が小さく、神経質だった性格が180度変わり、天真爛漫そのものです。

おしゃべりしてるか、歌ってるか、笑ってるかのどれかで、幸せな細胞の塊にしか見えないのです。

身体に良い食べ物を食べ続ける事で、全ての細胞が生まれ変わる度に少しずつ元気になっていきます。

そして、人間が元気な細胞の塊になった時に、心も身体も幸せな人間になっているのだと娘を見てきて実感しました。

食べた物で、難病さえ克服出来るのですから、生きながらにして、生まれ変わる事も出来るという事ですね。





【アトピー、ウツ、リウマチには、エプソムソルト風呂】
【アトピー、ウツ、リウマチには、エプソムソルト風呂】

エプソムソルトは、マグネシウムと硫酸塩の結晶で「硫酸マグネシウム」のことです。

見た目が塩に似ていることから、このように呼ばれていますが、実際には塩分は含まれていません。

これを入れて入浴すると、海水ミネラル6.1%の海水に浸かっているのと同じような状況になるそうです。

アトピー性皮膚炎、リウマチ、精神疾患に対して、マグネシウムはたいへん効果があるとのことです。

これを、150リットルのお風呂に150g(カップ1杯くらい)を入れたお風呂に毎日入ることで、効果が期待できるとされています。
※入浴後はシャワーで洗い流してください。

マグネシウムは人間の体内にある酵素の活動を改善してくれたり、身体を温め基礎代謝を高める効果があることから、ダイエットにも効果的だと言われています。

また、マグネシウムを直接皮膚から吸収することで、筋肉の痛みや凝りにも効果があるとのことで、リウマチを患っている人への治療法としてもよく知られています。

そして、マグネシウム不足は、うつ病を代表とする精神疾患の原因として知られており、脳の精神的な外傷、頭痛、自殺願望、不安感、イライラ感、不眠症、産後うつ、コカイン、アルコール、タバコの依存症、カルシウム過敏症、短期記憶の喪失、IQの低下、偏頭痛、慢性疲労等の症状は治療としてマグネシウムを適量投与する事で劇的に改善する事が分かっています。

湯船に浸かり、ゆるやかに皮膚から吸収することで、これら多くの効果が期待できるという訳です。

使っている方のレビューでは

・アトピーの痒みがマシになった

・アトピーの赤みが薄くなった

・肌がツルツルになった

・汗が短時間で出る

・むくみが消えた

などが多いですね。
※アトピーの方でも塩分は含まれていないので、しみる心配はないそうです。

現代人に不足しがちなミネラルのマグネシウムを、エプソムソルトで入浴することで皮膚から吸収することができます。

塩ではないので風呂釜や浴槽を傷めることもありませんよ。

写真の我が家で使っているものは、3Kgで1500円くらいです。
一回あたり、150g入れるので、20回分ですね。

週2回くらいで考えると、3ヶ月くらいはもちますよ。

ネットで検索すると、もっと安いものから、高いものもあります。





「アトピーの原因と正しい対処法」
【アトピーと陣痛促進剤】

「アトピーの原因と正しい対処法」(丸山一郎説)

アトピー性皮膚炎という病名。

この病名から判断するとアトピーは医学的には皮膚の病気だと考えられていると思われる。

しかし、このこと自体が既に誤りである。

アトピーは皮膚の病気ではない。

症状として皮膚の表面に表れているのであって正しくは『関節炎』である。

原因は有害化学物質、とりわけお産の際の『陣痛促進薬』はアトピーの原因を解明する上で極めて重要である。

実は『陣痛促進薬』は猛毒である。

猛毒が母体に入ってきたから早く胎児を安全な体外に逃がそうとして陣痛が起きるのである。

その猛毒が胎盤を通じて胎児の体内に入り関節に溜まって炎症を起こす。

その時の老廃物を体外に排除するために皮膚の表面に出したものがアトピーの症状となって表れているのである。

皮膚の炎症はあくまでも結果であって根本の原因は関節の炎症である。

アトピーの症状が主に手首や肘、足首などに表れることからもアトピーは関節の炎症だと理解できる。

現代医学ではアトピーは免疫の誤作動とか免疫の暴走であるとして免疫抑制剤を処方するが、最も一般的なのがステロイドである。

しかし、アトピーを免疫の誤作動だとか免疫の暴走だと捉えることは過ちの上塗りでしかない。

免疫は正しく作動している。

免疫は暴走なんかしていない。

有害化学物質を排除しようとして正常に機能しているから老廃物が皮膚の表面に出ているのである。

それを現代医学はステロイドで無理矢理押さえ込んでしまっている。

悪いものを出そうとしているのに、出るな出るなと押さえ込んでいるのである。

大間違いもここまできたら滑稽に思える。

もっとも、現代医学は治す気はないからわざと間違った対応をしていることに気付けば不思議でも何でもなくなるのだが…。

さて、アトピーは関節炎だと理解した上での正しい対処法であるが、体内に溜まっている有害化学物質や老廃物をリンパの流れに乗せて流してやるのが最も効果的である。

全身の関節を弛めリンパの流れを良くして悪いものを肝臓に運び、そこで分解してやればいいのだ。

当然ながら、体内に溜まっていた有害化学物質や老廃物が流れてしまったらアトピーの症状は出なくなる。

体の表面を弱酸性にして体内の老廃物を出してやる方法や特殊な風呂に浸かって血流やリンパの流れを良くして老廃物を出してやる方法もあるが半年とか一年とか長い期間を要するなどの欠点があり私としてはお勧めはできない。

私は帝王切開でしたから陣痛促進薬は使っていません……こいう方がたまにいらっしゃるが、帝王切開に至るまでに陣痛促進薬を使ったり、あらゆる努力をして、それでも生まれないから帝王切開に至ったのだから、帝王切開の場合はほぼ100%の確率で陣痛促進薬を使われていると考えられる。

また点滴の中に陣痛促進薬を入れられたら素人には陣痛促進薬を使われたことに気づく術(すべ)もない。

しかし、生まれてきた赤ちゃんにはアトピーの症状が出ている……なぜだろう?
なぜかしら? こんなお目出度いお母さんが多い。

さらに言っておくと、卵アレルギー、小麦アレルギー、肉アレルギーなども陣痛促進薬が大いに関係している。

他所の赤ちゃんは食物アレルギーが出ないのにウチの子だけなぜ?

それは、お産の時の陣痛促進薬の成分が体内に溜まっている上に、卵や小麦や肉の有害化学物質が反応してアレルギーを引き起こす物質に変化したためだと考えられる。

卵、小麦、肉、それ自体は何の問題もないのであるが、鶏や牛の餌に入っている抗生剤、防腐剤などの薬剤が卵や肉に入っているのである。

また、小麦はほとんどがアメリカやオーストラリアからの輸入物であり輸送中のカビの発生や腐敗、発芽を防ぐのために強力な農薬が使われているのである。

農薬漬けの小麦を使って小麦粉を作るから毒入りの小麦粉である。

それと体内に溜まっている陣痛促進薬の成分が反応してアレルギー物質になっているのだと考えられる。

同じものを食べてもアレルギーの出る赤ちゃんと出ない赤ちゃんがいるのはそのためである。





【アトピー性皮膚炎にステロイド剤を使ってはいけない理由】
【アトピー性皮膚炎にステロイド剤を使ってはいけない理由】

ステロイド剤はその劇的な抗炎症作用から、奇跡の薬ともてはやされた時代があります。

重いやけどでもう命も危ないというケースでステロイド剤を使えば一瞬で危機を脱することができるからです。

炎症では活性酸素が暴れ回り、細胞を酸化破壊します。

ステロイドには活性酸素を無毒化し、ありとあらゆる細胞の酸化反応を一瞬のうちに食い止めます。

救危機的状況では、確かに有効な薬です。

それは、血液の流れを止めて(すなわち冷却するので)、細胞の反応を止めるからです。                         
 
しかし、慢性の疾患では事情が違います。

ステロイド剤は使い始めは、組織の炎症を取る善玉ですが、ある時期から組織を破壊する悪玉に変わっていくからです。

ステロイド剤の組成は、私たちの体の中にあるコレステロールと同じものです。

コレステロールは動脈硬化の元凶として忌み嫌われています。

それというのも、体内で増えすぎたコレステロールが血管の内側にへばり着き、たまっていくうちに酸化コレステロールに変化し、血管をボロボロに壊してしまうからです。

ただし、酸化する前のフレッシュなコレステロールは、動脈硬化の原因にはなりません。

正常なコレステロールは、ホルモンや細胞の膜を作る材料として、生体に欠かせない物質です。
 
ステロイドもコレステロールと同じしくみで悪玉に変わっていきます。

ステロイドは使い始めたばかりのころ、まだ体外に排泄されている時期では、患者さんは一様に、「アトピーがウソのようにきれいになった」と感じます。

ところが、「皮膚の調子がいいから」といってステロイドを使い続けると徐々に体に蓄積され、やがて酸化コレステロールに変化して周辺の組織を酸化し、破壊するのです。

酸化したステロイドは交感神経を刺激し、血流障害、顆粒球の増加を引き起こします。

大量の活性酸素が組織を破壊し、患者さんの体は冷え、炎症が悪化します。

ステロイド剤を使い続けた人の皮膚は、日焼けしたような茶褐色に変色し、無数のシワができます。

十代の若者でも老人の皮膚のように見えます。

これは、酸化コレステロールのしわざです。

「副交感神経の排泄反射」

アトピー性皮膚炎を例にとって説明しましょう。

自律神経免疫療法を行うと副交感神経の排泄反射が促され、患者さんの皮膚から、ステロイド剤によって冷却されて体内にためられていた酸化コレステロールがたくさん流れ出してきます。

これは腐ったにおいのする黄色い液体です。

腐敗臭の元は顆粒球の死骸に変性したコレステロールが混じっているからです。

たいへん苦しい時期があり、入院加療が必要な場合もあります。

ステロイドをいきなり抜くと、組織の酸化が急激に進むので、予期せぬ症状が出ることもあります。

ステロイドを切る際は、必ず医師の管理下で行わなくてはなりません。

体から酸化コレステロールが排泄される時期は、本当につらいのですが、それを過ぎ回復期に入ると、入院患者同士で冗談を言い合う余裕も生まれてきます。

その他の病気の場合も、痛み、熱、発赤などが出る場合もあります。

これらの状態は、薬を使っていた期間が長く量が多いほどひどくなります。

自己免疫疾患は現代病といわれるほど多く、その病気からの脱出に多くの時間と費用を投じています。

糖鎖栄養素を活用し、糖鎖正常化、自己免疫のバランスを正常化は健康を回復します。
(参考文献 日本自律神経免疫治療研究会より)