愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
新鮮な水を飲んで、心も体もリセットしよう。

バッグの中に水が入っていますか。

入っていないのなら、今日から水をいつも入れておくようにしましょう。

もちろん飲む水は「水分」ではなく「水」であることに注意しましょう。

お茶や紅茶、コーヒーなどに含まれるのはたしかに水分ですが、吸収が悪いのです。

やはり体にいいミネラル分が豊富に含まれた「ミネラルウォーター」がおすすめです。

近くの自動販売機で売っているミネラルウォーターでもいいです。

コンビニに駆け込んで買ってもいいでしょう。

常にバッグの中にはボトルウォーターを入れて、時間ができたときにこまめに水分補給する習慣をつけましょう。



次のことを想像しながら、水を飲みましょう。

「どんどん私は美しくなる。透き通る。新鮮になる」


すると無味無臭の水がおいしく感じられるばかりか、気持ちまで透き通った新鮮な気持ちになれます。

美しく透き通った水が体の中に入っていくことで、心も体も浄化されます。

水を飲むたびに、心身をリセットできる作用をもたらすのです。

事実、美しい水はあなたを美しくさせます。

人間の60パーセントは水でできているのですから良質の水を補給することで、血液がさらさらになり、お通じもよくなるのです。



スポンサーサイト
美白の時代・・・卒業しよう
美白の時代・・・卒業しよう

お洒落に気を遣っていて、若さを全面に出したがる年配の女性には、顔だけやたら白く塗りたてて口紅真っ赤の人が何故か多い。

若い年齢の女性では、日焼けを怖がり、道行く人に譲らない頑なまでに日傘の角度を変えずに必死の形相で歩く人が何故か多い。

道を歩いていても、焼けないようにすることだけが全宇宙。

人も車も街の中の出来事も何もかもが目に映らないような姿だ。

頭にあるのは、太陽の角度とか日傘から少しでも体がはみ出ないようにということだけのように思える。

昔の自分がそうだった。

美白を維持するのに必死だった。

周囲の視線は目に入らなかった。

でも・・・考えてみよう。

美白って何? 年齢が高齢になればシミやシワは年齢相応に無いと気持ち悪くはないだろうか。

ある程度の美しさや見た目を維持する努力は女性として大事だ。

だが、度を超した美を追求する姿勢は、もはや人として醜さを放つような気がする。

度を超して日焼けをしなければ、皮膚がんを誘発する心配は無いと思う。

勿論、これも人によりけりかもしれないが・・・とにかく何事もほどほどが大事だ。

美白にこだわったマイケルジャクソンや鈴木その子・・・他にもたくさんいるが・・・白すぎる人達は総じて長生きしていない気がする。

鈴木 その子

東京府(現・東京都)出身。

山脇学園中学校・高等学校を経て、学習院女子短期大学食品化学科卒業。

実父の死去後、譲り受けた遺産を元手に株式会社トキノを設立し、1980年(昭和55年)に出版した著書、「やせたい人は食べなさい」がミリオンセラーとなった。

その後は、白米食を中心としたダイエット法の提唱者として、会社経営の他に各地で講演活動を行った。

また、美容研究家としての活動も開始し、1990年代後半には、その異様に白塗りした仮面のような顔と、テレビ番組出演の際に顔だけ集中的に照明で照らすという演出方法により、「美白の女王」としても一世を風靡した。

1999年(平成11年)3月のイレウス発症を機に体調を崩し気味になり、翌年11月下旬に風邪をこじらせて入院して1週間後、肺炎のために急逝した。68歳没。

戒名は「白蓮院妙容日苑大姉」。


カネボウ、54商品を自主回収…肌まだらに白く

カネボウ化粧品は4日、同社と子会社のリサージ、エキップで製造販売する美白化粧品54商品について、肌がまだらに白くなる被害情報が39件あったとして、自主回収をすると発表した。

回収対象は、医薬部外品有効成分「ロドデノール」を配合した化粧品。

ロドデノールはカネボウが独自開発した美白成分で、厚労省から薬事法に基づく承認を得ているが、健康被害との関連性が懸念されるとして、回収を決めた。

対象商品は2008年から累計436万個が出荷され、全国の百貨店や化粧品専門店、量販店など約1万5000店で販売された。

今年5月に皮膚科医から3件の被害情報が寄せられたため、調査を行っていた。

回収対象の製品は同社ホームページに掲載する。

問い合わせ先はお客様窓口(0120・137・411)へ。


カネボウ化粧品(東京)は4日、美白化粧品54製品を自主回収すると発表した。

独自に開発して配合した医薬部外品の成分「ロドデノール」が原因で、肌がまだらに白くなったケースが確認されたためで、皮膚科医の指摘で同社製品の成分によることが発覚した。

同社は現在までに39例を確認した。

自主回収の対象は、主力の化粧品ブランド「ブランシールスぺリア」「トワニー」「インプレス」などの一部製品。

ロドデノールを配合した同社製品の累計出荷個数は約436万個。

愛用者は約25万人に上るという。

夏坂真澄社長は同日午前、東京都内で記者会見し、「お客さまに多大な迷惑を掛け申し訳ない」と謝罪した上で、「一刻も早く回収するのが責務だ」と当面の対応方針を示した。

肌のトラブルが確認された39人の治療費は補償する。