愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酵甦、乳酸菌、びわの種の粉
どんなに良いサプリメントでも吸収能力が低下すれば吸収されずに体外へ出てしまうのをご存知ですか?

機能低下した体質を改善するには、
体内に溜まった化学物質を「枇杷の種の粉」で解毒し、
「酵甦」を補って体温を上げ免疫力を高め、
「乳酸菌」で腸内フローラを整えると、
薬や食品添加物、保存料、化学物質で悪化した
体内環境が健康細胞環境下へと変化し、健康体の下地が出来上がります。

そこで、必要な信頼出来るサプリメントを取り入れればそれなりの効果は期待できる。

また対処療法的なサプリメント摂取は一時的な摂取で、慢性的に摂取するものてはない。

根本的に三つのサプリメントの組み合わせの必要性としては、
対症療法的サプリメントの飲用目的に対し、生体恒常性維持機能を正常にするという目的がまったく違うのです。

体内環境を根本的に変える目的のサプリメントは、現代の「不安な食品事情」を気にせず食することが出来る、画期的なサプリメントの組合せなのです。

最重要三大サプリメント
「酵甦」「乳酸菌」「枇杷の種の粉」

サフラン、
認知症、睡眠不足、物忘れ

ブルーベリー、
目の疲れ、かすれ

サプリメントの飲み方はサプリメントに目安が記されていますが、
それより大切なのはご自身の体調に合わせて、不安が解消する程度にお飲みになられることです。

薬と違って飲み過ぎによる薬害や副作用が無いからです。

他人の飲み方の事例はあまり参考になりませんが
とりあえず実体験での飲み方を下記欄に記しておきますので、参考にして下さい。


①腸内フローラを強化するプロテサンS(フェカリス菌)
②解毒を司る肝機能を上げる枇杷の種の粉(びわまる)
③60兆個の細胞を活性化させる79~100種類の酵甦(森川酵甦、ライプ)

④全身の血流を強力に促す(サフランゴールド)
⑤ガンをアポトーシスさせる(タヒボ茶)
⑦糖尿病、痩身(桑の葉茶)
⑧温熱療法びわ温灸器(ユーフォリア)

最重要三大サプリメント
末期癌、難病、アトピー、精神疾患、糖尿、肥満でお悩みの芸能人、お医者様、大企業の役員の方達がこぞってお飲みになっています。

二人に一人が癌になり、三人に一人が癌で亡くなっている時代です。
癌になると1日の医療費30万円~100万円の世界です。

体温が34~35度台の方は癌になりやすく免疫が低い証拠でもあります。
体温が1℃上がると、免疫力が5~6倍になります。
そして、体温が3℃上がりますと、免疫力は125倍~216倍になると言われます。
体力が落ちたら、最先端高度医療でも助かる可能性はとてもむづかしいのが現状です。

MJC療法バイオレゾナンスとユーフォリア、最重要サプリメントで体力を落とさず健康の方向に持って行ける道が開けます。

健康な人が健康を維持する為には、

①プレーンヨーグルト(砂糖無し)
②各種、種の粉(枇杷の種、杏子の種、桃の種)
③発酵食品(納豆、本味噌、本醤油、発酵キムチ、チーズ、)
④玉ねぎ、青魚、ナッ類、食物繊維

で良いのですが、
既に末期ガンや難病、アトピー、糖尿病、鬱、の重症の方達はこの程度の力では全く無力です。

○健康な方の健康維持には
 ・乳酸菌一日3千億個1包×3回、
 ・酵素一日3,5g×2回かRIPE酵甦(20mlを3~5倍に希釈して)3回
 ・びわまる一日3回朝、昼、晩、各10粒(よく噛んで)、
 ・一日の疲れをリセットされたい方は、サフランゴールド就寝前1袋3粒、
 
○癌や難病、重度の精神疾患の方は
 乳酸菌一日4兆個×3包(12兆個)~5包(20兆個)
 酵素一日3,5g×1時間ごとに7回、
 びわまる一日3回朝、昼、晩、各20粒(よく噛んで)、
 びわエキス温湿布(乳癌、皮膚癌)、
 サフランゴールド就寝前1袋3粒、
 癌の方はタヒボ茶も煎じて飲むといいでしょう。

○重症のアトピーの方は
 乳酸菌一日4兆個×3包(12兆個)~5包(20兆個)
 酵素一日1包3,5g×1時間ごとに7回、
 びわまる一日3回朝、昼、晩、各20粒(よく噛んで)、
 ビワバローションを適量皮膚に塗ってトントン叩く。

○糖尿病、鬱、不眠症、の方は
 乳酸菌一日1兆個~2兆個、
 びわの種の粉(ティースプーン山盛り)1時間ごとに7回、
 酵素一日3,5g×3回かRIPE酵甦(20mlを3~5倍に希釈して)1時間ごとに7回、
 サフランゴールド就寝前1包(3粒)
 桑の葉茶ティーバッグに熱湯で三杯以上飲めます。

○癌、難病、重度のアトピー、精神疾患、商売繁盛、縁結びの方
 (愛する、感謝する、思いやる、祈る、行為は、人の体内水情報記憶を"正"に書き換える行為です。)

 ・バイオレゾナンスセラピー("負"の体内水情報記憶を"正"に書き換える)
 ・気功気波動調整(悪霊の憑依、邪気を消除し"正"の氣を満たす)をおすすめします。




○会員様特典
プロテサン100包、びわまる徳用、森川酵素125g1箱をまとめて購入された方には
気功気波動調整(邪気消除)30分¥3.240相当をプレゼントします。


苦しまず、身体を傷めず、生活のレベルを下げずに仕事が出来る、
それが求められているのではないでしょうか?

カラダ全体の総合環境が良好であれば病は起きません。

血流
リンパ液の流れ
神経の流れ
ホルモン分泌
脳脊髄液の循環
体内磁力線
精神的ストレスと身体の緊張
解毒作用
吸収能力
免疫力
修復能力
自然治癒力
体内水情報記憶

MJC療法と最重要サプリメントでこれらを正常へ導き、
明るい希望の健康な毎日を過ごそうではありませんか?







スポンサーサイト
「自然海塩はスーパーサプリメント」
「自然海塩はスーパーサプリメント」

人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要 があります。

電気を発するには塩が必要なのです。そのため、体内の塩分が不 足すると高血圧になります。

ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血 管の膜を傷つけ血管内部が出血します。

そして、出血を止めるためにコレステ ロールが傷ついた部分を覆うため、
結果的にコレステロールで血管が狭くなり 高血圧になります。

塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。





シリカは私たちの体内に存在する必須ミネラルです。
シリカは私たちの体内に存在する必須ミネラルです。

コラーゲンの生成に関わり、ハリのある肌や美しい髪や爪を保ち、骨を強くして血管をしなやかに保つなどの働きがあります。

シリカが不足すると、美容面では肌のたるみやシワ、爪がもろくなる、髪が細くなるなどの影響が出ます。

また健康面では免疫力が低下したり、骨や血管がもろくなったり、関節が弱くなったりします。

骨密度を高める働きはカルシウム以上との研究報告もあり、骨粗しょう症の予防効果も期待されています。


体内のシリカは年齢とともに減っていき、0 ~ 1 歳を100 とすると、30 ~ 40 代では半分以下になります。

成人の場合、1 日に10 ~ 40mg のシリカを消耗しますが、体内で生成することはできないため、シリカを含む食品や、シリカを含む植物などから作られたサプリメント、シリカが溶け込んだ水などから補うことが必要です。

日本の伝統的な食生活では比較的シリカを摂取しやすいのですが、食生活の変化に伴い、シリカの摂取量は減少していると考えられます。


シリカは土壌や海水中に豊富に含まれているため、玄米などの穀物、海藻や貝類、じゃがいもなどに多く含まれます。

食品から摂るのが難しい場合は、珪藻やスギナやなどを原料にしたサプリメントからも摂取することができ、アメリカなどではシリカのサプリメントがポピュラーです 。

また、シリカが豊富な岩盤を通って地下水となった天然水にも多くのシリカが含まれており、こうした水からシリカを摂取することは、手軽で体内への吸収がよく、早く効果を実感できます。





「サプリメント」
「サプリメント」

 サプリメント(supplement)とは、

不足を補う物という意味で、

「栄養補助食品」と訳される。

トラック1台分の野菜を毎日食べなければ明日にでも死ぬようなことを言われ、

しかしこのサプリメントなら1日5粒で大丈夫と虫のいい解決案を提示され、

あの有名なMさんも愛用していますとどこにでも顔を出すタレントが効き目を推奨し、

いまならもう1ボトルおまけしますなどととどめのプレミアが付いて、脅されすかされしつつ摂取することになる食べ物(筆者もありがたく頂戴している)。

 サプリメントは、薬品ではなくあくまで食品。

しかし、食品としておいしく作ろうと思えばいくらでもできるのに、どこかしら「薬品」らしさをかもしだすために、うまくもまずくもない中途半端な味に仕上げられている。(フリペディアより)


サプリは薬ではないですし、それだけで生きていける訳ではないのですが、どうも勘違いをしている方が多いようです。

そして、何が原因で栄養欠損を起こし、何が足りていないかを調べずに適当に使うから効果ないんですね。

本来は食事だけで足りるべきであり、サプリに頼らなければならない生活は不自然です。

ただし、サプリを目的のための効率化の道具と考える場合は有効性は見いだせると思います。






健康食品の過剰摂取が招く「アレルギー症状」「肝機能障害」
 体にいいといわれている健康食品は時に“毒”にもなる。

国の機関も注意喚起を呼びかけている。健康ブームだからこそ知っておいた方がいい。

 花粉症の人は豆乳に要注意! 

健康飲料として人気だが、昨年12月、国民生活センターが、豆乳や大豆を主な原材料とする飲料の摂取により、皮膚や粘膜のかゆみ、腫れといったアレルギー症状が発症したという相談が増えていると発表した。

 中でも、シラカバなどのカバノキ科の花粉症に悩んでいる人は、豆乳を飲んだことで「口腔アレルギー症候群」を発症する危険もあるという。

カバノキ科の植物の花粉に含まれているアレルゲンタンパクが、大豆に含まれるアレルゲンタンパクと似ているためだ。

 肝臓にいいといわれている「ウコン」にも注意が必要だ。

厚労省の調査によると、健康食品が原因として疑われる肝臓障害患者95人のうち、最多の36人がウコンを含む食品が原因だったという。

 また、肝硬変の60代女性が粉末ウコンを毎日スプーン1杯飲み始めたところ、2週間で症状が悪化して3カ月後には死亡した事例もある。

 肝機能に障害がある人は肝臓に鉄分が蓄積されやすく、ウコンに含まれる鉄分が過剰にたまることで症状を悪化させるといわれている。

 ウコンの主成分であるクルクミンの1日当たりの許容摂取量は体重1キロ当たり3ミリグラム以下。健康な人も取り過ぎには気をつけたい。

 注意すべき健康食品は豆乳やウコンだけではない。横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)は次の4種類についても警鐘を鳴らす。

■β―カロテン

 高い抗酸化作用があり、がんや動脈硬化の予防効果が注目されている。しかし、サプリなどから取り過ぎると、β―カロテン過剰症になり、全身の皮膚がはげ落ちたり、関節や骨の痛み、脱毛、頭痛などの症状が出るケースがある。

 また、喫煙者が毎日20ミリグラムを5~8年間摂取し続けると、肺がん、前立腺がん、脳出血、心臓血管病のリスクが増加するという報告もある。

「野菜や果物から摂取する分には副作用の心配はありません」

■カルシウム

 骨や歯の主成分で、人間にとって欠かせない栄養素として知られている。骨粗しょう症予防のため、サプリで補充している人も多い。

 しかし、過剰に摂取すると高カルシウム血症になり、腎結石が作られるリスクが高まる。

また、血管の細胞組織の石灰化が進み、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全などのリスクが高まるという報告も。

成人の場合、摂取量は1日1000~1200ミリグラムが望ましい。

「摂取が推奨されてきたカルシウムは、パンや菓子など、さまざまな食品に添加されています。

あえてサプリなどで補充する必要はありません」

■セレン

 強力な抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病の予防に有効だといわれている。

摂取上限値は1日350マイクログラムで、過剰摂取すると、胃腸障害や神経障害を起こしたり、髪の毛が抜け落ちる人もいる。

■脂溶性ビタミン

 ビタミンA、D、E、Kといった水に溶けないビタミンは、尿などで体外に排出されず体内に蓄積されるため、過剰摂取に注意したい。

「A」は上限値が1日3000マイクログラム。過剰摂取すると吐き気や頭痛が起きたり、中枢神経系に悪影響を与える。

「妊婦が過剰摂取すると、赤ちゃんの先天性異常を引き起こすことが報告されています」

「D」はカルシウムの吸収を促進するため、過剰摂取すると筋肉や腎臓にカルシウムが沈着し、腎臓結石の原因になる。上限値は1日50マイクログラム。

「ビタミンCなどの水溶性ビタミンは多めに摂取しても尿などで排出されますが、それでも、過剰摂取は下痢や吐き気、筋肉疲労を促進します」

 健康食品には効能も害もあるのだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。