愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【薬は自分が持っている】
【薬は自分が持っている】

人間の身体は環境に合わせて柔軟に対応してくれます。

食べ物がない時代は少食で生きていけるような身体になり、自然と共に生きてた時代は細菌から身を守る為の免疫力を備えました。

身体は環境に合わせて足らない物を身体の内から補うように出来ています。

肌や髪が乾燥すれば、体内で「うるおい成分」が生成されます。

シャンプーや化粧品で「うるおい成分」を塗れば塗るほど体内では補う必要が無いと判断し、体内能力が退化するのです。

抗菌グッズで身の廻りを固めると菌と戦う能力は弱くなってしまいます。

膠原病やアレルギーの抗体も戦う為の能力で、身体が必要だと判断した物を体内で作ってくれているのです。

西洋医学では膠原病やアレルギーの原因は免疫機能やその抗体に問題があるような説明をされます。

生きる為に体内で作られた味方を敵と捉えるのです。

だから、病院は膠原病やアレルギーを治せないのです。

治らない治療をし、治せないから難病としています。

味方なのに敵だと捉え、それを潰そうと治療します。

敵を大人しくさせようとステロイドを使います。

治療すると戦えなくなるので一時的には病状が治まります。

しかし病気は戦って勝たないと治らないのです。

休戦させた分は他に負担がかかってしまい、それが副作用として現れます。

副作用という別の戦いを作り出す治療で治るはずがありません。

分かりやすい例は、怪我が深いと膿みますよね。

膿が出るのも戦ってるからです。

何と戦ってるかというと、細菌と戦ってるのです。

膿が中から外へ出ることで細菌が中に入り込むのを防いでいるのです。

咳や鼻水、クシャミが出るのも同じ事です。

本来の治療は症状を抑える事をするのではなく、戦う力を高めることです。

その為に必要なのが正しい食事や軽い運動、そしてストレスを軽減することです。

これが、最強の薬の使い方です。





スポンサーサイト
マラリヤをやって熱を出せれば梅毒も淋病も治ってしまうのです。

病気によって治ってゆく面が沢山にある。

マラリヤをやって熱を出せれば梅毒も淋病も治ってしまうのです。

一番安全に。

自分の体の力で治らなければ本当ではないのです。

そういう働きを皆薬や何かで閉じ込めてしまうから、他のいろいろな病気が増えていき、最近は精神病になるのがとても多くなってきている。

熱が出なければ一生背負う。

だけどそういうときにはちゃんと熱が出るように人間はできているのです。

それよりも可愛そうなのは子供が梅毒や何かをそのまま背負って生まれてくることです。

だから子供には高い熱の出る病気が沢山ある。

それをやると、そういう遺伝的に抱えている病気が無くなってしまうのです。

むしろ、そういう遺伝病を調整するために子供の病気はあんなに高い熱が出るのではないかと、そう思っているくらいです。

だから、高い熱が出るとホッとするのです。

それをせっせと冷やして熱が出たから心配だなどというのは、親の頭に氷嚢を乗せる方が本当なのです。

だから私はこう言います。

「氷嚢をあなたの頭に」と、子供は熱を出したらお湯で温める(39度くらいになったら、熱いお湯でタオルを絞って小さく折り畳んで後頭部に当てます)。

そうすると一度高くなりますがすぐ下がります。熱は必要なところまで上がれば自然に下がるものなのです。

そのように、病気を治すということの中に、次の病気を作るような予防や治療の仕方が沢山ある。

一番大事なことは、体の自然の快復だと思うのです。

自然というと、放っておくことだと思う人がいるのですが、一部分硬張っていれば自然ではないのです。

心の中にこだわりを作ったり「あの人が憎い!」なんて思って暮らしていたって、それは自然ではない。

人間の自然には本来そんな憎しみなどないのです。

そんなもの作りっぱなしで暮らしているのは自然ではない。

だから心も体も自然のまま保つようにするには鍛練する必要があると私は思うのです。

しかもその鍛練は活元運動によれば意識しないで自然に行われる。





【薬を使うか抗体を使うか】
【薬を使うか抗体を使うか】

病院や医師は、患者の症状を抑えようとします。

それを治療や薬を使って行います。

薬や治療で症状を抑え、検査数値を正常に近づけます。

正常値に近づけば「良くなったね」となります。

しかし、薬や治療を行って検査数値が正常値に近づいても

それは、作られた数値なので安定しません。

血圧の薬を飲んでいる人が、薬を飲まないと数値が上がるのと同じですね。

膠原病や自己免疫疾患の場合は免疫(抗体)が身体を正常に近づけようとします。

その時に症状が起こり、それに平行し数値も悪化します。

身体が病気と戦ってる時です。

風邪をひくと咳や鼻水が出て、熱が上がるのと同じですね。

そして、免疫(抗体)が有害物質を除去し身体の機能が正常化し始めます。

その後、検査数値が自然と正常値に近づいていきます。

この場合は、身体が自ら戦って得た状態なので数値もとうぜん安定します。

ステロイドや免疫抑制剤は、その戦いを止めさせて症状を抑えます。

そして、無理やり検査数値を改善させます。

戦わずして病気の原因は無くならないので、とうぜん病気は治らないのです。

いくら数値が改善されていても、作られた数値は減薬するとまた悪化します。

それは、薬で抑えられていた免疫力が病気と戦おうとするからです。

しかし、数値が悪化すると、また薬の量を増やす提案を医師は行います。

ずっとその繰り返しで病状は悪化し、薬の副作用が他の病気を招いてしまいます。

このようにずっと病院から離れられない身体になってしまうのです。

身体はちゃんと薬を持っています。

治し方も身体は知っているのです。

その事を認識した上で、何を信じて病気を克服するのか

病気になった原因は何なのかを考えることが大切だと思います。

相談に来られる人でよくいるのですが、このことに気づいて急に方向転換した方が多くいます。

急な方向転換も身体には大きな負担をかけますので注意が必要です。

また、生死をかける戦いが起こっている場合は、薬や治療の力を一時的に借りることも重要です。

救命救急において、日本の現代医学は素晴らしいと思います。






体温が上がれば免疫力も上がる
近年ノロウイルスをよく耳にするようになりましたが、この時期忘れてはいけないのがインフルエンザですね。

風邪やインフルエンザが流行る季節は冬ですが、なぜこの時期に流行するのでしょう?



寒さによる免疫力の低下が大きな原因

大きな原因は、寒さによる免疫力の低下です。

最近冷え性のお客様が増えているように思います。

現代人は体温が低下傾向にあるらしいのですが、それに伴い免疫力も下がります。

近年の研究結果によると、体温が1度下がると免疫力が30%低下するといわれています。

ちなみに日本人の平熱は36.6℃から37.2℃だそうです。

(参考文献:テルモ体温研究所)





体温が上がれば免疫力も上がる


免疫のメカニズムについて説明すると、体温は上がれば上がるほど血液循環が良くなり、血行が促進されます。そうすると、毛細血管と呼ばれる細い血管に、免疫力を支える白血球がすみずみまで行き届くようになるのです。

次に酵素が活性化し、活発になると免疫システムも効率よく働く様になります。

風邪を引くと熱が出たりして体温が上がるのはこの免疫システムを機能させる為の防衛反応です。

なので、体力のない高齢者や子供はしかたないにしても発熱⇒すぐに解熱剤というのは少し考えものです。

解熱剤を多用する事で風邪の症状が長引く事がありますが、免疫システムがウイルスを中途半端にしか駆除しきれていないためです。


免疫力を上げるには運動することが大切


対策として一番はシンプルに運動です。特に有酸素運動は体温や基礎代謝も上がります。

筋肉を増やすと体温が上がる。体温が上がると免疫力も上がる。体温が1度上がると免疫力は1.5倍upします。

ウォーキングでも十分です。継続する事で初めて効果がでますので、まずは無理のない時間で始めましょう。

また、年齢を重ねるごとに免疫機能は低下しますが、運動不足もその理由の一つです。

歳をとればとるほど病気がちになるのは、加齢で免疫細胞の数が減少すること、若いころのように身体を動かすことが少なくなり筋肉も低下し、体温も下がる。そうやって免疫力は低下していくのです。

がんを除去する働きがあるNK細胞と呼ばれる細胞は体温が37度以上で活性化するそうです。

そのためがん細胞を駆逐する免疫力が下がる為、加齢にともないがん発症率も上がる結果になります。

加齢によって胃腸の機能が衰えてくることにより起こる、腸内の細菌バランスが崩れてしまうことなども免疫低下の原因と考えられます。


さいごに

大切な自分のカラダです。
しっかりメンテナンスをして大切につかいましょう。






体のリズム
体のリズム

喜怒哀楽が脈に変化を生ぜしむることはご存じでしょう。駆けても食べても脈は変わります。

それ故いつも脈を見ていると、その人特有の調子を持った律動が分かってきます。

いつものようにその人の動きであれば平常な体状態と見てよいでしょう。

その中に打つ波が多いというような時、私は恋愛か結婚問題が起こったかと訊きますと、殆どそうです。

引く波のしている時、損をしたとか不安を持っているとかいうことが多いので、その人の生活状況の反映が脈に現れております。

その脈が、その人の調子とか心とかいうものから離れて機械的な動きをしている時は、何か異変のある時です。

呼吸もその如く機械的調子であれば、病人なら死が近い。

それ故、その人特有の調子を脈が保っている限り無事であり、保っていれば次の変化に乗じて快復へも誘える。

早く治りたいのは人情だが、待つということをしないで推し進めれば壊れることが多く、待つことよりも時を要することが多い。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。