愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
内部被曝に効く発酵食品
内部被曝に効く発酵食品

 原発事故で、大量の放射性物質がばらまかれた。

気をつけても、知らず知らずのうちに体内に取り込んでしまう。

そんな“1億総被曝時代”を生きるには、どんな食生活を送ればよいのだろうか?

◆自然栽培の先駆者が語る伝統食・発酵食のススメ

河名秀郎氏
 人間は一日に農薬や添加物などの数百種の化学物質を口から摂り入れているといわれる。

この化学物質漬けの食生活に新たに放射性物質が加わり、体を痛めつけて細胞をがん化するリスクはさらに増えた。

「内部被曝時代を生き抜くポイントは、体の修復能力(免疫力)と排出能力(浄化力)を本来持っているレベルに戻すことにつきる」と語るのは、無農薬・無肥料で作物を育てる「自然栽培」の先駆者・河名秀郎氏。

「生命力の強い、自ら発酵能力を持った食材をいかに食べられるかがカギとなります。

おなかの中で腸内細菌の働きを活発にして整腸作用を高める役割を果たすからです。

人間の腸内には500種類以上100兆個を超える菌類が棲息しています。

善玉菌が優性であれば免疫力が向上するんです。

日本人が食べて来た和食が、世界的にも体に良い食事として注目されています。

発酵食品は、その和食の中心になっています。」

 とはいえ「発酵食品のすべてが体にいいというわけではない。

素材の質が重要」と言う。

河名氏は2つの瓶を取り出した。

自然栽培のキュウリ(左の瓶)は、腐敗した一般栽培のキュウリ(右の瓶)と違い、発酵してピクルスになっていた

「これは自然栽培のキュウリなんです。

このように瓶に入れて3年たちましたが、腐らずにピクルスになりました。

一方、肥料・農薬を使用した一般のキュウリ。

こちらは腐ってものすごい悪臭がします。

同じように、炊いたご飯を瓶に入れて放置しておくと、ほかのお米は腐ってしまうのに、自然栽培のお米は甘酒になるんです。

この違いは、肥料を使っているかいないか。

それが品質に大きく影響するようです。

この違いは、自然に沿っているか、反しているかということではないかと思っています。

自らの力で発酵する性質を持った食材を摂取できるかどうかがポイントなんです。

生命力が弱く腐敗しやすい食材を一生懸命口にしても、腸内細菌はうまく働かないでしょう。

 腐敗しやすい薬漬けの作物は、農薬や肥料に依存しないと生きていけない生命体とも言えます。

このような食材を摂り続けた私たちの体が弱くなってもおかしくない。

発酵食品といっても、どんな食材をもとにしているかも重要です」





スポンサーサイト
日本人のがん死の4.4%は放射線検査によるもの
◆X線、CTスキャンも安全ではない
 日本人のがん死の4.4%は放射線検査によるもの



放射性物質が出す放射線には、γ線(ガンマ線)という電磁波もあります。

X線やCTスキャンの放射線はこのγ線です。これは、コンクリートの壁でやっと止まるくらい、

透過力があります。なので、肺がんや脳血栓の検査に使われる、X線やCTスキャンに利用されています。

 新聞やテレビに出てくる放射線の専門家はよくX線やCTスキャンと比べて、

「だから、これくらいの放射線は大丈夫」と言います。本当にそうでしょうか?

 しかし、X線を年に何度も浴びたり、同じ部位のCTスキャンを数年間に渡って何度も

取ったりすることは、その部位の発ガンリスクを非常に高めます。

エジソンはX線画像を見ることができるX線透視装置を発明しましたが(1886年)、

その実験台に助手のC.ダリーを使いました。

ダリーは実験のために、両手、両足に何度もX線を浴びました。



彼は、皮膚がんを発病し、結局、手術で両手両足を切断後、がんが原因で死にました。

エジソンは「X線が私の助手のダリー氏に有害な影響を与えた……」と気づいて、

すべてのX線の研究をやめました。

その後、学会は、X線の量を少なくし、X線技師が年間に浴びてもいい被ばく線量を決め、

X線をとるときはX線技師は鉛の部屋に避難することが義務づけられるようになるのです。



日本人はヨーロッパの多くの国の人々に比べ、X線、CTスキャンの受信率が非常に高いです。

イギリスの7倍もの頻度です。日本のすべてのがん死のうち、4.4%はこのγ線による検査

(X線、CTスキャン)によるもの、というイギリスの報告もあります。

(A・べリングトン 2004年 『医療用X線による発ガンリスク』)



X線検査やCTスキャンは、本来、肺がんが疑われる人、脳の血栓ができている兆候がある人が受けるべきものであり、人間ドッグで健康な人が受けるべき検査ではありません。


レントゲン検診での発ガンを疑う例

乳がん検診のくじ引き試験

カナダでの乳がん検診の効果を確かめるくじ引き試験
対象:40~49歳の女性5万人、試験期間平均8.5年
触診だけの放置群、触診+マンモグラフィ、年3回の検診群

            放置群   検診群
     総死亡    :156人 - 159人
     乳がん死亡: 18人 ー  29人





日本人のガンの10%はCT検査を受けることにより
日本人のガンの10%はCT検査を受けることにより生じているとする専門家もいるそうです
・・・殺されちゃう病院にはなるべく近づきたくないですね・・・

【 検査を受けに行く人たち♪ 】
 
著名な米国の医学者であるロバート・メンデルソン医師は、アメリカで行なわれているX線撮影の三〇%は、医学的に何の必要もないと述べている。

私はその数字でさえ少ないと思う。

X線撮影による不必要な放射線の遺伝子影響により、アメリカ人の三万人に死者が出るであろうことが示唆されている。

では日本ではどれほどまでにこの検査の影響を受けているであろうか? 

日本は世界一のCT保有国であり、その台数や検査数は二位以下を大きく引き離している。二〇一一年に日本では原発事故があり現在でもこの問題は進行形である。

この放射能の問題を論じるときに、日本国内で原発事故により被った放射能被曝は、CTなどより低いなどという論調で扱われ、それがゆえに安全で心配ないなどと報じられてきた。

この報じ方は内部被曝を無視したウソでしかない(内部被曝問題については本書では取り上げないので、他の有志の方々の書物を読んでいただきたい)が、その安全と謳われて錯覚させられているCT自体がとても危険な検査だということだ。

これを日本は世界一保有し、その検査数もまた世界一である。

つまり、あなた方が放射能問題で信じている、検査は安全であるという根幹がすでに間違っているということだ。

ちなみに日本の癌の10%はCT検査を受けることにより生じているとする専門家もいる。

マンモグラフィーはやればやるほど乳がんが増えることがわかっている。

胸のレントゲンを撮り続けるだけで肺がんが増えることも分かっている。

つまり言い方を変えれば、日本人は世界一ガンになりたがっている愚かな国民である、ということになる。
 
私はCTを完全否定しているわけではない。それらのリスクをよく考えたうえで、やはりCT検査をやったほうがいい場合も、少なくはあるがちゃんと存在するのだ(たとえば意識障害の時など)。

だが、基本的に、何度も書いているように医学は人を助けるために存在しているわけではない。

ひたすら病気を作るために存在し、そのためなら情報操作や情報捏造など、当たり前に行なわれる分野なのである。





実際のところ、放射能はもう脅威ではありません。
今、人類は何でもできるようになっています。

アレがこうでこうだからできない、という政治家や資本家の説明に、
どうか耳を傾けないでください。

フリーエネルギーの分野を、全員、一人一人、平等に、そして軽やかに手にすることが可能なのです。

それを押しとどめている “ある勢力の存在” を押し切るだけのパワーは、あたしたち一人一人の “気づき” の結集から実現化します。

知ってください。

実際のところ、放射能はもう脅威ではありません。

ここに掲載した「オオマサガス」では、放射能を【焼き消す】ことができます。

それも日本で出来ています。

これを実用化・製品化させない『意図』と『悪意』に気づいてください。

みなさん、原発はもう争点ではないのです!!!!

いま一番問題にしなくてはいけないのは、フリーエネルギーの独占と利権についての阻止、これを真剣に話し合わなければいけません。

もっと根っこは深いのですが、抵抗を示す入り口としてはまずまずの切り込みになると思います。

フリーエネルギーは宇宙が生み出し、そして宇宙全体・全員のものです。

そこに資本家の勝手なルールを介在させるなんておかしいと思いませんか?!

原発阻止ではなくて、フリーエネルギーの独占阻止!!こっちのほうが重要です~!!!

http://www.jptechno.co.jp/

 オオマサガスの日本テクノ株式会社HP

オオマサガス(OHMASA-GAS)とは、プラントメーカーの日本テクノ株式会社が開発した水から生成される燃料で、次世代のエネルギーとして期待されています。

名前の由来でもある大政龍晋社長が偶然にも発見したガスです。

普通、水を電気分解すると、「爆鳴気(ばくめいき) 」や「ブラウンガス」と呼ばれる、高温で燃焼し、爆発する特徴をもつガスが生成されます。

それに対し、オオマサガスは水を振動撹拌しながら電気分解することで、安定した「酸素水素共存ガス」を作り出す事に成功しました。

燃焼後は有害な排ガスを発生せず、水に戻るクリーンなエネルギーで、現在はガスバーナーの燃料や、小型エンジンを動かす事に成功しています。

ガスの特性として、爆発する事なく高温で燃焼し、ガス中に酸素が含まれるため空気が無くても燃焼でき、安全に高圧縮で保管が可能で、耐漏洩性に優れています。

今回、日本テレビ『笑ってコラえて!』で紹介されたため、検索数が伸びました。

オオマサガスを大政社長が自らデモンストレーションし、ガスバーナーを使った燃焼では、融点の高い物質であるチタン(融点:1668℃)やタングステン(融点:3422℃)を溶融していました。

また、燃焼直後のバーナーを大政社長は素手で触っており、大気中の酸素を使わないので冷たいと語っていました。

オオマサガスの成分は未だ解明中のようですが、水成分がクラスター化しているため爆発しないなど、分析もすすんでいます。

既に船舶の切断加工などに活用されているようで、従来のガスと比べ作業効率が格段に上がり、大幅なコスト削減となっているそうです。

さらに、オオマサガス生成の応用で淡水魚と海水魚が共生できる「淡海水」を作れることや、放射能汚染水の分解にも効果が期待できるそうです。

現在、国際特許「水素・酸素混合ガスの発生装置(WO 03/048424A1)」を取得済み、日本国内の特許「酸素水素共存ガス体を用いた燃料及びその使用方法(特願2011-175918)」は審査中となっているようです。

請求項を見ますと、水を振動撹拌しながら電気分解するという製造方法を支柱とした特許のようで、今後の解析過程で特許の効果が大きく変わってくると思います。

最終的には原子力に取って代わり、オオマサガス潜水艦、オオマサガス空母なども実現できる可能性を秘めていますが、電気を使って作る燃料なのでオオマサガス発電の実現は難しいように思われます。

ちなみに、燃焼させた場合に取り出せるエネルギーの総合効率は約50%ほどという研究結果が出ています。

ソース:環境省 地球温暖化対策技術開発事業 水素代替エネルギーとしての新水素・酸素混合ガスの実用化技術開発(pdfファイル)

日本発の新エネルギーとしてエネルギー革命を起こせるのか、今後に注目が集まっています。

http://www.kotomatome.net/archives/25910887.html

 より転載






古館伊知郎氏の発言が波紋を広げています。
 ニュースステーションの久米宏でさえ、最後までうさんくさいと信用しなかった私なので、古舘伊知郎は私の中では永遠に新日本プロレスの最高の実況アナウンサーでしかないのですが、それにしても彼がこういう発言をした背景はなんだったのでしょうか。

 昨年の東日本大震災から1年となる3月11日、テレビ朝日系『報道STATION スペシャル』での司会・古館伊知郎氏の発言が波紋を広げています。

  話題になっているのは、番組の終了間際のエンディングトークの場面。

 震災で不通となった三陸鉄道南リアス線三陸駅のホームに立った古舘氏は、「この番組に関 して後悔することがあります」と語りだしました。

 古舘氏はまず、「牛の墓場」となった牧場について撮影・放送しなかったことを「一つ目」の後悔として語り、「二つ目の後悔は原発に関してです」として、以下のように語ったのです。

「番組を切られても本望」震災特番生放送で古舘伊知郎が″原子力ムラ″に言及し波紋広がる

「『報道STATION』ではスペシャル番組として、去年の12月28日の夜、原発の検証の番組をお送りしました。津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部、(福島)第1原発のどこか が損壊していたのではないかという、その追求をしました。今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。"原子力ムラ"というムラ が存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています。そして、もう一つ考えることは、地域で、主な産業では、なかなか暮らすのが難しい というときに、その地域を分断してまでも、積極的に原発を誘致した、そういう部分があったとも考えています。その根本を、徹底的に議論しなくてはいけない のではないでしょうか。私はそれを、強く感じます。そうしないと、今、生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません。私は日々の 『報道STATION』の中でそれを追求していきます。もし圧力がかかって、番組を切られても、私は、それはそれで本望です。また明日の夜、9時54分に みなさまにお会いしたいです。おやすみなさい」

 テレビ朝日広報部は「原子力村、圧力という言葉から誤解されたかもしれませんが、圧力がかかって放送しなかったのではありません。

今後の原発報道への強い決意を示した発言です」とコメントしたと、朝日新聞があわてて報道しているのがまた怪しい。

 「今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。"原子力ムラ"というムラ が存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています」

と、いきなり話が飛躍する部分を何度聞いても読み直しても、言葉の魔術師古舘氏があえて間をはしょったことが、かえって、圧力がかかったから扱えなかった部分があると言っているように聞こえるのです。

 つまり、テレビキャスターが生放送中に、原子力業界という外からの圧力で番組内容に変更があったことについて明確に認めるという、テレビ史上稀に見る放送と発言であったということが言えます。


 今後同番組内で「それを追及していく」とした古舘と『報道 STATION』スタッフがどのような思い切った原発報道をしてくれるのか、あるいは下の図のような原発利権の圧力でそれができなくなるのか。

 
 我々視聴者が見守っていかなければならないでしょう。

  動画は何時削除されるか分からないのでお早めにご覧ください。

 古舘氏がいつもよりも視線に落ち着きがないのは、カンペを読んでいるのでしょうか。

 それとも、精神的動揺があったのでしょうか。

 テレビ朝日広報部は「原子力村、圧力という言葉から誤解されたかもしれませんが、圧力がかかって放送しなかったのではありません。

今後の原発報道への強い決意を示した発言です」とコメントしたと、朝日新聞があわてて報道しているのがまた怪しい。

 「今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。"原子力ムラ"というムラ が存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています」

と、いきなり話が飛躍する部分を何度聞いても読み直しても、言葉の魔術師古舘氏があえて間をはしょったことが、かえって、圧力がかかったから扱えなかった部分があると言っているように聞こえるのです。

 つまり、テレビキャスターが生放送中に、原子力業界という外からの圧力で番組内容に変更があったことについて明確に認めるという、テレビ史上稀に見る放送と発言であったということが言えます。


 今後同番組内で「それを追及していく」とした古舘と『報道 STATION』スタッフがどのような思い切った原発報道をしてくれるのか、あるいは下の図のような原発利権の圧力でそれができなくなるのか。






古舘氏徹底的に原発追及 報ステで表明


 テレビ朝日系「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(57)が11日放送の特別番組の中で、原発報道への強い決意を示した。

古舘氏は、昨年末の同 番組が、福島第1原発が津波で壊れたのではなく地震によってどこかが損壊していたのではないかと追及したことを紹介。

その上で「今回このスペシャル番組 で、その追及をすることはできませんでした」と語った。

さらに、日本には原子力村という村が存在し、産業がない地域が積極的に原発を誘致したと、指摘し た。

古舘氏は「その根本を徹底的に議論しなくてはいけない。

私は日々の報道ステーションの中でそれを追及していく。

もし圧力がかかって番組をきられてもそ れは本望です」などと語った。

テレビ朝日広報部は「原子力村、圧力という言葉から誤解されたかもしれませんが、圧力がかかって放送しなかったのではありま せん。

今後の原発報道への強い決意を示した発言です」とコメントした。