愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
「ただの海水で病気が治っては儲からない」ネ・カントン海水療法について
海水療法について

 これは、「ザ・フナイ」の中で船瀬俊介氏が連載している記事の「生体機能を向上させる驚くべき海水療法」の要約である。

 フランスの生理学者ルネ・カントンは、愛犬の血液を海水と入れ替え、実験前より生き生きとなり、海水が血液と同じ組成で、働きも同じであることを証明した。

体重が5キログラムの犬に同量の海水を犬の血管に注入した。
(90分かけて、犬に海水約3・5リットルを注入した。)

犬は腹部がふくれ、グッタリして体温も下がり、腎臓排泄機能も弱まり、生命活動が低下していった。

ところが、注入も終わるとすぐに体温が上がり、生理作用は回復した。

実験5日後にはすっかり回復し、元気を取り戻した。

体重も元に戻った。

海水によって、細胞生命は完全な状態で生きることをカントンは証明したのである。

 第二の実験は、体重10キログラムの犬の血液を瀉血法で抜き取り、極限まで血を抜いた後に、前回同様、海水を注入するということである。

つまり、極限まで血液を抜き取り、次に同量の海水を注入すると、どのようになるかという実験である。
(大量出血した患者に、海水で輸血したことと同じである。)

以下が観察された。
①白血球の増加 
②感染に対する抵抗 
③急速な活力回復 
④赤血球の急速再生

 カントンは以下の衝撃事実を証明したのである。

「海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている」

 この公開実験は、世界中のメディアで取り上げられ、大反響を巻き起こした。

 次にカントンは「白血球が海水中で生きる」ことを実験で証明しようとした。

使われたのは、
①哺乳類(犬、人、ウサギ) 
②両生類(カエル) 
③爬虫類(トカゲ) 
④魚類(テンチ) 
⑤鳥類(ハト)である。

実験は成功した。

①~⑤の動物も、海水に浸された白血球は、正常を保っていた。

つまり、「もっとも過敏な細胞の一つである白血球を、体内で血液と入れ替えた海水中でも生かしうる。」ということを証明したのである。

 そこで結論は、「海水こそ、生命を生かす源である」ということである。


カントンの実験は世上では絶賛されたが、学界からは猛烈な反発が巻き起こった。

既成学者は、本能的にカントンの登場に反感を抱いたのである。

逆風の中、カントンは新しい一歩を踏み出した。

それが、「海水療法」である。

「血液を海水に入れ替えられた犬は、活力が増した!」「海水には生命力を活性化させる作用がある」と確信したカントンは、次のように考えた。

「多くの病気の原因は、人体の内部環境のバランスの乱れにある」「海水の注入によって、損なわれたバランスを元の状態に復元する」「局所に現れた病気を治療することが可能だ」

 この病気への見解は実に画期的だった。

カントンの方法は、当時の医学界の寵児だったパスツールとは正反対のものだった。

つまり、病因をピンポイントで攻撃するパスツールの医学に対して、カントンの医学は、生体の全体的な素質の復元を目指すものだからである。

近代医学は、「症状」を「病気」と捉える誤った発想である。

だから、対症療法として薬物療法が主流になってしまったのである。

「症状」とは「病気」が治ろうとする「治癒反応」である。

だから薬物で「症状」を止めるほど「病気」は慢性化していく。

つまり悪循環である。

 これに対してカントンは、病気の原因を、生体的な素質の悪化にあるとして、「症状」を「病気」が治ろうとする現れと捉えるのである。

 近代医学は、パスツールを称賛し、カントンを黙殺した。

その理由は、「ただの海水で、病気が治っては儲からない」からである。


「海水で病気を治す!」信念は、臨床現場で次々と証明されていった。

①チフス→昏睡状態の腸チフスの末期患者に海水を静脈注射すると、患者はみるみる回復し、死の淵から生還した。

②自殺未遂→服毒自殺を図った若者も海水を大量静脈注射で見事回復した。

③肝硬変→重症の肝硬変患者に「海水療法」を施すと、2週間後に退院できるまでに回復した。

④遺伝病→遺伝病を持つ母親たちに出生前治療として「海水療法」を施すと、遺伝疾患を持って生まれる子はゼロになった。「海水療法」の原理は、体質改善なので適応も驚くほど広い。

⑤小児疾患→コレラ様腸炎、乳幼児中毒症、胃腸病、乳糖不耐症、栄養障害、梅毒、湿疹

⑥成人→肺結核、消化不良、皮膚病、婦人病、精神障害、神経症、急性中毒、筋無力症、うつ病、不眠症、老化、拒食症、貧血症、骨粗そう症

これらは、「海水が、血液の代替になる」ことの証明である。特筆すべきことは、ロックフェラーの主治医であるホメオパシー医師が「海水療法」を取り入れているということである。

「海水療法」こそ、輸血に代替する究極療法であり、輸血、血液製剤は、近代医療の最大の失敗である。

輸血は、年間約200万人の患者に実施されている。

ある研究者は副作用で約10万人が殺されていると推計している。

悪魔的な吸血ビジネスにも「海水療法」は終止符を打つことができるのである。


リンク元
http://ameblo.jp/cpa-togo/day-20131013.html

スポンサーサイト
輸血液は猛烈〝発ガン剤〟だ
輸血液は猛烈〝発ガン剤〟だ

「輸血を受けた人はガンになりやすい」安達洋祐医師(久留米大学準教授)の警告だ。

(『エビデンスで知る、ガンと死亡のリスク』中外医学社)そこで、彼は明解に断言している。

「輸血を受けるとガンや死亡が増え、ガン患者は輸血を受けると再発や死亡が増えます」つまり、輸血の重大副作用は「発ガン」と「再発」。

つまり、輸血は明らかに〝発ガン〟療法なのだ。

輸血液は猛烈な〝発ガン剤〟だった……。
 
ほとんどの人は耳を疑うだろう。

輸血の同意を得るとき――「発ガン」「ガン再発」の危険があります――と説明している医者は、恐らく一人もいないだろう。

彼らは無責任というより無知なのだ。

安達医師の報告は具体的だ。

「デンマークの研究では、輸血を受けた人は、ガンになる頻度が1・5倍と高い。食道ガン、肝臓ガン、肺ガン、膀胱ガン、皮膚ガンになる頻度がとくに高い。日本の研究では、輸血を受けた女性は、甲状腺ガンになる頻度が1・8倍と高い。アメリカの研究では、輸血を受けた患者はリンパ腫瘍が1・7倍発症する」(前著、要約)
 
輸血で、どうして発ガンするのか?

「輸血は、もっとも頻繁に行なわれている臓器移植」だからだ。たとえば、骨髄移植や幹細胞移植を受けた人もガンになりやすい。米国のリポートでは幹細胞移植を受けると、発ガン危険度が8・1倍にはねあがる。黒色腫や脳腫瘍は2・8倍。白血病やリンパ腫リスクは15倍から300倍。移植手術による発ガン作用には慄然とする。「リンパ腫になった人は、血液ガンになる頻度が5・4倍とかなり高く、固形ガンになる頻度も1・7倍と高い」(安達医師)
 
「輸血は免疫力を抑制する!」重大事実を発見したのは八木田旭邦医師だ。(現・近畿大教授、医学博士)
 
ガン患者に輸血をする。

免疫抑制作用が起こる。

すると、ガンはその隙をついて増殖する。

厚生省研究班での調査で、輸血がガン患者にガンを再発させる危険があることが立証されたものがある。

対象は大腸ガン手術を受けた患者48人(1982~88年)。

うち(A):輸血を受けた患者21人。

(B):受けなかった患者27人。

それぞれの■2年生存率と■5年生存率を比較した。
 
その差は、歴然だ。

■2年生存率:(A)輸血グループの2年生存率は70%。
これに対して、(B)非輸血グループは100%だった。
つまり輸血グループは10人中3人が死亡。
一方、非輸血の患者は全員2年生き延びた。

■5年生存率:(A)輸血グループは50%。
(B)非輸血グループは90%と2倍近い大差がついた。
輸血したガン患者は2人に1人が5年以内に死んだ。
輸血を受けなかったガン患者は10人中9人が5年以上生き延びたことになる。

輸血をしたガン患者は、平均で2年生存で寿命3割減、5年で5割減となる。

なぜか? 

ガンが再発したからだ。

なぜ、再発したのか? 

輸血によりガンと戦う免疫力が激減したからだ。





食塩の成分を海水と同じにすれば健康が取り戻せる
◎ 食塩の成分を海水と同じにすれば健康が取り戻せる

 日本は、戦後(昭和三〇年代)に食塩をNaとClの塩化ナトリウムと決めた。

 世界的な情勢によるものであったが、同時に、日本の海が公害のために汚染されて、有害物質が含まれるようになったためで、食塩としては工場で作られる塩化ナトリウムだけが食用になったのである。

 塩化ナトリウムを多くとると、血圧が高くなる。

 しかし、それに数パーセントのマグネシウムを入れると高くも低くもならない。

 それは、“自然塩”の成分に近いからである。

 その上、自然塩にはマグネシウム以外にも数十種類のミネラルが含まれており、生物の健康を保つためにはなくてはならないものなのである。

 生物はもともと、海水中から発生し、海中で育った-----これは生物の起源である。

 だから、動物の血液中の成分は海水の生物とほとんど同じである。

 昔の塩は、海水を塩田で天日干しし、それを煮つめてつくった。

 つまり、完全な“自然塩”だったわけである。

 それが、海の汚染でつくれなくなり、科学者たちは、しかたなく、“人工食塩”をつくらざるを得なかったともいえよう。

 そして、科学の力で食塩を人工的につくることを発明し、NaとClだけを成分とする食用塩に決めてしまった。

 日本もそれにならった。

 しかし、これを決定した時代に、もう少し程度の高い科学者がいたならば、公害で海水を汚染した物質だけを取り除いた、昔からあった海水と同じ“自然塩”の成分にしていたはずである。

 食塩開発のときに、もう一歩先を考えていれば、もっと“自然塩”的なものができていただろう。

 海水は生物を発生させ、何億年もの間、生物を育んできた。

 けれども、愚かな人類によって、どんどん汚染されていったのである。

 先を考えることをしなかった低級な科学者たちが、自分たちの利益だけを追い求めていったために、『自然の海』『生物たちの海』を失い、いままさに、生物は滅亡の危機にさらされているのである。

 私は、今年、八〇歳になったが、いたって健康である。

 大阪でゴルフをして講演をおこない、新幹線で岡山まで戻り、帰宅後にまた散歩に出かける。

 岡山にいる時は、自宅から研究室への道のりを遠まわりして五〇〇〇歩を歩いて往復し、夕食後にも夫婦で一万歩以上の散歩をしている。

 万歩計をいつも携帯していて、一日に二万歩以上歩くようにしている。

 一歩幅を七〇センチとすると、一日一四キロは歩いていることになる。

 それでも、私は“疲れ”というものがまったくない。

 このように、健康で疲れを知らない体質の源は、自然食を中心にした食生活にある。

 もっとも、私たちが子供のころには“自然食”しかなかったのだが。

 それが、いまは“飽食”の時代を迎え、インスタントやレトルト食品はもとより、あらゆる食品が、有害な人工添加物を含んだ“人工食”となり、日常にあふれている。

 思えば、昔の塩には甘みがあった。

 この砂糖も、いまや“人工砂糖”になってしまった。

 逆に砂糖キビからしぼっただけの黒砂糖は少し苦く、辛いものだったが、それを白く精製するものだから、塩と同じように自然のもつ成分はなにもなくなり、体に悪い白砂糖になってしまう。

 それを常用していれば、不健康になるのは当たり前のことである。

 私の家では“自然塩”を常用しているのだが、この塩を口に入れると、最初に甘みを感じる。

 これは、あらゆる自然の成分を含んでいるからにほかならない。

 もちろん、砂糖も砂糖キビをしぼったそのままのものを常用している。

 塩はもちろんだが、砂糖も食生活において基本となる調味料である。

 健康を考えるなら、“自然なもの”を心がけるのに越したことはないだろう。

 そして、食生活で一番大切なことは、好き嫌いなく何でも食べることである。

 食事制限などはしていない。

 栄養をとって、そのカロリーを消費するために運動をして、そしてまた、おいしく食べることである。

 そして、いつでも

 『私ほど幸せなものはいない』

 とあらゆる物事に感謝し、

 『仕事は最高の遊びである』

 と、毎日を楽しみながら過ごしている。

 こうした気持ちで生活していれば、ストレスなど起こるはずはない。

 つまり、物事への発想を変えることで、生き方も“自然体”を保っているのである。






輸血
輸血

わたしは知人の救急専門医にこのことを聞いてみたことがある。

彼は輸血全否定とまではいかなかったが、現行の厚生労働省などが策定した輸血マニュアルでは、むしろ失血している救急患者は悪くなることを教えてくれた。

救急の世界できちんと勉強したものであれば、救急時はむしろ血が薄い方が人体への弊害が少なく、蘇生率や治癒率が高いというのだ。

現行の基準は高すぎてお話にならないというのだ。

純粋に医学的な見地から判断し、輸血を避けて代用液を使用して成功している例が、外国では多数報告されている。

ベ-リ-博士は、「出血による赤血球の激減は、生命をおびやかすものではなく、代用液のほうが血しょうや血液そのものの輸血より実際に有効である。」と述べる。

A・J・シャドマン博士は、「私は二万例以上の外科手術を行ってきたが、輸血をほどこしたことは一度もない。

私は普通の食塩水を多く飲ましただけである。

その方がいっそう良く、また安全である。血を失ったどんな症例にもこれを使ってきたが、死亡例は一つもなかった。

チョークのように血の気が失せ、石のように冷たくなっても患者は生きのびてきた」と報告している。

このように、輸血を代用液にかえて成功した例はいくらでもある。

なのに危険きわまりない輸血が、あたりまえのように行われている。

それは二リットルの血液を失えば、二リットルの血液を補充しなければならないという、間違った機械的な医学を信じているからである。

一九七一年のアメリカの報告によると「輸血によって血清肝炎にかかるものが年間三万人、そのうち三千人ほどが死亡。
潜在性のものを含めると年間十万人が輸血による血清肝炎にかかっているものと推定される」

「血液を扱う人,また外科患者を受け持つ人はすべて,無輸血手術を考慮に入れなければならない」。―ヨアヒム・ボルト博士,麻酔学教授,ルートウィヒスハーフェン,ドイツ。

「輸血は基本的に良いものではないので,我々はどんな患者にもできるだけ輸血を避けるようにしている」-のアレックス・ザポランスキー博士、カリフォルニア州サンフランシスコ。

「従来の開腹手術を通常の患者に行なう際,定常的に輸血する必要はないはずだ」。―ヨハネス・シェーレ博士,外科学教授,イェーナ,ドイツ。

「心臓,血管,産婦人科,整形外科,泌尿器科の大手術は,血液や血液製剤を用いることなく成功裏に行なえる」-D・H・W・ウォンは「カナディアン麻酔ジャーナル」(Canadian Journal of Anaesthesia)で述べている。





フランスの生理学者ルネ・カントン
 フランスの生理学者ルネ・カントンは、愛犬の血液を海水と入れ替え、実験前より生き生きとなり、海水が血液と同じ組成で、働きも同じであることを証明した。

体重が5キログラムの犬に同量の海水を犬の血管に注入した。
(90分かけて、犬に海水約3・5リットルを注入した。)

犬は腹部がふくれ、グッタリして体温も下がり、腎臓排泄機能も弱まり、生命活動が低下していった。

ところが、注入も終わるとすぐに体温が上がり、生理作用は回復した。

実験5日後にはすっかり回復し、元気を取り戻した。体重も元に戻った。

海水によって、細胞生命は完全な状態で生きることをカントンは証明したのである。

 第二の実験は、体重10キログラムの犬の血液を瀉血法で抜き取り、極限まで血を抜いた後に、前回同様、海水を注入するということである。

つまり、極限まで血液を抜き取り、次に同量の海水を注入すると、どのようになるかという実験である。
(大量出血した患者に、海水で輸血したことと同じである。)

以下が観察された。
①白血球の増加 
②感染に対する抵抗 
③急速な活力回復 
④赤血球の急速再生

 カントンは以下の衝撃事実を証明したのである。

「海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている」

 この公開実験は、世界中のメディアで取り上げられ、大反響を巻き起こした。

 次にカントンは「白血球が海水中で生きる」ことを実験で証明しようとした。

使われたのは、
①哺乳類(犬、人、ウサギ) 
②両生類(カエル) 
③爬虫類(トカゲ) 
④魚類(テンチ) 
⑤鳥類(ハト)である。実験は成功した。

①~⑤の動物も、海水に浸された白血球は、正常を保っていた。

つまり、「もっとも過敏な細胞の一つである白血球を、体内で血液と入れ替えた海水中でも生かしうる。」ということを証明したのである。

 そこで結論は、「海水こそ、生命を生かす源である」ということである。


カントンの実験は世上では絶賛されたが、学界からは猛烈な反発が巻き起こった。

既成学者は、本能的にカントンの登場に反感を抱いたのである。

逆風の中、カントンは新しい一歩を踏み出した。それが、「海水療法」である。

「血液を海水に入れ替えられた犬は、活力が増した!」「海水には生命力を活性化させる作用がある」と確信したカントンは、次のように考えた。

「多くの病気の原因は、人体の内部環境のバランスの乱れにある」「海水の注入によって、損なわれたバランスを元の状態に復元する」「局所に現れた病気を治療することが可能だ」

 この病気への見解は実に画期的だった。

カントンの方法は、当時の医学界の寵児だったパスツールとは正反対のものだった。

つまり、病因をピンポイントで攻撃するパスツールの医学に対して、カントンの医学は、生体の全体的な素質の復元を目指すものだからである。

近代医学は、「症状」を「病気」と捉える誤った発想である。

だから、対症療法として薬物療法が主流になってしまったのである。

「症状」とは「病気」が治ろうとする「治癒反応」である。

だから薬物で「症状」を止めるほど「病気」は慢性化していく。

つまり悪循環である。

 これに対してカントンは、病気の原因を、生体的な素質の悪化にあるとして、「症状」を「病気」が治ろうとする現れと捉えるのである。

 近代医学は、パスツールを称賛し、カントンを黙殺した。

その理由は、「ただの海水で、病気が治っては儲からない」からである。


「海水で病気を治す!」信念は、臨床現場で次々と証明されていった。

①チフス→昏睡状態の腸チフスの末期患者に海水を静脈注射すると、患者はみるみる回復し、死の淵から生還した。

②自殺未遂→服毒自殺を図った若者も海水を大量静脈注射で見事回復した。

③肝硬変→重症の肝硬変患者に「海水療法」を施すと、2週間後に退院できるまでに回復した。

④遺伝病→遺伝病を持つ母親たちに出生前治療として「海水療法」を施すと、遺伝疾患を持って生まれる子はゼロになった。「海水療法」の原理は、体質改善なので適応も驚くほど広い。

⑤小児疾患→コレラ様腸炎、乳幼児中毒症、胃腸病、乳糖不耐症、栄養障害、梅毒、湿疹

⑥成人→肺結核、消化不良、皮膚病、婦人病、精神障害、神経症、急性中毒、筋無力症、うつ病、不眠症、老化、拒食症、貧血症、骨粗そう症

これらは、「海水が、血液の代替になる」ことの証明である。特筆すべきことは、ロックフェラーの主治医であるホメオパシー医師が「海水療法」を取り入れているということである。

「海水療法」こそ、輸血に代替する究極療法であり、輸血、血液製剤は、近代医療の最大の失敗である。

輸血は、年間約200万人の患者に実施されている。

ある研究者は副作用で約10万人が殺されていると推計している。

悪魔的な吸血ビジネスにも「海水療法」は終止符を打つことができるのである。