愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく

腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく!?
 
 
先日、順天堂大学医学部附属順天堂医院の小林弘幸先生の著書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」を読み、改めて腸の持つ優れた機能に驚かされました。

小林先生は順天堂大学医学部附属順天堂医院の便秘外来に勤務する現役の医師です。
 
数年先まで予約が埋まっている状況にありながら、毎年必ず自律神経と腸活、便秘などに関する著書が出版され、出す本すべてベストセラーとなっています。

それだけ現代人が抱えている問題に腸が深く関わっているんです。
 
腸は第二の脳といわれていますが、小林先生は人生を決めるのは脳が1割、腸が9割であると強く訴えています。

「オキシトシン」などのいわゆる幸せホルモンは腸によって約9割ほど分泌されるので、腸の働きが悪化すれば心と体の健康は著しく損なわれます。
 
心と体の健康を維持する上で欠かすことのできない二つの自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを良くするためにも腸内環境を良い状態に保つ必要があります。
 
ということで、今回は腸に関する10豆知識をわかりやすくまとめたカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
『腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識』
 
 
■1. 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器
 
腸は権威に抗するレジスタンスのように、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができる。

こうした芸当は、他の臓器はもちろん、あの力強い心臓でさえできないことだ。
 
 
■2. 1億個もの脳細胞が存在する
 
腸が自分で判断できるのも驚くにはあたらない。

食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在するのだから。

このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのだ。
 
 
■3. 腸は独自の神経系を持つ
 
腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として君臨しており、それ自体であらゆる機能を遂行する。

科学者の中には、ここを中枢神経系の一部とみなす者や、その本体であるとみなす者もいる。
 
”実行”刺激がくると、脳からの司令なく腸にキューを出すよう進化したようにも見える。

これは無力な新生児の脳を考えると特に妥当に思えてくる。
 
 
■4. 腸が脳に感情のサインを送る
 
腸には迷走神経という、大きくて、厄介な神経が埋め込まれている。

研究では、その繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなっている。
 
言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているのだ。

だから、あなたは心から腸を信頼するべきだ。
 
 
■5. 胃腸障害は腸の”精神疾患”とも言えるかもしれない
 
抗鬱剤として身体の調子を整える素晴らしい気分物質セロトニンだが、およそ95パーセントが腸の中で見ることができる。

ということは、食事や薬、抗生物質が人の気分をめちゃくちゃにしてもちっとも不思議ではないということだ。
 
 
■6. 健康な腸は骨を守る
 
セロトニンと腸の関係を調べた研究から、腸と骨との意外な関係までが浮き彫りにされた。

マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられたのだ。

この発見は、骨粗しょう症の新薬研究につながった。
 
 
■7. 自閉症と腸内細菌株の関係
 
十中八九と言ってもいいほど、自閉症の患者には、腸管壁浸漏症候群、過敏性腸症候群、有益な細菌株の不足といった、腸のバランス不全が見られる。

マウスを使った実験の結果からは、腸内の細菌叢のバランスを取り戻すことは
 
自閉症の一部の行動障害に対する治療につながるようだ。

ただし、これによって自閉症が”寛解”するわけではないことに注意しよう。
 
 
■8. 何を食べたかで腸が気分に影響を与える
 
様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を”食べている”のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認された。
 
例えば、脂肪は脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させる。

一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激する。
 
 
■9.腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる
 
腸には脳細胞があるだけでなく、70パーセントという大量の免疫細胞も宿している。

これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たす。
 
腸関連リンパ組織と腸内細菌叢(腸内には数兆もの細菌が生きており、まるで微生物の宇宙かのようだ)は、病気に打ち勝つために懸命になって働いてくれる。
 
だからこそ、悪い細菌と一緒に有益な細菌まで殺してしまう抗生物質の使用には細心の注意が必要なのだ。
 
 
■10. 脳と同じく麻薬中毒になる
 
腸内には、脳のものと同じ麻薬受容体がある。

したがって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまううえ、その悪癖を絶つときにも大きな困難が伴う。



スポンサーサイト
【人間の体は60兆個の細胞と100兆個の細菌の超有機体】
【人間の体は60兆個の細胞と100兆個の細菌の超有機体】

あなたも私も「ひとり」ですが、
実はこの「ひとり」というのは、
160兆個もの膨大な数の命の超有機体なのです。

つまり人間は自分自身の60兆個の細胞と、
あなた自身の細胞より多い100兆個の腸内細菌群の
絶妙なバランスで命を繋いでいるのです。

しかも60兆個の細胞のなかには、進化の過程で外来生物のミトコンドリアが入り込んで、これが体温を維持し人間の命を生かしています。

この膨大な数の命が奇跡的に絶妙なバランスを取ってあなたの命は健康な状態が維持されているのです。

今、特に先進国に住む人間は、人類史上ごくごくわずかな時間で生活スタイルを大きく変化させてしまいました。

人類の歴史400万年のうち100年で急速にバランスを崩してしまっているようです。
私たちは伝統的な食生活を捨て去り、膨大な化学物質をと体内に取りこんでいます。
その事により、100兆個の菌叢バランス(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)を乱し、体全体160兆個の命のバランスを乱してしまっているのです





うつ病は腸の病
うつ病は腸の病

現代病として社会問題にもなっているうつ病。その原因はこれまでは脳にあるといわれていたが、実は『腸の病』であると免疫学を長年研究してきた藤田医師は分析している。

●腸内環境に左右される脳
最近の研究でうつ病の原因は、脳内のセロトニン不足が引き金になることが解明されてきた。セロトニンとは腸内細菌によって脳内に送られる歓喜や快楽、幸せを感じさせる脳内物質であり、人間の精神状態を大きく左右するといわれている。セロトニンが不足すると、人はキレやすくなったり、落ち込みやすくなったり、やる気が出なくなり、程度の違いはあるが所謂うつ病の諸症状が出始める。

このセロトニンが、体内では90%以上が腸内に存在しているという。腸内循環が正常に行われないと、脳まで上手くセロトニンが運搬されず(セロトニン不足に陥り)、うつ病の引き金となっているのだ。

なぜ腸が、これほど人間の脳や精神状態に大きな影響を与えているのだろうか?

●腸から進化した脳
それは多細胞生物の進化の過程が鍵を握っている。

初期多細胞生物である海綿を例に上げると、海綿は単細胞生物が寄り集まって、海中ポンプの構造を形成した腸の原型ともいわれる生物である。その海中ポンプで海水の流動を促すことで、効果的に海水中の微生物やミネラルを効率よく吸収することができるようになったといわれている。

生物進化の過程では、このポンプの内側が次第に腸(最初の内臓)として進化し、さらにその周りに神経系や循環器系の組織を張り巡らせていった。実は私たちの身体の中で機能している心臓も脳も、元々は全て腸から進化した器官なのである。

つまり、腸は脳や心臓など人間にとって重要な器官の進化の大本であるがゆえに、現在でもホルモンや神経伝達物質を通じて相互に作用し合い、大きな影響を与え合っているのだ。





私たちは細菌、微生物によって健康に生かされてる、ありがとう〜!
細菌の話は本当におもしろいです。

帝王切開で生まれた子どもの免疫システムや腸内細菌が、経腟分娩の子どもと違うのは、やはり産道を通って生まれると、母親の膣内細菌や、糞便中の細菌にさらされるからだということは良く知られています。

その研究の発展の一部です。

キスでの細菌叢の交換については、私も患者さんに時々説明していました。
---------------------------
女性の細菌が健康と幸せを決める鍵
女性の保持する細菌が私たちの健康と幸福にとって重要!
だから女性に感謝、という面白い話し。

トロントを中心に活躍する微生物学者、JASON TETRO氏の研究結果なのだが…

2012年、人体内には100兆もの細菌microbiomeが存在していると発表され、長年の微生物学研究の中で、とりわけ細菌の健康との関係…

特に、母親や育児に関わった女性のmicrobiomesが、母親の産道から〜キスや触れ合い〜母乳〜など愛情深く育てられるなかで体内に入り、これらの女性由来の微生物が免疫系も含め人間の原初の健康の元になっているということが分かってきた。

育つにつれ、食べ物、環境、出会ったり関わる人達も似た細菌を保持していることが健康にいいと言っている…(自然に引き寄せられるのかもですが?)

パートナーを選ぶプロセスでも、キスで交換する口の微生物が潜在的なパートナーの免疫系を満たしたとき、いい反応が起こるらしい。

自分の保持する細菌や微生物 microbiomesの関係する免疫系が安心出来るかどうかで、相手を見分けていたとは…
実は、細菌たちが私達の人生の大きな決定をしていたのか?面白いな〜!

「あなたの菌が好きなの!」ですね〜

日本で言う“同じ窯の飯”を食べた仲とは…?このことを言い得ているのか?

お母さんが素手で磨いで炊いた、細菌一杯のごはんを、またまたお母さんの素手で漬けて揉み込んだ、細菌一杯のお漬け物と、自家製のこれまた細菌一杯のみそ汁と一緒に食べて、みんな健康で幸せになる!

やはり、小さい頃から充分なスキンシップ、母乳、お母さんの菌の入った手作りのご飯を食べて育つのが大事なのだな〜
だから、川の字で親子が一緒に寝る事も細菌的に大事なんだろうな〜!

私たちは細菌、微生物によって健康に生かされてる、ありがとう〜!





うつ病と腸内環境の関連性
うつ病と腸内環境の関連性 すごく興味深い

うつ病と腸って、関係あるの?うつ病になるから毎日下痢とかになるんでしょ?と思われた方は多いんじゃないでしょうか?一見関係無さそうな腸と脳の繋がりですが、実はアナタも身近で経験しているはずですよ!こんな経験はありませんか?

受験当日、テスト直前にお腹が痛くなってしまってトイレに駆け込んだ事。毎日快便だったのに、旅行先では何故か便秘になってしまった、など。心配事や環境が変わったストレスなど、実は「腸がココロの状態を如実に表していた」という経験は誰でもお持ちではないでしょうか?

実際に過敏性大腸症候群を患う人は、うつ病などの精神疾患を伴う事が多いと言われています。

腸は第二の脳:腸はココロを映す鏡

うつ病の原因としてセロトニン不足が挙げられますが、セロトニンが不足すると人はキレやすくなったり、落ち込みやすくなったり、やる気が出なくなったり、ぼーっとしやすくなってしまいます。

人が幸せを感じるのは、脳から分泌されるセロトニンやドーパミンが深く関与しています。セロトニンは歓喜や快楽、ドーパミンはやる気を感じさせる働きがあります。つまり、セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患に陥りやすくなります。

セロトニンは動植物の中に存在する物質ですが、実は脳内に2%、腸内に90%という割合で体内に存在します。この、たった数パーセントのセロトニンが人の精神状態を大きく支配するのですが、腸内環境が正常でないと、このセロトニンが脳まで上手く運搬されず、セロトニン不足になってしまいます。

セロトニンなどを増やす方法を探る研究の中で、腸内細菌の重要性が分かってきました。

スウェーデンのカロリンカ研究所では、腸内細菌を持つマウスと持たないマウスの比較実験が行われました。結果、腸内細菌を持たないマウスは、攻撃的な性格や行動が顕著で、危険を伴う行動が多く確認されました。

腸内細菌が活発である健康な腸は、セロトニンなどの神経伝達物質を生成し脳に送り届けるため、精神状態も良くなりやすいという事が分かります。つまり、精神的な病=精神的な理由で病む、のではなく、腸内環境の悪化が引き金となりうつ病になる事がある、という事が分かっています。

体だけじゃなく、性格にまで腸内フローラの影響が!こちらの記事にも腸内環境と脳の結び付きについて触れていますが、腸と脳の結び付きは様々な研究で明らかになっています。

うつ病などの心の病の人の腸を調べた実験では、一様に腸内環境が悪かったという報告がされています。

ストレスで悪玉菌増加!

様々な研究で、ストレスが腸内環境を悪化させる事が実証されています。

九州大学の研究で、ストレス時に分泌されるカテコラミンという神経伝達物質が大腸菌の増殖を促し、病原性を高める事が分かりました。

また、NASAの研究でも、宇宙飛行士の腸内では悪玉菌バクテロイデス菌が増殖していることが分かりました。これは宇宙空間という極度の不安や緊張を強いられたストレスが原因と考えられています。

他にも、阪神淡路大震災前後での被災者の腸内細菌を比較したデータもあります。これも同様に、被災者の悪玉菌は増加していた事が分かっています。

うつ病患者の腸内では善玉菌が少なく、悪玉菌がはびこっているのだそうです。また、腸内細菌そのものが少ないというデータもあります。

最近は、うつ病に投薬治療など副作用のリスクの伴う治療より、腸内環境を正常化させることこそが精神病治療である、という主張をする医師も増えてきています。精神病の薬には、副作用で自殺したくなる、というものもあります。

うつ病になってしまったら、医師の助言に従って薬を飲む事も必要ですが、腸内環境の正常化は自分でも出来ることで、健康のためにも良い事ですよね。

もし今うつ病に悩んでこのサイトを訪れた方がいたら、全力で菌活をオススメしたいです。
腸内環境が精神に大きく影響する事を知って頂きたいです。

腸脳相関:腸内細菌がココロの平穏を守ってくれる

アナタを守る!
この腸と脳の相関関係を「腸脳相関」と呼びますが、腸は精神的なストレスがかかると著しく機能に影響が出る事が分かっています。腹痛や下痢、便秘などはその代表格で、腸はストレスが溜まると働きが悪くなり、悪玉菌が増え、免疫力が低下するなど、腸内環境が悪化してしまいます。

ストレスが体に悪いのは百も承知!腸内環境が悪化すると肌荒れや様々な病気の引き金になる、など体調面でも大ダメージなので何とか避けたい!でも仕事や人間関係のストレスから全て解放されるなんて、どう努力しても無理ですよね?!

そこで、みんなの菌活的には乳酸菌を推したいわけですよ!

上述の通り、食べ物や生活習慣に関わらずとも、腸内環境には精神状態が影響してくるのですが、逆説的に言うと、腸内環境から精神面に働きかけることも出来るのです!ストレスを受けまくっても、乳酸菌を摂取して腸内環境を良好に保つことで、精神的なダメージから腸=体全体を守ってあげられる!というワケですね!

ストレスに対抗するには乳酸菌!

乳酸菌を摂取する事でストレスを改善出来るのか、実際に行われた実験があります。

ある医学部生に、最もストレスが溜まると言われている解剖実習期間中、乳酸菌発酵乳を4週間に渡って摂取して貰ったところ、解剖実習生が例年悩まされる不安や不眠スコアが大幅に改善出来たそうです。
また、乳酸菌発酵乳を摂取する事で、唾液中コルチゾールというストレスホルモンが抑制される事も確認できたそうです。

腸の働きをサポートする事で、精神的にキツイ解剖実験を、例年よりも学生さんが苦しまずに乗り越えられた、という素敵な実験結果なのですね!

あ、厳密に言うと、解剖が精神的にキツイ事は変わらなくても、精神的なダメージから来る肉体への影響を、乳酸菌を摂取して腸内環境を正常化する事で抑えることが出来た、という事ですね!

いずれにせよ、目からウロコ的な乳酸菌の使い方ですね!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。