愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベーキングソーダを使ってあなたの腎臓を自然に修復する方法
ベーキングソーダを使ってあなたの腎臓を自然に修復する方法




あなたが世話をするために、彼らは体内で最も重要な器官中にあるように、安全にあなたの腎臓を維持するために、そしてあるため腎疾患、例えば、腎臓結石や腎不全のよく来る痛みを伴う問題を回避するために持っています。




腎臓病の症例がある場合、腎臓はその効率を低下させるか、または完全に機能しなくなる。




ベーキングソーダを使ってあなたの腎臓を自然に修復する方法




一定の腎臓病の場合がある場合は幸いなことに、患者は殺すためにだけ1計画が付属して急性腎疾患のインスタンスにとして、対向に、長い時間のために生きることができます。




浄化されるためには、体内のすべての血液が腎臓を通過する必要があります。




次いで、毒素、尿素およびアンモニアは、ネフロンから膀胱にふるい分けられ、その後、尿として排出される。




私たちが食べるのはすべて血液に吸収され、それによって腎臓に浄化されるので、貧しい人々の食生活が腎不全の主な原因です。




水分を減らして飲むと、腎不全のもう一つの原因になる可能性があります。




腎疾患は、吐き気、高血圧の結果であり得る、尿、痛風、発作、膨潤した身体部分、糖尿病、及び肥満の量を減少させました。




腎不全の場合に最初に行うことは、体を脱水することです。




ベーキングソーダを混ぜた推奨量の水を飲むべきです。




これを行うには、体重をとり、それを定数20で割る必要があります。




この方法で、毎日飲むべきリットルの数を知ることができます。




これを行うことで、腎臓の状態が改善されます。




もう一つは、塩、紅茶、食品、飲み物などの体を脱水するすべてのアイテムを避けなければならないということです。




彼らは結晶砂糖、コーヒー、炭酸飲料、アルコールが豊富です。




この問題は、自然に治療し、感染やその他の腎臓の問題を引き起こす可能性のある製品や食品を避けると解決します。




毎日推奨されるタンパク質の量を超えて消費するべきではありません。




過剰なタンパク質の摂取は、あなたの腎臓に負担をかける可能性があり、より多くの損傷を引き起こす可能性があります。




ビタミンB複合体が豊富な食品は体内からのタンパク質除去を助けるため、食べるべきです。




あなたは果物、穀類、野菜をたくさん食べるべきです。




菜食を食べる人は血圧が低く、またそのシステムはアルカリ性であることが証明されています。




菜食を食べず、より多くの動物製品を摂取しない人は、酸性の体を持っています。




痛風、がんなどの重篤な疾患はアルカリ性の環境では生き残れないため、ベーキングソーダは理想的な解決策です。







スポンサーサイト
万病の元は血液の汚れ

綺麗な血液は健康な體を作ります。

その血液はどこで作られているのでしょうか?


ガス・便が臭い人、特に便秘の人は要注意です。

なぜなら…。

わたしたちの体内に絶え間なく流れている血液。

血液は動物の主要な体液で、全身の細胞に栄養分や酸素を運搬し、二酸化炭素や老廃物を運び出す重要な役割を果たしています。

地球上に酸素が無ければ人間は生きていけませんが、わたしたちの體の隅から隅まで血液が行き届かないと、いくら酸素があってもわたしたち自身が生きていけません。

わたしたちが生きるためには血液が大變重要なわけです。

そんな血液はどこで作られているのでしょうか?

骨髄造血と腸造血という2つの考え方があるようですが、骨髄造血は曖昧な推論で医學的にも矛盾点が生じ信憑性がないそうです。

『食べたものが血となり肉となる』という言葉がある通り、腸壁の絨毛から吸収された食物は腸管で赤血球に変化し、全身の臓器や器官に運ばれて腦・骨髄・脂肪組織・筋肉組織などの體の細胞に變化していくという腸造血が医學的にも信憑性がある理論だそうです。

わたしたちが食べ物を口にし、胃や腸などの消化器官によって、消化→吸収→造血されるわけですから、医食同源の言葉の通り、食事を上手に摂ることが本当に大切なことだと分かります。

血液にひとたび有害物質が入り込めばどうなるでしょうか?

全身に毒が回り、體が徐々に病魔に侵されていきます。

血液がドロドロになって流れが惡くなればどうなるでしょうか?

営養分・酸素を体に送り、老廃物・二酸化炭素を體から排出するという循環作業が滞り、體の機能が低下します。

冷静に考えれば簡単なことですが、これらの惡い現象を實現する要因がわたしたちの身の回りには實に多く存在することも事實です。

意識して少しでも體内に有害物質を入れないこと、飽和脂肪酸などのドロドロ血液の元となるものを體内に入れないことが重要です。

そして忘れてはいけないことがもう一つあります。

それは、わたしたちの體内でわたしたち自身がつくっている毒です。

動物性たんぱく質の摂り過ぎ、食物繊維・水分不足が原因で便が腸内で腐敗することによって発生する毒です。

特に日本人の腸は長いため肉をスムーズに排泄できず停滞してしまい、腸内で腐りやすくなってしまいます。

そして肉は腸内で腐ると発がん性物質になるほどの有害物質に變身します。

ですから、ガス・便が臭い人、特に便秘の人は要注意です(便秘藥という藥を飲むという行爲は、もっと要注意です)。

體が最も優先して守るのは心臓の機能だそうです。

心臓が止まり全身に血液が遅れないと他の臓器も全て死んでしまうからです。

そして心臓の次に優先されるのが解毒であり、消化・吸収よりも體に入った毒素を解毒することの方が體にとって急務であり優先されるそうです。

しかし解毒作業が優先され消化・吸収作業が停滞すると、今度は食べたものが腸の中で腐敗し、新たな毒を自分の手で自分の體内に作り出してしまうことになってしまいます。

血液の汚れが万病の元、腸内環境を整えることがとても大切の意味が、こうした説明を踏まえると理解出来ます。

體は全てつながっています。

解毒も大切ですし、消化・吸収も大切です。

紫外線・電磁波・環境ホルモン・有害化學物質など毒素は様々な形でわたしたちの體内に入ってきますので、少しでも有害物質を體内に入れないことを心がけましょう。

わたし達は口から食べ物を取り入れ、良く噛んで食べることにより唾液で消化し、次に胃で消化し、腸で吸収・造血・排泄を行います。

消化→吸収→造血→排泄を円滑に行える食生活を心がけましょう。

わたし達の身體の全ては摂り入れられた食物が腸で分解吸収されて、営養となり血液となり體の細胞の一つ一つになっていきます。

綺麗な腸内環境は綺麗な血液を生み出し、綺麗な血液は健康な體を作り上げます。

全ては腸から始まっています。

今日から腸を労り、感謝してみませんか?






知らないうちに弱っている肝臓と腎臓!
お酒を飲む人はもちろん、お酒を飲まない人も
実は肝臓や腎臓が気が付かないうちに
ずいぶん弱っている人が多いのをご存知ですか?
肝臓は血や肉になる食べ物を解毒します!
腎臓は代謝が終わった後の食べ物を排泄する
ための大切な臓器です!

スーパー・コンビニを利用する機会が多い現在、
私たちが食する一般的に多くの食べ物は、農薬や
添加物など化学物質が含まれている食品が多く、
その食べ物を食べることは避けられません。

「国の機関や食品安全委員会でも基準値以下であれば
問題ない」とはいいますが、私たちが素材と一緒に食
べているのは事実です。

そのような食習慣の影響で、お酒を飲まないくても、
肝臓・腎臓が弱ってきている現代人が多いようです。
食べ物以外にも、大気汚染や水、土壌とあらゆる
ものの汚染が避けられない現代では、
直接、間接を問わず、私たちの生活に影響するの
は避けられないのも事実ですが、結果、
肝臓や腎臓が悲鳴をあげるのは当たり前ですよね。
腎臓には、おもに精製塩と動物性タンパク質が
影響を及ぼしています。

動物性タンパク質は消化が悪いので酵素不足の
人は分解されないままという事も多く、
本来なら腸が異物と認識し排泄させるのですが、
アミノ酸の分子が小さいので腸が吸収してしまうのです!
これがアレルギーを始め、さまざまな原因となって
いると考えられます!

これが腎臓を詰まらせてしまうのです!
精製塩は化学物質の塩化ナトリウムですから、当然
腎臓に負担がかかります!

そして現代のような飽食の時代は、臓器が休む暇が
ないんです!

肝臓や腎臓を大切にすることが、健康はもちろん!
キレイを取り戻す食習慣に繋がり、
人間の添加物からの脱出に繋がるのです!


~対処法~
食事は妥協や認知性食欲(ニセの食欲)で食べる
のはやめましょう!
本当にお腹が空いたときか、これが食べたいと心の底
から思った時、体の声が聞こえた時に、
よく噛んで食べることが大切です!
そして、必ずお腹いっぱいになるまで食べない!
腹6から7分目で抑える!
お腹が空いたらまた食べればいい!
そして一番大切なのは、加工品の摂取を減らすこと!
添加物や農薬の少ない食材を選ぶこと!
また、残留農薬や食物の表面に付着する毒素などを
除去することなどもひとつの方法です。





【原因は様々で、基準値も人それぞれ】
【原因は様々で、基準値も人それぞれ】

病気や慢性疾患の原因は一つではありません。

様々な原因が心身の負荷となり、やがて発症します。

高血圧であれば、肥満、食生活の偏り、疲労、体内毒素、ストレス、気圧など

多くの原因が絡み合い、その割合は人によって様々です。

しかし現代医学は、数値だけを見て降圧剤というたった一通りの手段で治そうとするのです。

また、因果関係を単純化し過ぎたため、患者も単純にそれを受け止めてしまいます。

高齢だから血圧が上がっても仕方ないとか、そろそろ降圧剤が必要な歳になったとか…

また、その基準も時代によって変わっています。

「以前の基準は、間違ってたことが分かりました。今の基準では薬が必要ですね。そして塩分には気を付けてくださいね」と

白衣を着た医師に真面目な顔して言われると、患者もそれを信じてしまいます。

これでは、原因は加齢と塩分になってしまいます。

しかし、高血圧の原因は、生活習慣や食生活で、それを見直していけば、ほとんどの方が数か月で正常に戻ります。

また、その正常の基準値も人によって様々なので、基準値を気にするより、その原因に気づくことの方が大切です。



心筋梗塞 早朝高血圧の人は注意 起床とトイレはゆっくりと
冬の朝、起き抜けの心臓を襲う激痛-。

心筋梗塞の痛みは、人間が人生で経験しうる最大の痛みだといわれる。

そんな激痛も、命が助かるなら我慢もしよう。

苦しむだけ苦しんで、息を引き取るケースは少なくない。

しかも、ストレスが引き金となって…。

Nさん(38)は、小さな卸業者の社長さん。

父から受け継いだ会社だが、業績は悪い。

社長とは名ばかりで、金策に駆け回る日々だった。

そんなNさんが倒れたのは昨年の1月の朝のこと。

目が覚めてトイレに行き、用を済ませたときに発作が起きた。

胸が焼けるように痛い。

妻が呼んだ救急車で病院に運ばれ、検査の結果下された診断は「心筋梗塞」だった。

すぐに救急車を呼んだことと、近くに心臓専門の病院があったことが幸いし、命だけは救うことができた。

しかし医師からは、「ストレスがある限り、いつ再発してもおかしくない」と警鐘を鳴らされている。

 「ストレスが心筋梗塞の原因になることは珍しくない」と語るのは、大森赤十字病院心臓血管外科部長の田鎖治医師。その理由を聞いた。

 「精神的なストレスも、寒さなどの器質的なストレスも、交感神経を緊張させます。体の各器官には、交感神経が優位になると出るアドレナリンに反応する受容体があり、これが反応すると心臓では頻脈が、血管では収縮が起きるし、血液も固まりやすくなるため、心筋梗塞が起きやすい状況に陥ります」

 寒い朝は特に危険だ。中でも最近注目されている“朝方に血圧が上がる人”、つまり「早朝高血圧」の人は、特に要注意だ。

 「布団から出るときは、勢いよく起きるのではなく、ゆっくり起きるほうが安全。また、一気に排尿すると失神することがあるので、尿意を感じたらあまり我慢せずに、小まめに出すほうがいい」

 そう語る田鎖医師によると、精神的なストレスがある人は、そうでない人と比べて1・5倍も心筋梗塞のリスクが高い-という国際的な研究結果も出ているという。

 現代人の心臓を守るには、「ストレス解消と日頃からの血圧管理」は必須事項なのだ。  (長田昭二)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。