愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【人体は細胞と細菌の超有機体】
【人体は細胞と細菌の超有機体】

人体は結局の所、自分できっちり何もこなしているわけではなく、
それほど独立した存在でもない。

人体はむしろ複雑な生態系のようなモノで、
皮膚や生殖器、口、特に腸にいる何兆もの細菌や微生物が合わさった
社会ネットワークと見なすことが出来る。

人体の中に有る細胞の大部分はヒトのものですらない。

人体にはヒトの細胞の10倍モノ数の細菌が居る。

こような微生物の生態系は『マイクロバイオーム』や『細菌叢(そう)』と呼ばれている。

そこに含まれる細菌やその遺伝子は、人間にとって危険なモノではなく、消化から免疫応答に至る基本的な生理機能を助けてくれる極めて重要な存在になっている。

子宮には通常、細菌がいないので、新生児は最初、無菌であり、共生微生物とは無縁である。

しかし、産道をくぐり抜ける際に、母親の共生微生物が身体について増え始める。

子供が母乳を飲んだり、両親や祖父母、兄弟や友達と接触する間に微生物は急速に拡大する。

シーツや毛布、ペットとの接触でも、もちろん増える。

乳児期後期には、地球上で最も複雑な微生物生態系を抱えるまでになる。

ヒトの消化器官にいる微生物の遺伝子の数は330万個(1000種類以上)

ヒトゲノムに存在する遺伝子の2万~2万5000個の約150倍






スポンサーサイト
ボツリヌス菌。
ボツリヌス菌。

人類の気が遠くなる未来に生き残るのは、間違いなく我々人間や動植物ではなく、細菌、ウィルスだと思う。

何度も死にかけては生き延びる。

生き延びたとたんに、新たな生命力を身につけ、水面下で子孫繁栄のチャンスを狙うのだ。

このボツリヌス菌は、その中でも最強を誇る王者の座を狙えるだろう。

昨年、鳥インフルエンザウイルスに関する論文が発表されましたが、この論文の中で鳥インフルエンザウイルス以上に強力な毒素を作り出す細菌が指摘されていたことが明らかとなりました。

その菌とは、医療にも用いられているボツリヌス菌の一種。

新しい種類のボツリヌス菌が出すボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)が驚くほど強力だといいます。

新しく発見されたボツリヌス菌は、これまで確認されていた系統樹の7つの枝とは異なる8つ目の枝。

ボツリヌス中毒症の乳児の糞便検体から発見されたものといい、「タイプH」と呼ばれています。

このタイプHが作り出す毒は、2ナノグラム(10億分の2グラム)を注入しただけで成人を死に至らしめ、13ナノグラム(10億分の13グラム)を吸入しただけで成人を死に至らしめスプーン1杯分を水に混ぜただけで都市の水供給が壊滅的打撃を受けるほどの威力。

あまりにも毒性が強く危険なため具体的な遺伝子配列を記した論文は発表を当面差し控えるという学会始まって以来の異常事態となっています。

さらにタイプHは、新しく発見された種類のため既存の抗体は効かず、現時点では毒に対して有効な対処法を人類は持っていません。

ボツリヌス毒素は、第二次世界大戦当時から生物兵器として研究が進められてきたもので、最近では湾岸戦争時にイラクが平気として保有していたのをはじめオウム真理教が実験を行っていたなどテロリストに保有されやすい側面を持ちます。

スタンフォード医学大学院のデビッド・レルマン教授は、このボツリヌス毒素について「この物質は瞬時に甚大なリスクを社会に及ぼすものだ」と話しています。

非常に強力な上、対処する方法が発見されていない新型ボツリヌス菌。

現在は機密保持されてるとのことですが、テロリストの手に渡れば人類が破滅する可能性もありそうです。

ボツリヌス菌は、食中毒 を起こす細菌である食中毒菌の一つに数えられています。

食中毒菌は感染型の食中毒菌と毒素型の食中毒菌とに大別されますが、ボツリヌス菌は、ブドウ球菌とともに毒素型の食中毒菌の代表です。

感染型の食中毒では、食物中の感染型の食中毒菌が、食物と一緒に口の中に入り、ヒトに感染を起こします。

これに対し、 毒素型の食中毒では、食品中で毒素型の食中毒菌が増殖し、増殖に伴って毒素を作ります。

この毒素が食品とともに口の中に入って吸収され、ヒトに中毒を起こします。

ボツリヌス菌による食中毒では死者が出る場合もあります。

このボツリヌス菌の毒素の毒性の強さから、ボツリヌス菌の毒素が、テロリストによって生物兵器として使われるのではないかと心配されています。