愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本製の割り箸を作り始めてほしいなぁ
日本製の割り箸を作り始めてほしいなぁ...多く出回っているのは健康によくないと思う。
日本では 間伐材や端材を利用してたし、防腐剤を使ってなかった。

My箸そういえば買ってたのでもう一度見直し!
.......................................................................................................
日本で使われている割り箸のうち、日本製が3%で、97%が中国製の輸入のようです。



OPPは、オルト・フェニル・フェノールのことで

有害成分で農薬などにも使われています。

竹の割り箸は、

基準の9倍にあたる88ppmも検出されます。

この高濃度に汚染されたの竹の割り箸を

熱湯に30分つけると、

60度では0.225mg(23ppm相当)

95度では0.357mg(36ppm相当)

溶け出すことが確認されました。

この箸を口に入れたり

味噌汁や鍋物を食べると、

高濃度のOPPを飲み込んでしまいます!

OPPは、発ガン性が指摘されています。
 
漂白された白い竹の箸は

高濃度な二酸化硫黄が残留しています。

中国から輸入された竹の割り箸は、

見た目にも異常なほど漂白されています。

これは亜硫酸ソーダに浸すことから、

残留物の二酸化硫黄が高濃度のまま染み込んでいるのです。

厚生労働省の調査では、

割り箸32製品のうち7製品から

二酸化硫黄が検出され問題化しています。

この中国産の割り箸を水槽に入れたら、

金魚で死んでしまうショッキングな話が紹介されました。
※動物実験された金魚ちゃんは、とてもかわいそう。
 真似しないようにしましょう~。

二酸化硫黄は刺激臭があり、

目やのどを強く刺激して

気体を吸い込むと

ぜんそくの引き金になると言われています。
 

中国産の箸は

森林を全て切り倒し洪水危機も深刻化しています。

日本人が1年間に使う割り箸の数は250億膳に達し、

1人当り200膳です。

日本ので使われている割り箸の97%が

中国から輸入されているものです。

その中国では白樺などの木を丸ごと使ってしまうため、

森林を全て切り倒す事態が起きています。

そのため自然破壊や洪水危機が深刻化しています。

250億膳は、

1戸建住宅の17000戸に匹敵する木材量です。

日本では間伐材や端材を利用していたため、

むしろ環境によいとされてきました。

また防カビ剤を使わない作り方をしているために、

価格競争に負けて

危険性のある安い中国産の進出を

許してしまったのです。

中国産は1.3~2円/膳、

日本産は5円以上もします。

中国における健康被害は

大気ばかりでなく

日常で利用する割り箸にも及んでいる。

上海のレストランで食事をとる客が

お湯のなかに割り箸を入れたところ、

すぐにお湯が濁ったことがきっかけで、

上海青年報が取材を行った。

取材は上海近辺の浙江省にある複数の

割り箸工場で行われた。

これらの工場は割り箸を

高濃度の過酸化水素で洗浄した後に、

石蝋で滑らかにする工程が発覚した。

工場を出た割り箸は簡易な包装の後に

上海の食卓に上っている。 

過酸化水素は強い腐食性を持つうえ、

これらの工場で使われているものに重金属などの

有害物質が含まれていると専門家は指摘した。

光沢剤に使われる石蝋も人体に蓄積しやすく、

結石を促す可能性があるという。

中国は毎年800億膳の割り箸を生産し、

世界各国に輸出している。






スポンサーサイト
【遺伝子組み換え食品】
◼️【食べ物➡︎血液➡︎細胞➡︎心と身体】のながれが基本です!

◼️【食品添加物一杯、農薬一杯、抗生物質一杯、成長ホルモン一杯、化学物質一杯】の食べ物を毎日食べて、【健康な心・健康な体】は作れません!

◼️【遺伝子組み換え食品】を食べさせた牛・豚・鳥肉は大変危険です!

◼️草だけ食べてきた牛は、約20年生きるが、遺伝子組み換え食品を食べさせた牛は約5年しか生きられないと?
当たり前
当たり前

今の世の中、当たり前の事が当たり前でなくなっています。

しかも、それを皆、不思議に思わないみたいですね。

大体において、昔は農薬や化学肥料なんて使っていないのが普通でした。
ところが今では有機栽培や無農薬・無肥料の自然農法の野菜に、わざわざそれら農法を謳って販売しています。

でも、本来は皆そうであるのだから、今の化学肥料や農薬を使用して作っている野菜にこそ、“農薬、化学肥料使用”と表記してもらいたいですね。

日本酒だって、米と麹だけで作るのが本来の日本酒なのに、純米酒っておかしくないですか?

日本酒は純米酒が当たり前なのだから、純米酒以外のお酒に“醸造用アルコール使用”とでっかく表記してもらいたいものです。

そんな当たり前のことを、当たり前にして作ったリンゴが“奇跡のリンゴ”って意味が分からん。

今の世の中は、当たり前のことを行うことが、もはや奇跡なのだそうですね。

茶には癌予防の作用があるとされています。
よくいわれていますがお茶には癌予防の作用があるとされています。

これはおそらく確かでしょう。

他にも動脈硬化の予防効果などがいわれていますが、これも現実的には期待できるかもしれません。

そもそも日本人が昔から健康を保ってきた一文化がお茶であり緑茶です。

茶道という言葉がありますが、健康だけでなくそれ以上の意味も持つ飲みものであることは忘れてはならないことです。

お茶には成分比の高いビタミンA,B、C、葉酸などが入っており、SOD作用があるカテキンも入っています。

アミノ酸であるテアニンも入っていて悪い事ばかりではありません。

お茶の悪影響としてカフェインがいわれていますが、確かにこれは興奮性物質でありいいことばかりではありません。

しかしカフェインはいろんなものに入っているので、私はあまり悪とばかり言ってません。

コーヒーにも紅茶にも入っていますが、例えばコーヒーは単体なら良い効果があることもわかっています。

現代コーヒーの問題の一つは砂糖になりますね。

お茶論に限らず言いたいことですが、健康の情報をうのみにせず自分の合う合わないに照らし合わせて考えてもらえば結構です。

最も重要なのは、お茶やコーヒー、紅茶にも使われている農薬の問題なのです。

農薬が入っている限りそれはもう健康食品といえるレベルではありません。

残留の有無や量など枝葉の問題なのです。

ペットボトルのお茶はニセモノやショボイものも多いので注意していただければと思います。

衛生状況、食べ物の普及、医学の部分的な進歩に伴い寿命自体は伸びてきました。

その要素をいろんな昔からの食べ物が支えてきたことも確かです。

しかし現代はそれを失っているということが重要な課題です。

病院が減り医者が集約され、食が規制され毒が減り、電気や電磁波に対しての規制がすすみ、その他現代にまつわる多くのものが見直され規制されれば、必ず人間は今より健康にはなるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。