愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
世界最凶の発がん性物質=二酸化チタンが何故、日本の多くの食べ物に!?

世界最凶の発がん性物質=二酸化チタンが何故、日本の多くの食べ物に!?

なぜ私たちの食品中に二酸化チタンが入っているのか?

この化学物質は栄養素ではない;それは全く不溶性で、粉末ガラスを食べるに等しい!

アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質の中に、二酸化チタンを挙げている。 


それは、喘息、癌、腎臓病、アルツハイマー病、そして不妊の原因と考えられている。


インターネット上に、この化学物質を上記の疾患に結びつけている多くの動物を使った研究報告が存在している。

国際がん研究機関(IARC)は、それをIARCグループ2Bの発癌物質「おそらくヒトへの発癌物質」として分類している。

二酸化チタンは、化粧品や、錠剤を作るための充填剤としてビタミンや他の薬で使用されている。

しかし、それはまた脱脂粉乳、チーズ、ヨーグルト、マヨネーズ、チョコレート 、マシュマロ 、加工されたファーストフード、トマトケチャップで使用されている。

それは、人間が食べる動物に食べさせられている。

二酸化チタンは、世界中の顔料の総生産量の70%を占めている。

それは広く、塗料、プラスチック、紙、インク、食品、歯磨剤などの製品に白色性と不透明性を提供するために使用されている。


それはまた、化粧品やスキンケア製品に使用され、そして、紫外線から肌を保護するのに役立つほとんどすべての日焼け止め中に存在する。

二酸化チタンは、ユニークな特性を有する金属酸化物である。

これは硬度でダイヤモンドに匹敵し、そして優れた電気的特性のために注目される。


しかし、なぜ食品中に?

「2020年には人口は100億になる。誰もそんな世界に住みたくはない。出生率を下げるか、死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに効率的に死亡率を上げる事が出来る。また飢餓や病気を拡大させる事も人口調節に有効である」


米国国防長官ロバート・マクナマラ

「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。現在の80億人は多すぎる。」


ディビッド・ロックフェラー

「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告


:グローバル2000(資金源:ロックフェラー財団)

「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を中心とした白人だけの楽園が出来る。それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説


化学性毒性物質のアスパルテームにしろ、

この発がん性物質=二酸化チタンにしてもそうだけど、

何故、日本の厚生省は、あっさり認めているのだろう。

最凶の発がん性物質という意味では、抗がん剤も同じだね。

協力しているのかな・・・人口削減に

だから、放射能にもどんどん被曝させる政策を推進しているのか。

日本国民は、このような役所に命を預けているって事ですね。

何も知らないのは、国民だけかもしれないね・・・・






スポンサーサイト
【食品添加物と腸内環境】
【食品添加物と腸内環境】

江戸時代までの食品は自然素材を活かし

手間を惜しまない日本特有の食文化でした。

その頃から天然由来の添加物は使われており

それは保存目的であったり栄養価、旨みなどが重点に使われていました。

豆腐なら海水由来のにがり、こんにゃくに石灰、着色にくちなしやベニバナなどです。

明治に入り工業化が進み、食品も工業生産化されるようになっていきました。

昭和30年から高度成長期に入り、40年以降には市場が大きく拡大化され

食品は、利益、効率化が最優先される時代に入りました。

その影響から安全面は二の次になっていったのです。

本来、栄養価や旨みを出すために、手間を惜しまず使われていた天然由来の添加物は

このような流れの中で化学的に作られた添加物が使われるようになったのです。

手間や費用をかけずに、安く提供することが目的へと変わっていったのです。

それにより、食事内容も和食からファストフードやパン、パスタなどが増えていきました。

では、これらの食生活の変化がどのように身体に影響を与えるのか?

繊維質のものが極端に減り便秘の人が増え始めました。

そして、化学的な添加物で腸内菌がダメージを受け

腸内環境が悪化していったのです。

腸といえば、自律神経を司っています。

その自律神経のバランスが崩れると免疫力が下がり

血流や代謝も悪くなってしまいます。

これらが原因となり、癌患者、アトピー、難病、低体温が増えていると思われます。

手軽で便利、そして安いは、良いことばかりではないのです。

その影響が腸内環境の悪化、そして不調や病気に繋がっていると思います。

身体に入る化学物質は添加物だけではありませんが

食事は日々、口から入れる物ですから意識して腸内環境を整えたいですね。





【添加物がどんなに恐ろしいか知りましょう!】
【癌の原因】

●放射線 ●ウィルス ●化学物質
(添加物、残留農薬、合成洗剤、抗菌剤、殺虫剤、香料、トリハロメタン、排気ガス、ダイオキシン・・・。)

添加物には、石油製品などから化学合成された食品添加物「合成添加物」と、
自然界の植物や海藻、細菌、鉱物、昆虫などから特定の成分を抽出して作られた天然添加物。

もちろん危険性が高いのは合成添加物です!

添加物のリスクは癌だけではありません。
肝臓や腎臓などの臓器にダメージを与えたり、
免疫やホルモンの異常、
細胞の遺伝子の突然変異など

自然界にないこれらの合成添加物は私達の体で消化分解することが出来ません!
これらを消化分解する酵素はないからです!

そして、これらを私たちの体から排泄することもなかなかできず、太ったり、肌荒れ、
そして恐ろしい病気をひき起こしてしまうのです!!

毎日、なにげなく食べているもの!
それらが本当に怖い食べ物だという事を勉強してください!

ある意味、現在の日本はサバイバルです!

自分や家族の命を守るのは、自分しかいないんです!

もう誰も守ってくれない・・・それどころか、病気になり苦しむようにしむけているのではと思うほど、

営利目的のために(利便性などを求めすぎたために!)恐ろしい食品がはびこっていることに気付きましょう




【醤油の選び方】
【醤油の選び方】

1リットル198円のスーパー特売の醤油があれば、500mlが1000円以上の3年熟成の醤油もあります。
節約して家計をやりくりする主婦にとっては、当然安い醤油はありがたいのは当然です。

では、どう違うのか?

昔ながらの製法で作られている醤油は、手間と時間をかけて作られています。
1~3年以上もかけて作られていて、原料は大豆・小麦・食塩のみ。
そこから生み出される「旨味」は奥深く、甘味や酸味、香ばしさなど、化学で解析できないぐらい複雑な味をかもし出しているのです。
ほんの少しの量を入れるだけでも、旨味が増します。

そして、発酵効果で、本来その食品には無かった質の高い新しい栄養成分を生みだします。
また、腸内環境を整える事で、デトックス、免疫力を高めます。
血圧や血糖値を下げたりする効果も認められています。

一方、安い醤油は確かに醤油のような味がしますが別物なのです。
製法も全く違い、安い醤油の主原料は、大豆油を絞りとった後のかす(脱脂加工大豆)で作られています。
これを塩酸で分解すると、醤油のベースとなるアミノ酸液ができます。
ここに、旨味はグルタミン酸ナトリウムで、甘さは甘味料、酸味は酸味料、濃くととろみは増粘多糖類、色はカラメル色素、日持ちするように保存料などの添加物を入れ、最後に少しだけ本物の醤油で香り付けをします。

いわば、安い原材料と添加物で作られた物ですので、本来の発酵食品としての働きが期待できません。

これらの違いを知った上で、選びましょう。





【今、世の中に溢れているもの】
【今、世の中に溢れているもの】

①化学物質

食品添加物
大気汚染
農薬、化学肥料
遺伝子組み換え

②現代食
ビタミンミネラル不足な農産物
未発酵な味噌や醤油
精製された砂糖や塩
加工食品

これらが増えるに比例し、がん患者、アレルギー、アトピー患者、うつ、精神疾患、難病患者が急増しました。

当たり前になりつつある現状を当たり前にならないようにしたいですね。

未来ある子供たちのためにも。