愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
「頭を悪くさせるウイルス」に44%の人が感染していたという事実が発覚
感染すると脳の海馬に影響を与え、人間の認識能力を低下させるウイルスの存在が報告されました。

調査では被験者の44%が感染していたこのウイルスの感染経路は不明で、人体には「無害」であるとのこと。

Chlorovirus ATCV-1 is part of the human oropharyngeal virome and is associated with changes in cognitive functions in humans and mice
http://www.pnas.org/content/111/45/16106.abstract

Scientists Discover a Virus That Subtly Changes the Brain to 'Makes Humans More Stupid'
http://www.ibtimes.co.uk/scientists-discover-virus-that-subtly-changes-brain-makes-humans-more-stupid-1474010

今回のウイルスはネブラスカ大学とジョン・ホプキンス医大の共同研究によって偶然に発見されたもの。

研究者らはもともと別の目的で研究を行っていたのですが、健康な人の喉からATCV-1というウイルスと合致するDNAが発見されたことが「人の頭を悪くさせるウイルス」の報告につながりました。

ATCV-1はこれまで湖や池で緑藻類に感染しているものが発見されており、人間には感染しないと考えられてきましたが、今回の発見で「人間にも感染すること」と、さらに「感染すると認識能力の低下をもたらすこと」が分かりました。

調査は92人の健康な被験者を対象としていたところ、そのうち44%の人の喉からATCV-1が採取されたため、研究者らは彼らの脳の視覚情報の処理速度と正確性、そして集中時間のスパンを測定。

その結果、喉からATCV-1が採取された人は採取されなかった人に比べて7~9点ほどテストの得点が低かったそうです。

その後、さらに研究を続行し、今度はハツカネズミの消化管にATCV-1を注射してウイルスの影響を観察しました。

ATCV-1を注射したハツカネズミとそうでないハツカネズミを迷路の中に入れたところ、ATCV-1を注射したハツカネズミは道を見つけるのに時間がかかると同時に、新しい障害物や新しくできた道には注意を払わないという結果が観測されました。

ATCV-1はマウスの海馬に影響を与え記憶や学習能力、シナプスの可塑性に関わる遺伝子を書き換えていることが判明し、ATCV-1に感染した人は注意力が散漫になり、空間認識能力も低下すると考えられているわけです。

免疫系を攻撃せずに人間の体に影響を及ぼす微生物の存在が証明されたのは、これが初めてのこと。

研究を行ったRobert Yolken教授は「これは『無害の』微生物が人間の振るまいや認識能力に影響を及ぼす顕著な例です。

多くの人は親から受け継いだ遺伝子によって区別されますが、いくつかの遺伝子の変更は微生物によってもたらされます」と語りました。

なお、ATCV-1の感染経路はまだ確認されておらず、「ATCV-1が池の中に存在するから泳ぐのをやめよう」という手段では感染を防げない可能性もあります。

「今回の発見はまだ始まりに過ぎません。エボラ出血熱やインフルエンザのように、体にダメージを与えて去って行くウイルスもありますが、人体にダメージを与えずに影響を及ぼすウイルスはATCV-1の他にもあるはずです」とYolken教授は語っています。





スポンサーサイト
【風邪とウィルスの関係】
【風邪とウィルスの関係】

基本的な風邪の起こる理屈をおさえておきましょう。

私達のカラダには知らず知らずに毒素が溜まっていきます。

ちょっとドブ川をイメージしてください。

自分のカラダをドブ川になぞらえるのは抵抗があるかもしれませんが、この際、まぁだいたいそんなものだと覚悟して下さい。

ドブ川の上の流れはいつもきれいな水が流れていますが、底のほうには、ヘドロが溜まっています。

カラダで言うと、血管壁、内臓脂肪、皮下脂肪なんかを想像してもらえると良いかもです。

普段、上の流れだけでまかなっている血流や内臓のキャパも、ここ一番というときには、フル活用しなければならないときがやって来ます。

急な運動、無理を押しての仕事、暴飲暴食はみな、カラダのキャパをいつも以上に使おうとするときですね。

そんな時は、ざーっと1度、底流に溜まったヘドロを大掃除してやる必要が出てきます。

風邪のウイルスは、そういう時に溜まったヘドロをかき回しに、カラダに浸入してくるのです。

かき回されるので、いったん川の流れはにごります。

体液中に浮き上がってきた毒素を排泄するため、カラダは下痢や嘔吐を起こし、また、発汗のために熱も出るのです。

つまり、内臓や血流の働きのキャパを広げようとした時にこそ、風邪をひくようになっているわけです。

まわりで風邪をひいている人に、そっと教えてあげてください。

「風邪をひいたら、あなたの能力がひとつ上がるんですよ」

   
ここで「ウイルス」の考察をしておきましょう。

ウイルスとは、DNA(あるいはRNA)を核に、タンパク質の殻(から)だけをまとった非常にシンプルな構造物です。

生物なのか、生物でないのか…

「自己増殖」するという点で、かろうじて「生きている」と言えるものです。

病原体として、細菌とウイルスを同じようなものだと思っている人も多いと思いますが、細菌とウイルスとでは、存在自体、かなり異なるものなのです。

まず大きさが全然違います。人体を地球に例えると、細菌の大きさは地球上を歩く「象」くらい。

そして、ウイルスは「テニスボール」から「米粒」くらいの大きさなのです。
(ウイルスは、細菌にも感染できるんですよ!)

では、ウイルスの増殖の仕方を知っておきましょう。

ウイルスというのは、自分で細胞分裂ができません。細胞という形態をとらない核とタンパク質だけの構造だからです。

だから、自分の仲間を増やすためには、自分とは別の生物に侵入し、その細胞のコピー機能を借りて増殖します。

自分の遺伝情報を宿主の細胞のDNAに書き込むわけです。

書き込まれた側の細胞の方では、そうと気づかないままDNAをコピーしていきます。

ウイルスはこうして他力(感染した宿主の力)で、自分の仲間を増やしていくわけなんですね(かなり巧妙です)。

ウイルスにのっとられた細胞は、本来の自分とは違った情報をもった細胞になってしまうので、これは、免疫の攻撃対象となってしまいます。

ところが、免疫細胞というのは、ウイルスだけを狙い撃ち攻撃することができません。

では、どうするかというと、ウイルスに感染した細胞ごと攻撃してしまうのです。

ウイルスに感染した細胞が多ければ多いほど、免疫が働いてどんどん細胞が破壊されます。

さて、以上のしくみで、ぜひおさえておいてほしいのは、

ウイルスは私たちのDNAに、「何らかの情報を書き込むだけだ」ということ。

その情報に過剰に反応して症状を拡大するか、適度な反応におさめてしまって共生するかは、宿主側である私たちの問題なのです。

こちらがウイルスの書き込んだ情報に過剰反応すればするほど「早く壊さないとー」ってことで免疫が過剰に働きます。

結果、発熱とか炎症とかが起こるんですね。

今回はこの仕組み、よーく覚えておいて下さいね。





「アメリカが、エボラウィールスを開発」
2014/10/01(水曜) 23:48
「アメリカが、エボラウィールスを開発」

アフリカ西部リベリアの新聞、デイリー・オブザーバーが、アメリカがアフリカで流行しているエボラ出血熱のウイルスを開発を報じました。

デイリー・オブザーバーは、科学的根拠を挙げ、エボラ出血熱のウイルスを開発したのは、アメリカであるとしました。

この報告で、「アメリカは、アフリカで秘密活動を行い、合意書200という暗号でこの地域でエボラ出血熱を流行させることを計画した」とされています。

同新聞に掲載されたブロドリック教授による記事では、「エボラ出血熱のウィルスは、GMO・遺伝子組み換え生物として、アメリカの軍事工業会社によって開発され、この会社の全ての秘密実験はアフリカで行われている」とされています。

この報告によりますと、このアメリカの計画の目的は、アフリカの人口を減少させることだということです。

エボラ出血熱は、2012年3月、ギニアで流行し、そのあと、近隣諸国に広がりました。

WHO・世界保健機関は、エボラ出血熱は、リベリアの隣国コートジボワールにも広がるさ可能性について警告を発しています。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48835-%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8C%E3%80%81%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%92%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%8D





エボラ出血熱
すでに日本人でも感染者がでている有色人種を駆逐するために開発された生物兵器『 エボラ出血熱 』ですが、今回、ヒトからヒトへと感染する過程で300回以上の遺伝子変化が発生していたとされていますが、ウィルスも含め生物の進化には最低でも数十万年の時間が必要なのに、この異常な早さでの遺伝子変化は明らかに人工的なものだとバレバレ・・・それはさておき、『 エボラ出血熱 』の死者数ですが前月の2倍となっているので、このまま指数関数的に増加していけば、我々有色人種は2016年の夏には滅亡しちゃいますね・・・。

【 エボラ出血熱、ウイルスの遺伝子が急速に変化!今まで300回以上も変わる!専門家「ウイルスが突然変異していることが分かった」 】

数ヶ月前から西アフリカなどで爆発的に増加しているエボラ出血熱ですが、今年のエボラ出血熱は前と比較して遺伝子が変化していることが判明しました。

ハーバード大学のパルディス・サベティ氏によると、シエラレオネでエボラ出血熱に感染した患者を調査したところ、ウイルスがヒトからヒトへと感染する過程で300回以上の遺伝子変化が発生していたとのことです。

遺伝子変化は今後も続く恐れがあり、開発中のワクチンや治療薬、感染防止対策等に影響を与えることになるかもしれません。

私もブログ上で何度か「今年の増え方は変だ」と書いていましたが、300回も遺伝子が変化しているとは驚きました。

生命の力と言うべきか、ここまで変化するのは凄いです。

やはり、今回のエボラ出血熱は「前とは違う」ということを意識した方が良いと思います。

☆エボラウイルスに急速な遺伝子変化、シエラレオネの研究が指摘
URL http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GT0JV20140829
引用:

[シカゴ 28日 ロイター] - シエラレオネでエボラ出血熱に感染した患者からサンプルを採取して行われた遺伝子研究によると、ウイルスがヒトからヒトへと感染する過程で300回以上の遺伝子変化が起きていたことが明らかになった。

同研究を主導したハーバード大学のパルディス・サベティ氏は「ウイルスが突然変異していることが分かった」と述べた。

研究結果は、ウイルスが急速に突然変異し、現在の診断法や開発中のワクチン・治療薬の有効性に影響を及ぼす可能性を示唆している。
:引用終了

エボラ出血熱感染者数、3,069人に 将来的に2万人超えるおそれも
https://www.youtube.com/watch?v=mfCiWj_6UGQ

エボラ出血熱でWHO 感染者2万人超のおそれ
https://www.youtube.com/watch?v=fppBozilngw

関連過去記事
☆富山化学工業がエボラ出血熱の新薬「ファビピラビル」を開発⇒富士フイルム株が急騰、年初来高値に!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3461.html





◆特別ゲスト│インフルエンザ様
◆特別ゲスト│インフルエンザ様

わたし、インフルエンザです。

毎年、早秋に流行が始まり、冬季にピーク
を迎え、晩春には終息するのが一般的です。

ところで、なんで毎年、
わたしは登場するのか…

はしかとか風疹とかなら、
ワクチンを1回打てばほぼ一生かからない
と言われるのに…わたしの場合、
ワクチンを毎年うつのはいったいなぜか?

それは、わたしが持つHA、NAという
2種類の表面の突起(たんぱく質)
がありますが、この抗原性を
よく変えてしまうからなんです。

あなたのカラダの免疫細胞さんたちが
「抗体」をつくるためにサインとなる
突起を毎年変えてしまうわけですから…

わたしは「免疫パトロール」を
かいくぐる術を心得ている。。。

というわけですね。

でもまあ、そうまでして、
あなたのカラダにお伺いするのには、
ちゃんとした理由があるんです。

わたしの目的は、

①あなたがたのカラダの
 血液循環を促進すること

②沈着した金属毒素の排泄を促し、
 ミネラルバランスを整えること

③熱の発散

の3つです。

筋肉をあまり動かさず、感覚神経系が
鈍化している方は要注意ですよ。

逆に言うと、

①よくカラダを動かし
②血液循環がしっかりしていて
③金属毒素の排泄がうまくいっている

そんなカラダには、わたしは
侵入しにくいということです。

そして、わたしが特にターゲットに
しているのは、金属毒素の中でも…

「鉛」です。

鉛は、道を歩いていても、ガソリンに
含まれていますし、古い水道管には
鉛が使われているケースが多いです。
髪の毛を染めるヘアダイにも含まれます。

鉛に限らず、重金属の毒素は、
普通に生活していてもカラダに蓄積して
いきますので中々防ぎようがありません。

…で、なぜ、そんなものを狙うのかって?

基本的に、こう考えてくださいね。
わたしたちウイルスはあなたのカラダの
反応に「引き寄せられて」浸入します。

特にわたしは「高熱」を発しますから、
カラダに溜まった金属毒素なんかを
燃やしてしまうのに最適なんですね。

カラダとしては、機能を高めたり、
より健康になるために、
溜まった毒素を何とか排泄したい。

でも、重金属なんかは一度溜まると
なかなか排泄されないんです。

そうするとミネラルバランスが崩れて、
ミネラルイオンなどにより調節されている
体液の流れに不具合が生じます。

この状況を何とかするためにカラダは
わざわざ、我々ウイルスを招き入れてまで
「炎症」を起こそうとするんですよ。

尿、便などの一次排泄で足らない分を、
熱とか下痢とか湿疹とかを使って、
二次排泄しようとするんですね。

***

鉛がカラダにたまってしまうと、
神経組織に異常をきたします。
感覚が鈍化してしまうんです。

さらにそれが運動神経に影響を及ぼすと
筋肉の衰弱を起こします。

また自律神経に至ると、
腸の働きに異常が出ます。

鉛はさらに動脈にもたまりやすいですから
肥厚して動脈硬化の要因ともなります。

そして、このようにカラダに
鉛をためてしまう背景には、

「憂鬱」
「メランコリック(せつない)」
「無気力」

という心理的な感情蓄積
という背景があるんです。

これらの感情と鉛がドッキングすると、
カラダの不完全燃焼、くすぶる体内熱の
増加を引き起こしてしまうんです。

カラダにとっては、、、
よくないですね、この状況は。

…というわけで、わたしが
呼ばれてしまうわけなんですよ。

つまり、わたしは、、、

カラダの要望にお応えして
お手伝いをしているだけなのです。

おわかりいただけましたでしょうか?