愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
心停止後の脳へのダメージ 水素が抑制
心停止後の脳へのダメージ 水素が抑制


心筋梗塞などで心停止状態になった患者に水素ガスを吸わせると生存率が高まり、脳へのダメージも減らせる可能性があるとする研究成果を慶応大学のグループが発表しました。

この研究を行ったのは、慶応大学の佐野元昭准教授らのグループです。

グループでは、水素ガスに体の細胞が死ぬのを抑える働きがあることに注目し、心停止状態に陥ったネズミに蘇生の直後、水素ガスを吸わせる実験を行いました。

その結果、水素ガスを吸わせなかったネズミでは、1週間後の生存率が38%だったのに対し、水素ガスを吸わせたネズミでは71%に上り、脳の神経細胞のダメージも少なかったということです。

救急医療の現場では現在、心停止した患者の体の温度を下げる低体温療法で脳のダメージを防いでますが、水素ガスの吸入は低体温療法に比べ簡単にできるということで、研究グループでは今後、臨床試験でヒトでの効果を確認したいとしています。

佐野准教授は「心臓が動き出せば命は助けられるが、社会復帰のためには脳に後遺症を残さないことが重要だ。

水素ガスの吸入でその点を改善できると考えている」と話しています。






スポンサーサイト
活性酸素は、体の毒です。
体のさびは、
抗酸化物質によって遅らせることができる。




活性酸素は、体の毒です。

不安定になった原子であり、そばにある細胞を傷つけます。

呼吸によって取り込んだ2パーセントが、

活性酸素に変わるといわれています。

生きているかぎり、誰も避けて通ることはできません。

このことで、人は誰しも、老化します。

活性酸素が発生するのは、呼吸のときだけではありません。

ストレスを感じたときも、発生しやすいことが確認されています。

ストレスばかりを受けると、老けやすいのは本当の話です。

ここで役立つのが、抗酸化作用のある物質です。

抗酸化作用とは、活性酸素を中和させてくれる働きのことです。

つまり、抗酸化物質を普段から多めに取っておけば、

活性酸素による悪影響を最小限に抑えることができるのです。

抗酸化物質には数多く種類があるのですが、代表的なものは3つです。

 

「ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」です。

 

これらには、強力な抗酸化作用があります。

テスト前の時期、年末年始の忙しい時期、

仕事の繁忙期など、ストレスの多い時期は、

あらかじめ多めに取っておきましょう。

老化を抑えることができるわけですから、しみやしわの予防にもつながります。

少しでも長く若々しい肌を保つために、知識は賢く生かしましょう。



ストレスの多い時期は、
抗酸化作用の物質を多めに取っておこう。