愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ストレスから身を守る10】
【ストレスから身を守る10】

ストレスで血はドロドロになります。

ストレスを避ける、または溜めないように発散することが重要ですが、それはすぐには難しいという方も多いと思います。

しかし、ストレスに強い身体作りは、行動を変えればすぐにできます。

1.食べ過ぎない
 特に夜は、少し物足りないくらいにすると、次の日の体調が良くなります。

2.動物性脂肪を少なくする
 お肉を選ぶ時に、脂肪分の少ないヒレ肉やささ身を選ぶのが良いです。

3.糖分は控えめにする
 糖分は脳にとって癖になります。血を汚し血液中の中性脂肪を増やします。

4.深酒は控えるめにする
 適量ならストレス発散、適量に個人差はありますが、飲みすぎると血液中の中性脂肪を増やします。

5.食物繊維をたくさん食べる
 体内の毒素を出してくれます。野菜、海草類、キノコ類、いも、こんにゃく、豆類を意識しましょう。

6.生玉ねぎを食べる
 血液中のブドウ糖の代謝を促してくれます。

7.納豆を食べる
 血栓溶解作用が確認されています。

8.黒酢をとる
 血清コレステロール低下作用、中性脂肪の改善、血糖値降下作用、血行をよくする効果が確認されています。

9.魚介類を食べる
 血小板を凝集させ過ぎないようにする働きや、血圧を下げる効果があります。

10.野菜を食べる
 抗酸化作用でストレスから身を守ります。

ストレスを溜めたくて溜めている人は誰もいないと思います。

どうしようもなく溜まっている人がほとんどだと思います。

では、何から始めるかですが、まず行動を変えることで、ストレスに強い身体作りはすぐに出来ます。

血が汚れると、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、身体が冷え、そして大切な栄養も細胞に行き届きません。

すると、気の流れ、水の流れが悪くなり悪循環となります。

この様な状態でストレスを感じ続けるのは、身体にも心にも負担となります。

出来ることから変えていくことで、ストレスに負けない力が湧いてくると思います。





スポンサーサイト
ストレスでAGE増殖、そして、ガン。
最近ストレスを感じますか?

イライラしながら、食事を取ったり、ストレス発散のために、お菓子などをぼりぼり食べたりすると体に良くありません。

ストレスは、肥満や体を老化させる糖化に影響を与えます。

ストレスを受けると副腎から「アドレナリン」と「コルチゾール」の2種類のストレスホルモンが分泌されます。

「アドレナリン」は良く聞く言葉ですが、手に汗を握るようなときに、大量に分泌されます。

緊急時に咄嗟の行動ができるよう、全身を活性化するものです。

一方、「コルチゾール」は、集中力や判断力、気力などが維持できるように働くホルモンですが、長期にわたるストレスで、過剰に分泌されるといろいろな影響を与えます。

例えば、イライラしながら食事をすると、脂肪細胞にあるレセプターがコルチゾールの刺激を受け、脂肪を溜め込むようになり、どんどん太ってしまいます。

また、蓄積した脂肪は、すぐに糖化のターゲットとなり、炎症することでメタボの原因になります。

また、コルチゾールの影響で、インスリンが過剰に分泌して、一時的に低血糖になると、空腹感を感じてイライラが増加し、何か食べたくなるという悪循環に入ります。

コルチゾールは、過剰に分泌されると免疫機能を低下させることで、花粉症や喘息などのアレルギー疾患がひどくなったり、脳の海馬の神経細胞を傷つけることで、物忘れなどの症状を発生させたり、白血球の活動を抑制したりする作用があることから、風邪を引きやすくなったり、怪我の治りが悪くなったりします。

また、骨密度の低下や高血圧の悪化、動脈硬化の進展にも関与もしているといわれ、体調が悪くなったりする原因になります。

長期にわたる慢性的なストレスは、新陳代謝や免疫機能が低下することから、糖化によるAGEの蓄積も促進され、ガンのリスクも高くなることから、いかにストレスを発散し、溜めないことが肝要になります。

ストレス発散のために、深酒すれば「アセトアルデヒド」という物質によりAGEを生成しますので、お酒もほどほどにした方がよろしいです。

できれば、山葡萄でストレスやAGEを溜めない生活を心がけましょう。





「泣くことはストレス解消法No.1?」
【泣け】

「泣くことはストレス解消法No.1?」

研究により、感情の涙から抗ストレスホルモンが検出されることがわかりました。
さらにこれを検証するため、東京女子医科大学で涙を流す前と後で血液中のストレスホルモンを測定したところ、涙を流したあとの方が血液中のストレスホルモンが減少していたそうです。

「人間は本能的に、ストレスを泣くことで発散しようという機能が備わっている」

涙を流すことによって肌が綺麗になる!涙を流すことの効果 | 女性の美学
抑えていた気持ちを泣くという行為で解放させることができるので、ストレスを一気に発散させることができるんですね。

「できる女ほど涙を流す!?」

泣いている間は、頭の中の思考が停止状態になっているので、余計なことを考えることなく、リラックスした状態を保つことができるのです。

思う存分泣いた後は、急激に眠気が襲ってくることがありますよね。
それは体も心も最大級のリラックス状態に陥っているからなんです。

「涙を流すことによって肌が綺麗になる!」

涙を流さない事が多くなると、涙腺が詰まってしまいます。
それを泣く事によって涙腺が清掃され、循環がよくなるんですね。
そして、涙を流すことで余分な水分を排出し、顔のむくみが緩和されます。

医学的にも証明された、泣くと心がスッキリする「涙活」を今から始めよう!
さらに、自律神経のバランスが整うと、血流促進や良質な睡眠が得られます。
人は寝ている間に、成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞の修復や脂肪の代謝が行われます。





歯ぎしりは睡眠障害のサイン? 
歯ぎしりは睡眠障害のサイン? 

過度なストレスが原因に……

大小の差はあるものの、誰もがストレスを抱えて生きている世知辛い現代社会。

夜だけは休息の場……になるはずが、ギリギリと歯を食いしばって寝ているなんていう人もいます。

そう、歯ぎしりです。

今回は歯ぎしりと睡眠障害の関係性に迫ります!

歯ぎしりの3つのタイプ

「昨晩、歯ぎしりしてたよ。

ギリギリって凄い音してた!」なんて言われたことはありませんか? 

歯ぎしりは「別に大したことではない」と軽く考えがちですが、歯がすり減るだけでなく睡眠障害につながることもあると考えられています。

歯ぎしりには3つのタイプがあるそうです。

(1)グラインディング

歯を横にすり合わせるタイプ。

ギリギリという音がする。

(2)クレンチング

歯を上下に強く噛みしめる。

あまり音がしないので気付きにくい。

(3)混合型

(1)と(2)が組み合わさったタイプ。

これらの歯ぎしりはレム睡眠(浅い睡眠)時に現れると言われていて、厄介なのは日中に噛む力の十数倍もの力で噛みしめているという点だそうです。

歯ぎしりが睡眠障害を招く?

ただ、歯ぎしりは自分では気づかないもの。

まわりの人が指摘してくれればいいのですが、一人暮らしではそうはいきませんよね。

そこで、今回は歯ぎしりを疑うべき症状をご紹介します。

□朝起きたときにアゴに痛みがある

□虫歯の詰め物が外れることがよくある

□歯がしみたり、欠けたりすることがある

思い当たる症状はありませんか? 

当てはまる項目が多かった方は一度、お医者さんに相談してみるとよいかもしれません。

たかが歯ぎしりと放っておくと、歯周病や顎関節症、頭痛を引き起こすケースもあるという報告があります。

ストレスも一因に

さらに最近の研究では、歯ぎしりが睡眠障害の原因になり、生活の質(QOL)の低下につながるということもわかっています。

つまり、歯ぎしりはさまざまな病気の引き金になるということですね。

実は、歯ぎしりの原因はまだ明確にはわかっていないそうです。

これまで歯ぎしりはかみ合わせが悪いから起こると考えられていましたが、現在は遺伝的な要因も含めて原因解明の研究が進んでいるとのことです。

現段階では、ストレスが歯ぎしりの一員になると言われています。

仕事や日常生活のストレスをため込み過ぎると、歯ぎしりを起こし、それが病気に繋がっていくこともあるので注意が必要です。




【下腹がぽっこりするワケ】
【下腹がぽっこりするワケ】

便秘がちだったり、食べすぎたりすると
お腹の下の方にぽっこり現れる脂肪。
この「下腹ぽっこり」にもココロの
作用というのはあるのでしょうか?

脂肪というのは、実は熱の放出を
防いだり、組織が傷つかないよう
カラダを「守る」ために働いてくれているのです。

下腹には、大腸や膀胱のほか、
子宮や卵巣といったとても大切な器官が
ありますから、それらを守ろうとして、
その周囲に脂肪がつくのです。

特に冷えがあると、カラダは熱を
逃がさないように、いわば
「脂肪による毛布」をつくり出します。

むやみに脂肪がつくわけではないのです。

下腹にある脂肪も「毛布か〜」と思えば
憎らしさも少し和らぐかもしれませんね。

  

それだけではなく、「下腹ぽっこり」
には、もうひとつ大きな原因があります。

それは、呼吸の仕方です。

少し解説していきましょう。

食べ物が胃腸に入ってきたとき、
その重みで胃や腸は下がります。
その重みによって下腹がぽっこりと
押し出されてしまうわけですね。

でも、いくら重くなるからと言っても、
腸がだら〜んと下がってしまうことはありません。

それは腸をはじめ、腹部全体を
「腹膜」という膜が支えてくれているからです。

つまり、この腹膜の力が強ければ、
「下腹ぽっこり」を食い止めることができるのです。

皆さんは、「腹式呼吸」をご存じでしょうか?

腹膜の力をつけるには、この腹式呼吸に
よる深〜い呼吸が1番効果的です。

ふだんわたしたちは、お腹の力を
あまり使わず、主に肺と胸郭だけを
使って呼吸をしています。

また、日頃から時間に余裕がなく、
焦ってばかりいると、ストレスで
どんどん呼吸が浅くなり、腹膜の力が
落ちてしまいます。

つまり、「早くしないと!」という
焦りのココロが、「下腹ぽっこり」を
助長してしまうのです。

深い呼吸をすると、焦ったココロも
だんだん落ち着いてきますよ。

  
焦ったときや、急がないといけない
ようなときこそ、目をつぶって大きく
息を吐き出してみてください。

そのときにお腹がへこんでいくのを意識します。

すべて吐き出したら、今度は息を
吸いながらお腹がふくらむのを意識します。

お腹の力を使って深い呼吸をするのが
「腹式呼吸」です。

ふだんから意識的に腹式呼吸を
取り入れていると、やがて腹膜の力が
つき、「下腹ぽっこり」を防ぐことが
できるようになります。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。