愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【放射能が消せる技術は開発済みです】
【放射能が消せる技術は開発済みです】

不安と心配で夜も眠れないお母さん方に、特に届いて欲しい情報です。

(※なおコメント欄での石垣稔さん(この情報の発信者)とマルイさんとのやりとりで、さらに詳しい解説がなされています。併せてお読みください。)

今、人類は何でもできるようになっています。

アレがこうでこうだからできない、という政治家や資本家の説明に、どうか耳を傾けないでください。

フリーエネルギーの分野を、全員、一人一人、平等に、そして軽やかに手にすることが可能なのです。

それを押しとどめている “ある勢力の存在” を押し切るだけのパワーは、あたしたち一人一人の “気づき” の結集から実現化します。

知ってください。

実際のところ、放射能はもう脅威ではありません。

ここに掲載した「オオマサガス」では、放射能を【焼き消す】ことができます。

それも日本で出来ています。

これを実用化・製品化させない『意図』と『悪意』に気づいてください。

みなさん、原発はもう争点ではないのです!!!!

いま一番問題にしなくてはいけないのは、フリーエネルギーの独占と利権についての阻止、これを真剣に話し合わなければいけません。

もっと根っこは深いのですが、抵抗を示す入り口としてはまずまずの切り込みになると思います。

フリーエネルギーは宇宙が生み出し、そして宇宙全体・全員のものです。

そこに資本家の勝手なルールを介在させるなんておかしいと思いませんか?!

原発阻止ではなくて、フリーエネルギーの独占阻止!!こっちのほうが重要です~!!!

http://www.jptechno.co.jp/

 オオマサガスの日本テクノ株式会社HP

オオマサガス(OHMASA-GAS)とは、プラントメーカーの日本テクノ株式会社が開発した水から生成される燃料で、次世代のエネルギーとして期待されています。

名前の由来でもある大政龍晋社長が偶然にも発見したガスです。

普通、水を電気分解すると、「爆鳴気(ばくめいき) 」や「ブラウンガス」と呼ばれる、高温で燃焼し、爆発する特徴をもつガスが生成されます。

それに対し、オオマサガスは水を振動撹拌しながら電気分解することで、安定した「酸素水素共存ガス」を作り出す事に成功しました。

燃焼後は有害な排ガスを発生せず、水に戻るクリーンなエネルギーで、現在はガスバーナーの燃料や、小型エンジンを動かす事に成功しています。

ガスの特性として、爆発する事なく高温で燃焼し、ガス中に酸素が含まれるため空気が無くても燃焼でき、安全に高圧縮で保管が可能で、耐漏洩性に優れています。

今回、日本テレビ『笑ってコラえて!』で紹介されたため、検索数が伸びました。

オオマサガスを大政社長が自らデモンストレーションし、ガスバーナーを使った燃焼では、融点の高い物質であるチタン(融点:1668℃)やタングステン(融点:3422℃)を溶融していました。

また、燃焼直後のバーナーを大政社長は素手で触っており、大気中の酸素を使わないので冷たいと語っていました。

オオマサガスの成分は未だ解明中のようですが、水成分がクラスター化しているため爆発しないなど、分析もすすんでいます。

既に船舶の切断加工などに活用されているようで、従来のガスと比べ作業効率が格段に上がり、大幅なコスト削減となっているそうです。

さらに、オオマサガス生成の応用で淡水魚と海水魚が共生できる「淡海水」を作れることや、放射能汚染水の分解にも効果が期待できるそうです。

現在、国際特許「水素・酸素混合ガスの発生装置(WO 03/048424A1)」を取得済み、日本国内の特許「酸素水素共存ガス体を用いた燃料及びその使用方法(特願2011-175918)」は審査中となっているようです。

請求項を見ますと、水を振動撹拌しながら電気分解するという製造方法を支柱とした特許のようで、今後の解析過程で特許の効果が大きく変わってくると思います。

最終的には原子力に取って代わり、オオマサガス潜水艦、オオマサガス空母なども実現できる可能性を秘めていますが、電気を使って作る燃料なのでオオマサガス発電の実現は難しいように思われます。

ちなみに、燃焼させた場合に取り出せるエネルギーの総合効率は約50%ほどという研究結果が出ています。

ソース:環境省 地球温暖化対策技術開発事業 水素代替エネルギーとしての新水素・酸素混合ガスの実用化技術開発(pdfファイル)

日本発の新エネルギーとしてエネルギー革命を起こせるのか、今後に注目が集まっています。

http://www.kotomatome.net/archives/25910887.html

 より転載






スポンサーサイト