愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ムー』編集長が予測する2015年「いよいよ第3次世界大戦が…」
’13年の新春、本誌の記事で「巨大な隕石が地球に衝突する」と予想し、ロシア・チェリャビンスク州に隕石が落下したことをみごとに的中させた、雑誌『ムー』(学研パブリッシング)編集長の三上丈晴さん。

’14年にも「イスラム国」の活動活発化、御嶽山の噴火、エボラ出血熱の流行などを暗に示唆する予測を立てていた。



予言を次々と的中させる三上さんに、ちょっと怖いが、’15年に地球に襲いかかるかもしれない出来事についてズバリ、聞いた!



「’15年は、いよいよ第三次世界大戦が起こりかねません。

その引き金となるのは、’14年にも私が予想した第五次中東戦争です。

これは2千年間、神殿を持っていないユダヤ人の『第三神殿』建設をきっかけに起こるとされています。

それを受け、各国が戦争に向けて動きだす年なのです」



’14年4月から’15年9月までの1年半、連続して6回もの月食と日食が発生する。

このことが、中東戦争の可能性と大きく関係していると三上さんは指摘する。



「ユダヤの大祭の日に合わせて月食と日食が連続して起こるときには、歴史的に大きな動きがあるのです。

たとえば、’48年にはイスラエル国家の再建がありました。

この時期を中心に、2年半の間に7回の月食と日食が起こっています。

また、’67年、イスラエルがエルサレムを奪還した六日戦争(第三次中東戦争)の際にも、2年半に9回もの月食と日食が発生しています」



’15年9月までの時期も、まさにユダヤの大祭とリンクした時期。

第三神殿の建設は、長きにわたって、ユダヤ民族の悲願となってきた。

もしエルサレムに神殿が建設されるような動きがあれば、国際的な紛争が発生することは避けられない。

とくに気になるのは、’14年に注目された「イスラム国」の動向だ。



「欧米諸国と対立している『イスラム国』は、インターネットを駆使し、広報活動に余念がありません。

英語の機関紙には、『イランとロシアと手を組む』『本丸はバチカン。

そのためにトルコを攻める』など明確に書かれています。

第三神殿着工などということになれば、彼らの活動はより先鋭化するでしょう」





スポンサーサイト
実は石油は無尽蔵にあることがわかっている
実は石油は無尽蔵にあることがわかっている

石油ショックの時(昭和48年 (1973年))、その時、あと30~40年もすれば埋蔵量はなくなる、云われていた。

"石油がなくなる。! いつから云われ続けてきたか。"

"石油は本当に枯渇しているのか?"

なぜ採掘量が増え枯渇予測が伸び続けているのかについて石油メーカの説明。

①衛星や地震探査法などの地層調査技術発展による新油田発見。

②以前は7割しか取れなかったがガス注入法などで摂れる石油の量が増えている。

③消費量が増えれば10年で枯渇してしまう可能性もある。

"石油が生物の堆積物であるというのは本当のことであろうか?"

「無機成因説」という仮説がある。簡単にいうと石油はマントルから染み出してくる、というものである。

つまり、生物起源というのはまったくのうそで、地球に含まれる無尽蔵の炭化水素が石油の起源であるというのだ。

"バクテリアが石油を作っている!?"

マグマが冷えてできた岩盤の裂け目で生物の堆積がありえない超深々度6000mにも油田が発見されていることから、徐々に無機起源説に与する学者が増えている。

"石油は無尽蔵の資源かもしれない"

石油は生き物の死がいではなく無機物(炭素を含む鉱物など)からできたものだとする説です。

コーネル大学天文学部トーマス・ゴールド教授が「地球深層ガス説」を提唱。

①石油は生物の死骸からではなく地球の深部に大量にある“ある物質”が石油に変化して地表近くまで染み出して来ているモノである。

②木星や土星などの大気には大量のメタンが含まれている。

③隕石にも多量の炭化水素が多数含まれている。

④地球の生成時点に地球内部に取り込まれたのではないかと予測。

⑤地熱1100℃〜2400℃、圧力3万気圧〜10万気圧で炭化水素などが変化して作られる。

⑥少なくとも残り500年分はある。

"石油は無限に存在する(ロシアは50年前から知っていた。)"

石油はどこでもあり、いつでも意思と用意さえあれば生産できる。

それは無尽蔵である。

しかし、石油を支配する側がそれを許さない。

それだけだ。

"枯渇したと思われていた原油や天然ガス田の再開発に相次いで成功した"

特に1990年代、ロシアとウクライナは両地域にまたがるドニエプル・ドネッツ油田において驚異的な油田再開発を成し遂げた。

"マントルからは、常時石油が湧出している。"

"-有機起源説では説明不能の深部基盤岩内部油田を相次ぎ発見-"

無機起源説は、もともと地球深部に大量に存在する炭化水素が、地殻の断裂を通じて地表に向けて上昇し、油田を形成したという。

これは19世紀末から存在していた説だが、実際、堆積盆地ではなく、その下にある基盤岩の内部から油田が発見される例が少なからずある。

"石油枯渇説が喧伝される時、何が起こったか。"

誰が利益を得たか。

石油メジャーと原子力マフィア、そして、軍事関連産業だ。

そして、ドル支配が促進された。

"武田邦彦氏が「石油はあと8000年は大丈夫」というその根拠は"

新たに採掘可能な油田が見つかったり、それまで採掘が難しかったものが技術力で採掘可能になったりすると、一挙に「あと○年」が増えるのです。





大変なことになりそうですよ!今秋に米国バブル崩壊? 日本の製造業にも大打撃か
 一部の関係者の間で、「米国株暴落説」が囁かれ始めた。

 50年以上、相場の動きを見ている国際エコノミストの今井澂(きよし)氏のもとには、大物ヘッジファンドからこんな声が届いているという。

「米国株は、夏以降、怪しくなる気がするんだ。オバマ大統領の求心力も低いし、時と場合によっては、不意打ちを食らうように急落したブラックマンデーの再来ということも考えられるね」

 ブラックマンデーとは、1987年に起こったニューヨーク株式相場の大暴落のこと。10月19日の月曜日、ダウ平均は一気に2割以上も下落。史上最大規模の暴落となり、世界同時株安を引き起こした。

 現在の相場は当時と類似している点がある。87年当時も金融緩和で相場はジャブジャブだったのだ。

「ブラックマンデーの引き金は、緩和の引き締め観測でした。今回もイエレン議長は10月に緩和を終了し、来年には利上げに踏み切るといわれてます。今は人類未到の異次元の緩和状態。急激に引き締めるようなことがあれば、とんでもないことになります」(準大手証券のストラテジスト)

 緩和終了の10月ごろがいちばん危ないという。

 バブル崩壊の予兆は、意外なところに表れ始めた。イエレン議長も指摘したツイッターの株価だ。

「SNS株が最近になって下がってきていて、この動きが1929年の大恐慌前のときのダウ平均の動きと似通っているんです」(ブルームバーグ・ニュースのワシントン支局の山広恒夫記者)

 ツイッターは金融緩和の恩恵を特に受けた銘柄。株価は急騰し、バブルの象徴と言える。そうした株価が下げ始めると、投資家は恐怖心を抱き、売りが売りを呼ぶ展開になりやすい。そして全体の相場は崩れる。

「ツイッターは、大恐慌前のダウ平均より下落率が大きいのが気がかり。このような銘柄はそれほど多くないが、増えてくる気配があります。大きく下げる銘柄が増えると相場全体の下げ幅も大きくなり、バブル崩壊との認識が広がるでしょう」(同)

 では、バブル崩壊となればどうなるのか。

 こんな話がある。

「貧富の格差のひどい米国社会では、ピストルが急激に売れています。とある米国のピストル会社の現在の売上高は1億7千万ドル(170億円)と、08年のリーマンショックから5年間で3倍に跳ね上がりました。過去最高の水準です」(富国生命株式部参与の市岡繁男氏)

 経済が崩壊すれば、米国の「暗」の部分が一気に噴出し、治安の悪化は必至だという。となれば、秋に中間選挙を迎えるオバマ大統領の支持率も低下し、政治は混迷を極めることになる。

 さらに、景気悪化で米国国内がバタついてくると、米政府は、ロシアやイラクなどの地政学リスクに対応する余裕がなくなる。

「米国の国力が落ち、最悪、各国のパワーバランスが崩れ、何かのタイミングで戦争が起きるかもしれません」(某エコノミスト)

 日本への影響はどうか。

 リーマンショックのときは、「サブプライム」と呼ばれる金融商品を金融機関は大量保有していなかったため、影響は当初は限定的だと考えられていた。

 ところが、怒濤のような株安が日本を襲った。カブドットコム証券の河合達憲チーフストラテジストは、当時をこう振り返る。

「日本株に投資していた外国人投資家が、現金化を急いで売り注文を浴びせました。特に銀行株の下落が大きく、銀行は融資を引き締めてしまいました。その結果、大口の顧客である不動産会社にも連鎖的な株安が起きたのです」

 下の表は、リーマンショックの直前と、後に日経平均株価がバブル後の底値を記録した09年3月10日時点の株価を比較したものだ。米国バブル崩壊の影響は、日本の製造業にまでおよぶ。

「08年9月12日に1ドル=107円だったのに、米国の金融緩和で円高ドル安となり、約3カ月後には91円台になりました。株価下落で消費が弱まったところに、円高で輸出も厳しくなった。海の向こうの出来事だと思っていたら、日本は世界経済の荒波にのみ込まれてしまったのです」(河合氏)

 米国でまたバブルが崩壊すれば、アベノミクスで回復した企業業績も悪化し、給料も伸び悩むだろう。それに加えて、当時と違い、消費増税などの税金負担も増えている。無傷でいるのは不可能に近い。

◇リーマンショックで大打撃を受けた日本の株価
銘柄/2008年9月12日終値/2009年3月10日終値/下落率
三菱UFJフィナンシャル・グループ/858円/395円/▼54.0%
三井不動産/2360円/904円/▼61.7%
日立製作所/726円/241円/▼66.8%
トヨタ自動車/4790円/2850円/▼40.5%
新日鉄住金/457円/245円/▼46.4%

日経平均株価/1万2214円/7054円/▼42.2%

リーマンショック直前の08年9月12日と、日経平均のバブル後最安値を記録した09年3月10日の株価を比較(08年9月13~15日は休日のため取引なし)





熊本県に林田民子という女性がいました。
熊本県に林田民子という女性がいました。

明治37年生まれの民子は25歳の時に、
ピクチャーブライド(アメリカに移民した男性と写真だけでの結婚)で
アメリカに渡ります。

渡米の船の中で、講道館柔道から派遣された太田節三と出会い、渡航中と渡米後に柔道を習います。

当時は排日運動の激しかったアメリカで日米友好のため必死に働きますが、
世界情勢は徐々に日本を開戦に追い込んでいきます。

太田節三と林田民子等は世界平和基金財団をつくり、敗色濃厚になった故国日本の今後のために、アメリカ政府に一生懸命働きかけます。

やがて、日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏をします。

その年の9月2日、ホワイトハウスに招待された林田民子はトルーマン大統領に
小さな声で語りかけます。

「大統領閣下、何故広島と長崎に原爆を投下されたのですか?」
「20万人を超える若いアメリカ兵の命を救うためです。」

「日本は既に無条件降伏を決めていました。
何故、20万人ものアメリカ兵が死ぬのでしょうか?」

「抗戦派の抵抗も考えられ、これ以上戦争を長引かせては、若いアメリカ兵の命が危ないと判断したからです。」

「大統領閣下、貴方は嘘を言われています。

マリアナにある戦略爆撃司令部は、ポツダム宣言に対する返事があるまでは
原爆の投下はあり得ないと明言していました。」

「それは若いアメリカ兵20万人の命を・・・」

「大統領、貴方は日本が無条件降伏することを既に知っていた。それなのに、何故、原爆投下を命じたのですか?
ヤルタ協定で日本に侵攻することになっていたスターリンへの警告のためだったのでしょう。」

「そんなことはない。
すべてアメリカ兵20万人の命を守るためだ。」

「大統領、貴方には日本人の命などどうでもよかったのです。

原爆投下によって20万人以上の人間が死傷することは、初めからわかっていたのです。

貴方が虫けら同然と思っている日本人が20万人死んでも、貴方にはどうということはなかったのです。

あなたは人体実験をしたかっただけなのです。

スターリンに、アメリカに逆らうとこの原爆がモスクワに落ちるぞと警告をしたかった。

ただそれだけのために20万人以上の日本人を犠牲にしたのです。

20万人のアメリカ兵の命を守るためなんかではない!大統領、貴方は今世紀最大の悪魔です!」

民子は大統領の胸ぐらに手を伸ばすやいなや、綺麗な背負い投げで投げ飛ばした。

叫びとともに音楽が止んだ。

慌てて民子を取り押さえようとしたスティムソン陸軍長官も一本背負い で宙を舞った。

全員が立ちすくんだ。

突然「バン!」と乾いた音がして、民子の胸が赤く染まった。

民子は胸に手をやり、音のした方向に視線を向けながら崩れるように床に倒れた。

林田民子は一命をとり止め、太田節三とともに収監された。

日本人ではあったが、林田民子はサザンパシフィック鉄道の役員であったこともあり、アメリカ独立戦争当時の功労者であるバニング家とのつながりもあり、世界平和基金財団の代表理事でもあることから、強制収容所送りを免れ、OSS(米国戦略事務局)の研究員として終戦後の処理方法の研究に携わった。





全ての日本国民に読んでほしい、そして語り次ぎましょう
*全ての日本国民に読んでほしい、そして語り次ぎましょう*

「マッカーサーの告白」

日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。日本は何も悪くありません。日本は自衛戦争をしたのです。

イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込んだのです。

アメリカは日本を戦争に誘い込むためにイジメにイジメぬきました。

そして最後通牒としてハルノートを突き付けました。

中国大陸から出て行けだの、石油を輸入させないなど、アメリカに何の権利があったというのでしょう。

当時、アジアのほとんどの国が白人の植民地でした。

白人はよくて日本人は許さなかったのです。

ハルノートのことは、私もアメリカの国民も知りませんでした。

あんな物を突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がるでしょう。

戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが勝つことは戦う前から分かっていました。

我々は戦後、日本が二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を建てました。

アメリカは知っていたのです。

国を弱体化する一番の方法はその国から自信と誇りを奪い、歴史を捏造することだと。

戦後アメリカはそれを忠実に実行していきました。

日本がアジアを白人の植民地から解放しようとしたという本当の理由を隠すため大東亜戦争という名称を禁止し代わりに太平洋戦争という名称を使わせました。

東京裁判はお芝居だったのです。

アメリカが作った憲法を日本に押し付け、戦争ができない国にしました。

公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学など要職にばら撒きました。

その教え子たちが今マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。

徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は日本国民に知らせないようにしました。

ラジオ・テレビを使って戦前の日本は悪い国だった、戦争に負けて良かったのだと日本国民を騙しました。

これらの政策が功を奏し今に至るまで独立国として自立できない状態が続いているのです。
(※註:1951年の時点で正気に帰ったマッカーサーが、この今に続く問題を憂いている)

私は反省しています。自虐史観を持つべきは、日本ではなくアメリカなのです。

戦争終結に不必要な原子爆弾を二つも使って何十万人という民間人を虐殺しました。

最後に私が生きていた時の証言を記して謝罪の言葉としたいと思います。

「私は日本について誤解をしていました。

日本の戦争の目的は侵略ではなく自衛のためだったのです。

太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の過ちは、共産主義を中国において強大にさせたことでした。

東京裁判は誤りだったのです。

日本は八千万人に近い膨大な人口を抱え、その半分が農業人口で、あとの半分が工業生産に従事していました。

潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまで接した何れにも劣らぬ優秀なものです。

歴史上のどの時点においてか、日本の労働力は人間が怠けているときよりも働き、生産している時の方が幸福なのだということ、つまり労働の尊厳と呼んでよいようなものを発見していたのです。

これまで巨大な労働力を持っているということは、彼らには何か働くための材料が必要だという事を意味します。

彼らは工場を建設し、労働力を有していました。

しかし彼らには手を加えるべき材料を得ることができませんでした。

日本原産の動植物は、蚕を除いてほとんどないも同然でした。

綿がない、羊毛がない、石油の産出がない。

錫がない、ゴムがない、他にもないものばかりでした。

その全てがアジアの海域に存在したのです。

もしこれらの原料の供給を絶ちきられたら一千万から一千二百万の失業者が日本に発生するであろうことを彼らは恐れたのです。

したがって日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」

アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて
1951年5月3日
ダグラス・マッカーサー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。