愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?
実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?

脳スキャンで明らかになった犬の本音は、「それでも人間を愛してる」。(各国研究)


 犬は3万年前から人間の最良のパートナーとして、人と共に暮らしてきた。

今日、アメリカ人の半分の家庭が犬を飼っているそうだ。

 帰宅するとうれしそうにかけよってきて尻尾を振ったり、膝の上に乗ってきたり、枕を盗んだり、彼らの仕草からは人間への愛が伝わってくる。

しかし、言葉を持たない犬たちが、もこもこの頭の中で何を考えているのか知ることはできない。

 だが、最新の脳撮像技術により、犬の本音を確かめることができるようだ。

その結果やはり、犬は人間にとって最良の友であることが明らかとなった。



 犬の飼い主には嬉しい報せだ。

どうやら犬は私たちを愛してくれていることはもちろん、本当の家族として見てくれているようなのだ。

研究者たちの努力が、愛情から身の安全まで、人間と犬との一切の出来事に関して、犬が同族以上に人間を頼りにしてくれていることを明らかにしてくれた。


 犬は飼い主の匂いや物音を何よりも優先させる

 犬は周囲の環境を知覚する際に嗅覚に負うところが大きい。

そこで、米エモリー大学の動物認知学者は、MRIに犬が寝そべるように訓練して、人間と犬、それぞれ身近な者も見知らぬ者も併せて、その匂いを嗅いだ時の神経の反応を調査した。

すると飼い主の匂いは、尾状核という犬の脳の”報酬系”を活性化させた。

そして、どんな匂いよりも、人間の匂いをまず優先させていたのだ。

 この結果は、他の犬の神経撮像研究の成果とも一致する。

ハンガリーのエトヴェシュ・ローランド大学では、声や鳴き声、うなり声やため息など、人間と犬が発した音に対する犬の脳の活動を調査した。

これは人間が立てた物音へ犬の脳がどのように反応しているのかを確認した初めての研究であった。

 
 犬は人間と嬉しさや悲しさを共有する

 特に注目に値するのは、悲痛な音声に対して示した、犬と人間の脳内における感情処理の類似性である。また、嬉しそうな音に対しても両種の聴覚皮質は反応していた。

こうした共通点は、犬と人間が絆を育む上で重要になる、緊密なコミュニケーションを可能にしていることを示唆している。

すなわち、犬は微妙な気分の変化を感じているだけでなく、まさに物理的に感情を共有しているようなのだ。

 行動科学もこうした神経科学の結果を支持する。今回の実験を率いたアッティラ・アンディクス氏によれば、犬は人間の赤ちゃんが行うような方法で、飼い主とコミュニケーションをとっているという。

彼らが不安を覚えたり、心配になったりすると、幼い子供が両親の側へまっしぐらに戻るように、飼い主の許へ駆け寄って行く。

これは同じペットでも、驚いた猫や馬が走り去って行くのとは実に対照的だ。


犬は人間との絆を大事にする

 また犬は、霊長類以外では、人間の目を見つめる唯一の動物だ。

これは10年前、オオカミを家畜化する研究において発見されたことで、人間と犬との独特の行為である。

と言うのも、犬は人間とのアイコンタクトは求めるが、生みの親である親犬とは行わないからだ。

アンディクス氏は、犬は他のペット以上に人間との絆を大切にしていると説明する。

 別の観点から人間と犬の関係を調査した研究もある。

ここからは、犬の強い思いに対して、人間側もきちんとこれに応えていることが判明した。

 マサチューセッツ総合病院の研究者は、人間の被験者に犬と人間の子供の写真を見せて、その脳内の反応を計測した。

被験者に選ばれたのは、2年以上犬と赤ちゃんを世話した経験のある女性である。

そして、どちらの写真でも感情、報酬、親和、視覚処理、社会的相互作用と関連する脳の領域が活性化した。

つまり、犬の家族も子供の家族も、見るだけで人を幸せな気分にしてくれるのだ。

 犬好きは、犬の表情の意味についていくつか勘違いをしていることもある。

例えば、おどおどした仕草を犬の罪悪感と解釈することがあるが、この感情には複雑な自意識が必要であるため、おそらく犬には備わっていないものだ。

 だが家族から感じるものと同様に、犬の行為から感じる直感は概ね正しいだろう。

イェール大学犬認知センターのローリー・サントス氏によれば、例えば人間の助けが欲しいなど、犬の気持ちに関する直感はまさに的を射るものである。

これは最も近類であるオオカミにもないものだ。

 犬のこそこそと悲しげな様子の裏に隠された本音は、なかなか判りにくい。

それでも、犬は思っている以上に飼い主のことを愛しているのだ。

犬好きの皆は安心して家族として迎えてあげよう。




スポンサーサイト
犬って無意識に優しさを表現してくれますよね。
犬って無意識に優しさを表現してくれますよね。

そんな姿がカワイイし見ていて涙が出ます。

飼い主が落ち込んでいるとき

犬がおもちゃを持ってきて

遊びに誘ったりするのは 「空気、読めてない」 からじゃなくて、

「これで遊んでいた時の ご主人は嬉しそうだった」 ということを覚えているから だそうです。

「ほら、ボール! ボール楽しいよ!」って。

そういう、気持ちが判ってくれる

一所懸命な優しさが、 人生には必要です。
犬と仲良くなれるツボの押し方
耳ツボダイエット、足ツボマッサージ……。

私たちの身近なところには、体調不良を改善したり健康美容効果を促るのに効果のある“ツボ療法”が用いられています。

実は、ツボは犬にも同じようにあるって知っていましたか? しかも、そのツボの位置は人間とほぼ同じ。

つまり、人間が押して気持ちいいところは、犬もマッサージされたら気持ちよくなれるということです。

人間とともに生活している犬はストレスを感じたり、常に人間を見上げてることで首や肩(前足の付け根)にもコリを感じることがあるのだとか。

そこで今回は、犬を飼っている方も飼っていない方も、犬と仲良くなれるツボの押し方をご紹介します!



■犬と仲良くなれちゃうツボ3つ

基本的には“百会(ひゃくえ)”と呼ばれる頭頂部にあるツボの集まり部分、“足三里(あしさんり)”と呼ばれる膝の後にある消化器系に効くツボ、“三陰交(さんいんこう)”と呼ばれる膝の下内側にある、気が集まる経路にある3点のツボを覚えましょう。

犬は「ここがこっている」とは言えないので、マッサージなど癒しの目的でツボ押しを行う際には、この3点を中心に行えばOK。

まずは指圧する前に、指の腹で皮膚をなぞるようにくるくる円を描きながらマッサージしてあげましょう。

慣れてきたら、指の腹で少しずつ力を入れるようにして、ゆっくりとやさしく指圧してあげます。

そのほかにも、こんな症状別に効果をもたらす、犬にぴったりのツボもあります。

試しにうちの愛犬で実践してみました!



■まだまだある犬のツボ3つ

1. 吠えすぎて声が枯れている時に・・・“頸脈(けいみゃく)”


喉仏の両側で脈動を感じる所のすぐ上部、左右2ケ所にあるツボ。

声がれ、咽喉腫痛、顔色異常、よだれ、舌硬直などに効果あり。



2. お腹の調子が悪い時に・・・“尾根(びこん)”

犬の尾っぽの付け根部分にあるツボ。

下痢、便秘、血便、痔疾、腰背痛、ひきつけなどに効果あり。



3. 鼻づまりの時に・・・“頂門(こうもん)”

両耳の付け根近くの中間にあるツボ。

ひきつけ、蓄膿症、鼻詰まり、目眩などに効果あり。





確かに、ツボを押してあげるとなんだか気持よさそうにしていました……。

犬に対して癒しを求めがちですが、犬だって癒されたいときがあるハズ。

ギブ&テイクの気持ちで、たまには犬と一緒にツボセラピーを楽しんでみてはいかがでしょうか。


【病気で死にそうだった猫を拾った。
【病気で死にそうだった猫を拾った。名前は痰助(たんすけ)にした】

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。

よろよろと俺たちの前に来るとペタンと腹をつけて座った。

動物に無関心だった俺は「キタねー猫だな」と思っただけで、他に何とも思わなかった。

猫を飼っていた彼女がその猫を撫でながら言った。

「こんな所にいたら病気で死んじゃうね」

単細胞の若者だった俺は頭にきた。

「何、こいつ病気なのか?死ぬと分かってて放っておくのは殺すのと一緒だろ!」

ドライブは中止。そのまま膝の上に乗っけて車を運転して帰った。

顔は目ヤニだらけ、鼻水で鼻はガビガビ、尻から出てきた回虫が俺のズボンの上を這っていた。

くしゃみで車のドアはベトベト、コホコホ咳をして、痰でゴロゴロいっていた。

「どうするの、その子?」
「治るまで俺が飼う」
「じゃあ名前は?」
「うーん…痰が詰まってるから…痰助」
「変な名前」
「うるせー」

獣医に寄って虫下しと風邪の薬などを貰って帰った。

風呂場で綺麗に洗って、とりあえずシシャモとちくわを食べさせた。

腹がカチカチになるまでがっついていた。

ペットは駄目なマンションだし、治って暖かくなったら逃がすつもりだったが、1週間で方針を変えた。

あっという間にまるまると太り、誰が見ても目を細めるような人懐っこい顔になり、夕方になると俺の帰りを玄関に座って待つようになった。

もともと飼い猫だったようで、トイレは最初からできた。

車に乗るのが好きな変な猫だった。

人間も同じだろうが、食べ物で苦労したせいか、すごい食いしん坊だった。

冷蔵庫が開く度にダッシュで駆けつけ、何もくれないと分かると、わざと歩くのに邪魔な所に寝そべって俺に抗議した。

かつては歴戦のツワモノだったようで、耳は食いちぎられて欠け、しっぽは折れたまま曲がり、ケガの跡のハゲがあちこちにあった。

当時は分からなかったが、そうとう歳をとった猫だった。

歯が何本も抜けていて、筋肉も細かった。

一日中じっとしていた。

食べる時以外に走ることはなかった。

ちょうど一年後、俺は痰助の誕生日を勝手に決め、仕事帰りに誕生日プレゼントとして一個千円のカニ缶を買って帰った。

普段は脇目も振らずに食べる痰助が、その日は一口食べるごとに俺の顔をじっと見ていた。

「なんだよ、俺でも食った事ないんだぞ。早く食わないと俺が食っちまうぞ」

いつもどおり缶の底がピカピカに光るまで食べたのだが、無理をして食べているように見えた。

誕生日の二,三日後、食欲が無く朝からぐったりしているので、いつもの獣医に連れて行った。

検査の結果、腎臓がかなり悪い事が分かり、即日入院となった。

先生が抱き上げようとすると、必死に俺の肩に登ろうとした。

先生に抱かれて診察室の奥の部屋に行くとき、ガラスのドア越しに見えなくなるまで俺をじっと見続けていた。

あのときの哀しい眼差しを、俺は生涯忘れる事はないだろう。

雪のちらつく朝、痩せた体に一輪の花を乗せて、痰助は大好きな車で俺と一緒にうちに帰った。

大工の弟に頼んで作った小さな棺に俺の写真と大好物だったちくわを入れて、痰助に出会った湖の桜の木の下に埋めた。

今となれば分かる。

湖からの帰り道、あれは痰が詰まっていたのではなく、嬉しかったんだと。

今日も壁に掛かったコロコロのたんすけが行儀良く座って俺を見ている。

お前がいなくなって十年経った今でも寂しいけど、それは俺の勝手だから我慢するよ。

変な名前付けて悪かったな、たんすけ
でも今うちにいるお前の後輩も変な名前だから、勘弁しろよ。

これからの寒い季節には車に乗る前に「ボンネットをコンコン」を忘れないで!
【超重要】

これからの寒い季節には
車に乗る前に「ボンネットをコンコン」を忘れないで!


寒くなって来ると、暖をとる為に
車のボンネットの中、エンジンルームに
猫ちゃんが入り込んでいる事が多々あるのです。

そんな所に猫が入るはずが無い。
そう思う方もいるかもしれませんが、車のエンジンルーム。下から覗くといくらでも隙間があります。

子猫ちゃんだけでなく、
大人の猫でも入り込むスペースは十分あります。


もし気づかずに車のエンジンをかけてしまうと。。。
ベルトなどの回転部分に
巻き込まれてしまう危険性が高いです。
猫も車も二度と動かなくなってしまうでしょう。。。

一番の対策としては、
エンジンをかける前にボンネットを軽く叩く。
JAFでもこの方法をすすめています。

これをするだけで
猫は警戒心が強いので、
暴れたり逃げたりします。


もし子猫が入り込んでしまって
自力で出れないでいたら、
まずは車のボンネットをあけましょう。

上のほうまで上がってきていれば
そのまま猫を取り出す事が出来ます。

入り込んでいて、手の届かない所にいる場合は、
JAFを呼ぶことをお勧めします。

車に乗る人の義務だと思って、
ぜひ乗る前のコンコンを実践していただきたいです。
か弱い子猫の命がかかっています><

みなさんに伝えたいので、ぜひシェアしてください。
よろしくお願いします。