愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭痛やめまいにも効く!たった1分で眠れる「4-7-8 呼吸法」が凄すぎる
心配事や悩み事があって、なかなか寝付けない夜ってありますよね。

そういう日に限って、次の日は大事な用事があったりするから困りもの。

そんな悩みを解決すべく、アメリカ・アリゾナ州にアンドリュー・ウェイル博士が「4-7-8 呼吸法」を紹介。

これ、なんと『たった1分で眠れちゃう』ものすごーい呼吸法なのです。


博士が今回広めたのは、古代インドの「プラナヤマ」という呼吸法。

「生命力」を意味するこの呼吸法は、ヨガのなかでも重要視されており、実践するとかなり高いリラックス効果が得られるのだとか。

それでは「4-7-8 呼吸法」のやり方をご紹介!

1.舌先を口内の上側に付ける(5までずっと付けっぱなし)
2.「フー!」と声に出しながら、ゆっくり息を吐き出す。肺の空気をすべて出し切るイメージ。
3.口を閉じ、4秒かけて息を吸い込む。
4.7秒、息を止める。
5.8秒かけて、「フー!」と声に出しながら、ゆっくりと息を吐き出す。

これを3回やるだけでOK!

たっぷり吸った「酸素」によって「副交感神経」が落ち着き、高いリラックス効果が得られます。

ポイントは『静かに息を吸い込み』、『大きな音でフー!と息を吐き出す』こと。

4と5の行程がちょっぴり苦しいですが、慣れるととっても気持ちいいですよ。

「酸素不足」は睡眠障害だけにとどまらず、「頭痛」「めまい」「視力低下」などの症状を引きおこします。

実は「呼吸法」を見直すことは、我々現代人が一番かんたんに出来る健康法なのです。

ふだん呼吸の浅い皆さん、今日からこの「4-7-8 呼吸法」を実践して、快適な眠りと健康なからだを手に入れてくださいね!





スポンサーサイト
【最強の副交感神経スイッチとは?】
【最強の副交感神経スイッチとは?】

自律神経は
カラダを緊張させる交感神経と、
カラダを緩める副交感神経とが
セットではたらいています。

交感神経は、
エネルギーをカラダに集中させます。
エネルギーを中心部へと蓄えようとするのです。

いっぽう、副交感神経は、
エネルギーを開放させます。

息を吐くとき、食事中の消化液が
出るとき、睡眠中カラダが完全に
リラックスするのに副交感神経は
大事な働きをしてくれています。
  
  
現代人は、とかく緊張が多くなっていますね。

情報過多、錯綜(さくそう)する人間関係。

こうした環境では、カラダは
いつも緊張を強いられます。
つまり、交感神経優位です。

自律神経とは、どこかでバランスを
とらなければならないので、
副交感神経は、いつもリラックスの
機会をうかがっています。

ところが、今か今かと待っていても、
いっこうにそのチャンスが訪れない。
おまけに睡眠不足までされてしまうと、
絶好の副交感神経の舞台が奪われる。

そんなとき、カラダの緊張過多分だけ、
副交感神経の「ムリヤリ反射」がおこるのです。

下痢、熱、痛み、皮膚の発疹・・・。

これらの症状にはいずれも、
副交感神経がからんでいます。
出番を失い拮抗が崩れた分、
えいやーっとばかりに思い切り
取り返し作戦に出るわけですね。

同時に副交感神経は、カラダに溜まった
余分なエネルギーを開放しようとしてくれます。

何事も溜め込みすぎては
淀んでしまいますよね。
淀むと川のながれのごとく、
そこには沈殿物やゴミが溜まります。

「入り」と「出」。
カラダは、いつも日次の損益収支を
ちゃんと計算しているのです。
   

そして、僕が考えたのは
この副交感神経に、日常において、
いかに意識的に出番を与えるか、ということでした。

呼吸では、吐く息。

食事では、ゆっくりかんで
唾液がよく出る食習慣。

そして、意識の使い方は、
より他人に開放する、ということ。

交感神経は、カラダの中心に
エネルギーを集めようとする
と書きましたが、これは、意識が、
自分のふるまいばかりに集中している
ということなのです。

自分と他人の境界線を引き、
「ここからここまでは
私の領域だから入らないで!」
という心理ですね。

他人と自分は違うんだ、という
境界線自体は、ある意味ではとても
必要なことなのですが、それを、
防御、防御で内側からひいていくと、
いつしか、それは大変狭い範囲となって
カラダにとっては何だか身動きしづらい
状態を招いてしまいます。

これは、意識がもたらす交感神経優位状態。

だから、
他人の視点で考えてみる、
相手の立場に立って
状況を見直してみる、

これが実は、カラダを副交感神経に
スイッチ転換させる最強の方法なのです。





【リズムとバランスが大事】
【リズムとバランスが大事】

私たちのカラダを操作している脳と神経。

神経は、脳と脊髄のことを指す「中枢神経系」と、そこから枝分かれした「末梢神経」の2つに分けられます。

さらに、末梢神経系は、自分の意思でカラダを動かしたり、外から受けた刺激を感覚として大脳に伝える「体性神経系」と、

カラダの内側の機能や活動を調整している「自律神経系」に分けられます。

例えば、読書のときに本を手で持ち、指でページをめくる動作、紙に触れている感覚は体性神経系。

物語に感動して鳥肌が立つ、鼓動が速くなる、涙を流すのが自律神経系の働きです。

自律神経は、この瞬間も心臓を動かし、体温の調節や消化吸収、排泄など、生きていくために重要な部分を担当しています。

  
自律神経系の「交感神経」と「副交感神経」は正反対の働きをしていて、片方が優位になると、もう片方は劣位になるため、よくシーソーに例えられます。

交感神経は、いわゆる戦闘モード。血管を細くして血圧や心拍を高め、より多くの血液を筋肉に送って、フル活動できる状態に傾けます。

副交感神経は、戦いで得た食べ物を消化吸収して、傷を癒やすモード。血管を広げて血圧を下げ、全身へ血流を促し、リラックスした状態に傾けます。

シーソーはリズムをもって動いていて、1日の中でも朝から昼間にかけては交感神経が働いて活動的に過ごすことができ、夜にかけては副交感神経によって休む態勢になっていく。

このリズムとバランスが、私たちの健康を保っているのです。

   
自律神経のリズムの乱れが続いてバランスが崩れると、体調に影響を与えます。

その症状はさまざまで、頭痛や動悸、便秘、下痢、うつ症状など、カラダとココロすべてに及びます。

現代に生きる私たちは、自律神経のリズムに沿った生活は難しく睡眠不足や悩みごとなどのあらゆるストレスが交感神経を優位に傾けるのです。

自律神経は、免疫と密接に関係していて交感神経が優位なままでは血の巡りが悪く、体温が低くなると免疫力も落ちてしまいます。

反対に、運動不足や冷暖房などで身体的、環境的なストレスが少なすぎる生活をしている場合には、副交感神経優位が続き、だるさや無気力免疫が過剰反応してアレルギーなどの症状を起こすこともあります。

では、現代人がこのバランスを保つためには神頼みしかないのでしょうか。

実は、自律神経を整えるために自分の意思でできることがあります。

それは「呼吸」です。

まずは、正しい姿勢で、深くゆっくりと息を吐き切ることから始めましょう。

気がついたら深呼吸をして、季節の温度変化をカラダで感じてみてください。

日常生活や運動などの適度なストレス、そして美味しい食事や十分な睡眠など、リラックスの時間とのバランスが、私たちを本来の健康状態へ導きます。





【爪もみ健康法】
【爪もみ健康法】

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経が必要に応じて上手く自動的に切り替わってくれているのです。

昼は、交感神経優位
夜は、副交感神経優位

人のタイプ的に交感神経側に傾くタイプの人と副交感神経側に傾くタイプの人がいて、交感神経タイプの人はいつも身体が過敏になりやすく、副交感神経タイプの人は昼でも覇気ががなくなり無気力になります。

昼に眠くなったり、夜に目が冴えたり…
交感神経優位タイプはイライラ、動悸、汗、不眠、手足の震え、耳鳴り不安などの症状

副交感神経優位タイプは吐き気、無気力、食欲低下などの症状がでます。

現代では、交感神経側に傾きやすい人の方が様々な病気にはなりやすいです。
この傾きを正常に戻す簡単な方法が「爪もみ」です。

娘が難病だった時も寝つきが悪く、一緒にお風呂に入った時に必ずしてあげてました。

今では、すぐに寝れるそうです。

ポイントは薬指はしないこと深呼吸しゆっくりと吐く時に強く摘むこと
強く痛みを感じた指は、下の絵を見てどこが悪いか疲れているか確認できます。

ネットで「爪もみ」で検索すると、詳しいやり方がたくさん載っています。
お金もかかりませんので、日々の習慣にしてみてはどうですか。

これを推奨している安保徹先生や福田稔先生によると、継続する事で血液検査の数値まで改善されるとの事です。

我々のところに来た相談者さんも、爪もみで振えが止まった、イライラしなくなったという方が多くいますよ。





「自律神経失調症」その2
「自律神経失調症」その2

自律神経のうち、交感神経は加齢でも衰えません。

しかし副交感神経は男性が30歳、女性が40歳頃より衰え始めます。

結果、交感神経系が優位になるため、高齢者では怒りっぽくなる場合がよくあります。

また医学的な証明は難しいのですが、男女の平均寿命に約10歳の差があるのも、もしかしたら交感神経系の衰えの時期が関係しているかもしれません。

‪#‎天候が悪くなるとなぜ体調がすぐれない事があるのか‬?

低気圧などのように気圧が急に変化する日は、身体に物理的な影響を及ぼします。

隣りあった物質(この場合は空気と人間)は平均化しようとするので、圧力の低いほうへと流れようとします。
 
人間の体は「水の袋」と形容できるほど水分が多く(約60%)、水分は流動的ですから、‪#‎圧力の低い空気中へ向かおうとし始め細胞内の水分も外に向かって膨張することになります‬。

これがむくみの一因になったり、血管が拡張して血圧が下がると考えられています。

これに加えて、「ヒスタミン」という体内物質の分泌による追い打ちがあります。

ヒスタミンは外部刺激があると「肥満細胞」と言われる細胞から分泌され、免疫活動に指令を出す働きをします。

しかしこれも過剰に働いてしまえば、花粉症を代表とするアレルギー症状となります。

最近、低気圧にさらされるとヒスタミンの分泌が増えることがわかりました。

副交感神経の過剰な働きに加えてヒスタミンの過剰な作用も加わり、「不調」もひどくなってしまうことになります。

後半部分は少々難しい説明になってしまいました。

要は気温の低下や台風による気圧の変化などが起きると、‪#‎自律神経のバランスが崩れて元々持病のある部位が敏感になってしまうんです‬。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

‪#‎呼吸法‬
呼吸には吸う(吸気)とはく(呼気)があります。吸気では交感神経系、呼気では副交感神経系が優位になります。

従って、時々思い出したら呼気の時間を伸ばした深呼吸を行なうのがいいでしょう。

できれば臍下3cmにある「丹田」を引っ込める「‪#‎ドローイン‬」の腹式呼吸法がメタボ予防にもつながるのでお勧めです。

個人的には「‪#‎ヨガ‬」を定期的に行なって頂きたいです。

私の経験上、ヨガも自律神経のバランスを整える事が可能です。

ヨガはポーズ(アーサナ)よりも呼吸法に重点を置きます。‪

#‎呼気時間を長くするので加齢で衰える副交感神経系を優位にして自律神経のバランスを整えてくれます‬。

更にはヨガのポーズで柔軟性が徐々に高まると、身体全体の血流が良くなり自律神経失調症としての自覚症状が徐々に改善してきます。

「更年期症候群」にも共通しますが、筋肉の中でも血流が多い肩と腰の痛みも改善することが可能です。

柔軟性の向上は、男性より女性の方が早いです。

なぜなら女性ホルモンは、関節内などにあるコラーゲンを柔らかくする働きがあるからです。

ですが私の経験上、男性もヨガを続けていれば必ず柔軟性が向上します。

アロマと自律神経失調症
 http://genki-go.com/life/aroma.html
ドローイン
 http://matome.naver.jp/odai/2134918970377772601
ヨガ
 http://www.j-cast.com/2014/10/12218147.html?igred=on

‪#‎自律神経失調症の対策の基本‬
自律訓練法などによるセルフコントロール、カウンセリングなどの心理療法(森田療法など)、ヨガ、音楽・アロマテラピーなど五感に働きかける治療法などがあります。

どうしても改善できない場合は、一時的に薬に頼らなければならないこともあります。

森田療法
 http://www.direct-commu.com/colums/mental/mental_008_01_morita1.html

ですが私はこの分野も、「睡眠」「食事」「運動」の「健康の3本柱」が大切だと考えます。

3本柱を大切にして、日頃から免疫力をアップしていれば、自律神経失調症にはなりにくいはずです。

自律神経症状のある方は、おそらく三本柱の何かが足りないと思われます。

何もしなければ、絶対に自分を変える事はできません。

日頃のライフスタイルを見直してみて下さい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。