愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
今、お伝えしておきたいもう一つのこと
 今、お伝えしておきたいもう一つのこと
私は、多くの療法、それも現代医学以外の代替医療と呼ばれるものの
恩恵を受けて、今、Ⅳ期のガンから生還し元気にしています。

それらに深く感謝するとともに、忘れてはならないもう一つのお世話に
なったものがあります。

もちろん一番は、家族や友人の理解協力ですが、それ以外の現実的に
助けになったのは、民間のふたつのがん保険でした。

とくに、入院保障が1日2万円あったので、とても助かりました。

働けない時期があったわけですが、このおかげで、入院費用を捻出した
上で、生活費にあてられる費用も得られて、入院することに躊躇せずに
すみました。

 今は、結構保険料が高いのかもしれませんが、有名なアメリカのがん保険は、夫が20代前半に入っていたものでその扶養家族として結婚したときに加入したので、年払いで2人で17900円くらいです。

 もうひとつは、全国にある県民共済で、これの三大成人病タイプに加入した年に見つかりました。こちらは掛け捨てで月4000円くらいですが、3割から6割くらい、剰余金として掛け金が毎年帰ってきますから、割安です。

 まだガンが見つからないうちに、こうした治療にかかる資金を捻出できる仕組みを整えておくことも大切だと思います。

 そして、もちろん、治療法は間違えないでください。





スポンサーサイト