愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
癌とは何か?いろんな説があるが根本は似通っている。
癌とは何か?いろんな説があるが根本は似通っている。

日本のガン治療を呪縛しているもの。それが?ウィルヒョウの呪い″である。

ウィルヒョウの呪い″が正しければ、人類はとうの昔にガンで絶滅しているはずだ。

つまり自然治癒力を無視し、カどの生えたような無知蒙昧な二〇〇年近く前の ?理論″がいまだ生き残っていること自体、不気味かつ不可解だ。

私は、ガンも必要があって増殖すると思う。

体液の汚れを引き受けて、敗血症になって死んでしまうのを防ぐために、ガンというゴミ溜めが汚れを引き受けて増殖しているのだろう。
 
体内に「毒」や「汚れ」が滞ったとき、一部に隔離して、全体を守る装置が「ガン」の役割というわけである。

ガンは生命(宿主)を守るためのゴミ溜め。そう思うとガンに感謝の気持ちも湧いてくるだろう。

だから、ガンは生命が生き延びるための緊急避難装置ではないのか?

「そこに体内環境汚染がある。汚れがガンのところに溜まっているわけです。その汚染は、金属、化学物質、それに電磁波……」。

これらが新陳代謝不全で、体中に回ると敗血症とか、さまざまな病気になる。

「敗血症は、全身に菌がまんえんしちゃう。」

体の代謝産物は長年の生命体として、これを出すしくみが何重にも備わっている。

ところが、金属に関しては、出す能力が人間はものすごく少ない。ケミカル(化学物質)もそうです。

なぜか?これらは(近代社会になって)最近来たものだから、人間という生命体は排泄機構がまだない。

非常に少ない。まず入ったということに気付かない。金属もそう。

ガン細胞の正体は排泄しきれない化学毒などを緊急自体のゴミ箱として作っている溜めて全身に回らないように隔離している細胞だった。

ガン細胞自体が異常分裂増殖するという定説、細胞分裂増殖説は完全に完璧に間違っている!というよりも悪化させて稼ぐためのビジネス学説にすぎない。

ガンがその人を助けているとなれば、医療産業は稼ぐことができないからだ。

化学物質を溜めているのがガンであるから、猛烈な化学毒である抗ガン剤は猛烈な発ガン剤である。

ガン細胞が猛烈に臭いのはガンが毒素の塊、ゴミ箱であることからすると悪臭がするのも当たり前。

スポンサーサイト
瘀血(おけつ)は滞る血…血行不良の状態なのです。
瘀血(おけつ)は滞る血…血行不良の状態なのです。

おけつって聞いたことありますか?

ん???お尻のことでしょ?って???

いえいえ、、、瘀血でございます。

瘀血の瘀は「滞り」という意味なのです。

血液が滞ると血行不良の状態になります。

血液は、からだが冷えてしまい外に排泄できなかった老廃物君や外から入ってきた異物などがどんどん溜まっていくと汚れていきます。

身体が冷えて、血液の流れが悪くなると血液がそこで立ち止まり、身体の表面の毛細血管が広がっていきます。


すると…。。。


目の下のクマ、足の後方によく登場する静脈瘤、赤ら顔など…。

これって見た目にどよよ~んとして見える感じがします。

血液がどんどん汚れていくと…、その汚れた血液を身体の中から外に出して身体をきれいにしようとします。

それが…鼻血、歯茎の出血、痔の出血などなど。。。

女性の場合は子宮筋腫や不正出血なども

女性の場合は、おおむね13歳くらいから50歳くらいまで月経という形で汚れた血を浄化しているといわれています。

飲酒や喫煙、、、そしてストレスが血液を汚す場合がありますので、健康のためにはこの3つは控えることが可能であれば控えたいところ。

心の問題も血液を汚す原因になる場合が…。

口から入れるもの、心の浄化、身体の外からのトリートメント…大事大事

中から外からのケアを大切に…いつまでも心も身体も元気で居られるよう工夫してみませんか?

全ての病気は血流が悪くなっておこります。
万病の元である全身の瘀血を強制的にサラサラにして血流を良くし、全身のホルモン分泌を促し、過度のストレスや緊張をいっきに取り除きます。

血液を完全に健康であるときの元のすがたに戻します。

脳内ホルモン分泌異常による疾患、体内ホルモン異常による疾患、全ての改善を目的にしています。

全身の関節、脊椎、骨盤を調節し、可動域を広げ痛みやコリを取り除きます。

リンパ液、脳脊髄液、血液、神経の流れと、筋肉、腱の伸縮の改善や、免疫力を高め 内臓機能を改善し、病気になりにくい身体、薬のいらない生活を目指します。

精神疾患・自己免疫疾患・脳梗塞・慢性疾患・膠原病は諦めてはいけません。

すなわち血流を良くし、整えれば全ての病気が癒されていきます。

当センターの施術は「若いころの身体に!」をコンセプトにしています。

全ての病気は血流が悪くなっておこります。



血流が悪くなる原因は、

①ストレスで血管が収縮して細くなります。

②タバコを吸っても血管が収縮して細くなります。

③食習慣(甘いもの)によって血液の質がドロドロになり血流が悪くなります。

④食習慣(油っ濃いもの)によって血液の質がドロドロになり血流が悪くなります。

⑤③~④によってコレステロールが血管壁に付き、固まって石膏化したのが動脈硬化症です。

⑥疲労の蓄積で身体が硬くなり血液が滞ると、肩こり、首こり、腰痛になります。

⑦脳への血流が悪くなると、眩暈や頭痛、鬱、パニック障害、脳内ホルモン分泌異常や脳萎縮、脳腫瘍のリスクが高まります。

⑧平常体温が低い方は免疫力が低下し癌のリスクが上がります。

⑨老化現象は①~⑥の積み重ねの結果でおきます。

⑩不眠症、睡眠不足、脳の興奮は、一日の疲れを深い睡眠時に毎回脳をリセットしているのを妨げています。


他の病気の原因は

⑪医学の薬、農薬、食品添加物、着色料、建設用溶剤、空気中の汚染物質、その他多くのもの。

⑫身体に寄生している細菌(ヘルペス・ピロリ・カンジダ・他雑菌)、寄生虫(ダニ・回虫等)、ウイルス。

⑬健康な身体の細胞、臓器、は互いにレゾナンス(共振)しています。病気になるとその細胞が共振しなくなり病状として現れます。

当センターではこれらの病気の元である原因を一つ一つ取り除いていくことが目的です。

身体には一切負担が無く害がないため、安心して施術を受けることができます。


上記の原因を取除くための施術内容は

交流磁気超長波磁力線調整法・直流磁気刺激調整法・骨格矯正・ストレッチ・バイオレゾナンスです。


「瘀血が原因」の改善方法は

①ストレスには、超長波磁力線調整法で脳全体の血流を強制的にサラサラにして取り除き、脳内ホルモンの出を促し、深い睡眠を得て身体をリセットします。

②タバコは、禁煙してください。

③~⑦は、磁気刺激調整法で全身の血流を強制的にサラサラにし、各臓器の毛細血管にまで血液を充分に行き渡らせ、血管壁に付着したものを少しづつ洗い流します。

⑥慢性疲労は、超長波磁力線調整法と磁気刺激調整法で全身の血流を強制的にサラサラにし、骨格矯正・ストレッチで身体のストレスを開放します。

⑧低体温は、超長波磁力線調整法と磁気刺激調整法とバイオレゾナンスで、体温を上げ免疫力を上げて癌になりにくい身体にして行きます。

体温が3℃上がりますと、免疫力は125倍~216倍になると言われます。

⑨は、①~⑥の方法で時間をかけて改善していけば若返ることも不可能ではないのです。

⑩不眠症、睡眠不足、脳の興奮は磁気刺激調整法で脳を刺激し、血流を良くして脳内ホルモン分泌を促し、ストレスを一気に取除くことで改善します。


「他の病気の原因」の改善方法は

⑪は、体内に蓄積された汚染物質を磁気刺激調整法とゼオライトでデトックスすることが可能です。

⑫⑬は、細菌、寄生虫、ウイルス、重金属、薬、農薬、食品添加物、着色料、建設用溶剤、汚染物質はそれぞれ違った波動(振動周波数)を発しているので、ほとんどの寄生生物の種類と潜伏場所が把握でき、病んだ細胞は、バイオレゾナンスで正常な波動を送り共振させて改善させます。

バイオレゾナンスセラピーメソッドは全ての病気に対応しています。

口腔内の重金属が原因でアレルギーを起こしている方は、バイオレゾナンスを扱っている歯科医をご紹介致します。


バイオレゾナンス
●バイブレーション・波動とは?

●バイオレゾナンスとは?

●生命エネルギーをブロックする因子とは?

●こんな方にお勧めです。

●バイブレーション・波動とは?

食べ物、水、私たちの細胞1つ1つに至るまで固有の振動(バイブレーション)を持っています。

その振動が波となって放射されたものが波動です。

海や山、神社、教会、聖地などで“心身がリフレッシュされ元気になる感覚”を感じたことはありませんか?

それは私たち自身もその一部である大自然の生命エネルギーがチャクラを通して体内に流れ込んで来る感覚です。

体内に取り込んだエネルギーは生きる力となって私たちの身体や精神を様々に活性化してくれます。

東洋では「気」と呼んでいます。

万物を構成し、生成変化させている微細なエネルギーです。

当然「気」には植物や動物の生命力や私たちの身体と分離することのできない心、意識も含まれます。

東洋医学によれば私たちの身体は小宇宙であり、宇宙と同じ法則に従がって生命活動を営んでいます。

つまり宇宙と一体であり、そのエネルギーを取り入れながら生きているという生命観が東洋の医学には流れています。

●バイオレゾナンスとは?

レゾナンス理論=「全ての物質は固有の周波数で振動している」

身体の細胞もそれぞれ固有の周波数で振動しており、それが波動となって放射されています。

しかし、病気になったり、健康に機能しなくなると、その振動が本来の周波数からずれてしまい、異常な波動を出すようになります。

その波動をキャッチすれば、どこに異常があるのかが分かります。

異常な波動パターンを出す細胞や臓器に対して、それに対応した周波数の波動を与えると、レゾナンス(共鳴)が起こり、その振動に変化が起こります。

その振動が変化することで生体の生命力が引き出され正常な状態に戻るのです。

バイオレゾナンスメソッドとして1975年にドイツ人 パウル・シュミットがダウジングの原理をヒントに開発した波動の操作法です。

自然界に存在する波動をキャッチし、それを周波数としてとらえ、共鳴現象(レゾナンス)を利用して、物質や生体、人の意識が発する波動の周波数化に成功しました。

これをセラピー分野に応用したもので、ドイツではバイオレゾナンスセラピーとして認知され多大な実績を上げています。

Hawaiianhealinghandsではドイツの最新バイオレゾナンス機器Time Waver他、e-Lybra9を使用しております。

包括的、全体的な身体の状態のプロファイルのため身体的、心理的、感情的な生理機能の不調和を検知し、1億種以上のバイオ共鳴(レゾナンス)パターンの電子を含む600のデータベースから選択され、バイオエネルギーフィールドに入力されます。

●生命エネルギーをブロックする危険因子とは?

・ウィルスやバクテリアなどの微生物、寄生虫

・食品や水道水の添加物

・ニコチン、タール、アルコール、カフェインなど

・薬剤、化学有害物質

・鉛やアルミニウムなどの金属

・粉塵

・紫外線や放射能

・電子レンジ、携帯、PCなどの電磁波によるエレクトロスモッグ

・不安や怒り、恐怖などの精神的ストレス

・他人の憎しみや怒りなどを受けることによる波動的なストレス

・ジオパシフィックストレス

⇒地下にある水脈や断層などのマイナス波動が人体に及ぼす悪影響

※アレルギー疾患が爆発的に増え続けている現象は、波動的な異常を引き起こす多種多様な危険因子が私たちの体内にどんどん蓄積している事実を物語っています。

危険因子が蓄積されると、一番の大きな危険は、その固有の振動から発せられるマイナス波動が他のマイナス波動に加わり、私たちの生命力をどんどん弱めてしまうところにあります。

●こん方にお勧めです。

・疾病、障害があり症状を改善させたい方 

現代医学に基づく医療もバイオレゾナンス療法と併用することでより効果的な治療が可能になります。

外科的な治療の前や後でも臓器や組織、細胞の生命力を高め回復を早めます。

長期的にかかえている疾病や先天的な疾病、障害をお持ちの方も行ってみる価値は十分にあります。

包括的、全体的な改善が期待できます。


・原因がわからず、体調不良や深いな症状が続いている方

バイオフィールドの不調和をくまなく調べ、「症状」を治すことではなく、アンバランスの原因となっている要因を探り調整します。

生命エネルギーの流れを正常に戻し、臓器や組織、細胞の自然治癒力を高めることで症状の軽減が期待できます。

・ストレスが多くあり、不眠や精神的な不安定となっている方

多くの病気や疾患は感情、精神的または心理的なトラウマで始まります。

ストレスは身体の様々なシステムを最終的には疾病へと移行させます。

それらの因子を開放し、トラウマやダメージのエネルギーバランスをとります。


・外傷、ケガなどを早くキレイに治したい方

事故によるケガなどの場合は物理的な力が外から加わり、その部分の細胞がダメージを被ります。

挫傷、捻挫、出血、内出血、ヤケドなどはエネルギーフィールドにも障害が起きています。

その障害を取り除くことにより細胞の修復力や再生力、自然治癒力が高まります。

迅速でキレイな回復が可能となります。


・ご自身の健康状態をチェックしたい方

西洋医学の診断とはその原理が根本的に違いますので、病気の診断ではありません。

波動医学の中で実施される波動的なチェックにより、包括的、全体的な身体の状態のプロファイルを得られます。

副作用がなく苦痛やリスクがありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して受けていただけます。