愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
内部被爆で重症の人が助かる道に光が!
内部被爆で重症の人が助かる道に光が!

~アメリカ合衆国陸軍の放射線障害防止

対策を凌ぐものとは!


実は、記事の題名の通りのことが分かりつつあります。

ただ、今は公表するのは差し控えておきます。

それが整理出来たら、近い将来に記事にするつもりです。

恐らく、ものすごく重要な内容のものになるはずです。




今回は、それに関連して、予備知識として重要な項目を

整理するにとどめたいと思います。

皆さんは、以下の記事の内容を是非、記憶しておいて下さい。





アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨

http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html ~より




一部引用

●海塩について:

あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、
X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療
を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りの
お風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断された場合、
重曹を水に混ぜてうがいをすることで、
放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所の

ドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に

重曹を使用しました。
重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。
現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%の

ウラン除去に成功しました。 

●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。
アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に

重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、

たとえ微量であっても、有害です。
X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と

呼ばれる全ての治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、
放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

●お風呂や飲料水に重曹を:

放射性毒を体内から排出するためには、
お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、
そのお湯に浸かります。

海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、

毎日コップ数杯を飲みます。
これで、体内の放射性物質を除去するのに必要な
ミネラルと痕跡元素を補給できます。

●塩水が飲めないよ!などの場合:

アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成される
フリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。
システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”
の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、
硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。

スポンサーサイト
心は自分しだいでどうにでもなる。
心が積極的であれば

積極的なものを引きつけるし、

心が消極的であれば

消極的なものを引きつける。
日本の地下水脈から出る放射能分布地図発見!
我々は日本の水資源としての「地下水」とその「地下水脈」のことを知らない。

まあ、知らされていない。

しかし、彼の国、アメリカは軍事偵察衛星で水資源から金鉱から何から何までをトモグラフィーという科学的手法によって見抜いているのである。

まあ、まったく科学音痴の科学技術立国日本だから、学者や教授は自分の関心のあるものにしか関心が向かないといういびつな思考を行うものたちばかりとなってしまった。

それゆえ、そんな連中の指導や教育を受ける学生たちはもっといびつになるわけだ。

そして社会にいびつな人間になって飛び立って行く。

そしてその一部がマスゴミに行くからもっといびつな報道をする。この悪循環に陥るのである。

まあ、そんなことはどうでもいいが、アメリカには実に興味深いサイトが存在することを発見したヨ。

それは、「地下水から出る放射能を測定しそれを地図にすることのできる」ものである。

本邦初公開。

おそらく日本人でこのサイトに気づいたものはその筋の専門家くらいだろう。

以下のものである。

http://quasimoto.exblog.jp/19238315/

「祈りは通じる」

「祈りは通じる」


アメリカの研究でこんな実験がありました。

末期がん患者を無作為に選んで、
AとBの2つのグループに分けます。


彼らから遠く離れたところに住む
10人の健康な人に、

Aグループの患者さん10人の名前を伝えて
回復を祈ってもらいます。

Bグループの患者さんには、
まったく何もしません。

その結果は、驚くべきものでした。


祈ってもらったAグループの患者さん
(自分が祈ってもらっているとは知らない)
の方はあきらかに回復率が高かったのです。


祈っている人は、相手が誰かも知らないし、
祈ってもらっている人は
何も聞かされていないにもかかわらずです。

何回実験しても、
またニューヨークの病院の患者さんでも
ロサンゼルスの病院の患者さんでも同じ、
という結果になりました。


祈りの効果には、距離も関係がないことが
わかったのです。


現代の科学では、そのメカニズムは
まったく解明されていませんが、
その効果は、科学的に証明できたわけです。


それほどまでに祈りには力があるのです。


私がおもしろいと思ったのは、
祈るほうもたいして信心深い人ではなく、

特別に気合いをいれて(!?)
祈ったわけでもないのに、

効果があったという点です。


キリスト教や仏教の熱心な信者でなくても、
自分の祈りの効果を信じていなくても、
効いたというのですから驚きです。


自分のために祈っても
無心の状態にはなれませんが、

誰か自分よりも大変な人を思い浮かべて
祈ってあげると、一生懸命になれます。


あなたよりも経済状態が悪かったり、
病状がひどかったり、
人間関係に苦しんでいたりする人のために、
ぜひ祈ってあげてください。


そういう人が
まわりに思い浮かばない人は、

外国で戦争やテロの犠牲になったり、
食べ物を満足に食べられない
子どもたちのために

祈ってあげてください。


すると、不思議なことに、
心が安らかになってきます。

無心になって人の幸せを祈ると、
自分にもそれが返ってくるからです。


愛は、差し出すことで、
いくらでも自分の中から湧いてくるという
不思議な性質を持っています。


でも、相手がその見返りが欲しい
と思った途端、愛が返ってこないと感じて
イライラしたり、落ち込んだりします。

欲しいと思うと手に入らないのに、
他人にあげようと思った途端に
手に入るとは、ユニークな仕組みです。

人間の心に、この仕組みが
プレインストールされているのなら、

宇宙の摂理が
そうなっているのかもしれません。

インフルエンザ・ワクチン
これまで、人類にとって知られている中で最も多くの死亡者数を出したインフルエンザは、1918年から19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪です。

スペイン風邪といっても実際の発生源は、アメリカです。当時、各国は第一次大戦中でその流行を報じませんで した。

そこで、当時中立国であったスペインが、その大流行の存在を報じたため、「スペイン風邪」と呼ばれるようになったといわれています。

その犠牲者は、世界で4000 万人から5000万人と推定され、日本国内でも約40万人から50万人もの死亡者が出たといわれています。

驚くべきことに、このスペイン風邪も、じつはワクチンが原因だったのです。

テレビや新聞のニュースでは一切報道されませんが、最近になってその原因の科学的な究明が進んでいます。

そしてたくさん死んだのはアスピリンを飲んだからであり、すべてはマッチポンプとしてつながっています。

その結果、判明したのは、米軍内で接種されてきた腸チフスワクチンが体内で変異を起こして強力なパラチフス菌になり、それがインフルエンザの正体であることがわかったのです。

そして、それが米軍内から発生していることを隠蔽するために今でもスペイン風邪と呼び続けています。

このとき、インフルエンザにかかったのは、ほとんどがこのワクチンを接種された人達でした。

そして、最近話題になった豚インフルエンザですが、これは今から30年以上も前の1976年、同様に米軍基地内で突然発生しており、このときラムズフェルト国防長官が豚インフルエンザ・ワクチンを法的に全国民に強制接種しようと動きました。

政府は、テレビや新聞を通じて、国民にワクチン接種を受けるよう大々的な宣伝活動を展開し、その結果、指示に従った4600万人が接種を受けました。

しかし、ワクチンが汚染されていたために4000人が神経麻痺などの深刻な健康被害に見舞われ、50人を超える死者が出たため、ワクチン接種は中止になりました。

しかし実際には、政府がテレビや新聞で警告する大流行は現実には全く起きていませんでした。

あなたが知っている鳥インフルエンザももちろん似たようなものです
「気づき」
気づきほど、深い勉強はありません。

勉強とは、本に書かれていることを読んで学ぶことや、人から教えられることだけを指しているのではありません。

自分で気づいて体得することこそ、本当の勉強です。

本に書かれていることはたしかにどれも味わい深く奥が深いものばかりです。

しかし、そこで学んだことは疑似的であって、実際に経験したことではないのです。

たとえば、恋愛です。

恋愛に関する小説や本は山ほど出版されています。

しかし、どんな恋愛の話や方法論も、実際に経験する恋愛ほど刺激的なことはありません。

自分の身を通して経験する恋愛からはたくさん「気づくこと」があります。

笑ったり涙したりしながら身につけることが、本当の勉強になるのです。

本に書いていないことや本では表現しきれないことは、あなたが実際に経験して「気づく」しかないのです。

どんなに奥の深い本も、あなたの「気づき」にはかないません。

気づきとは、最高の勉強なのです。






『簡単そうでとても難しいこと』
『簡単そうでとても難しいこと』

大切な人を信じること

大切な人を信じた自分を
信じること

裏切らないこと

人を傷つけないこと

思いやりを持つこと

相手の気持ちになって
考えること

素直になること

笑顔を忘れないこと

ちゃんと向き合うこと

まわりの人を愛すること

自分を愛すること

どれも簡単そうでとても難しい
「人生に絶対的に必要とする生命の力」
「人生に絶対的に必要とする生命の力」

①体力

②胆力

③精力

④能力

⑤判断力

⑥断行力

この六つのいずれか一つでも欠乏し、

または不完全であると、

人生の根本理想は根底から覆されることになるのは必至である。

【抗がん剤は、実は増癌剤だったアメリカの常識▶日本の非常識】
【抗がん剤は、実は増癌剤だったアメリカの常識▶日本の非常識】

米国癌学会で抗ガン剤治療を受けた多数の患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定。

これは今や医薬界では常識ですが、知られては困る医薬マフィアによって一般には周知されていません。

今や日本人の死因の第1位となっている癌の治療について、こちらの医師のページに記載されているアメリカ議会 ガン問題調査委員会「OTA」(Office of Technology Assessment)レポートによると、現在の癌の抗癌剤による通常療法は 「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」 「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」 「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」 「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

この結果をOTAが重視して、88年にガン問題調査委員会が組織されて、通常療法と非常療法(代替(だいたい)療法)の比較が行われました。

ここで述べられている非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により身体の抵抗力を高めて、自然に治そうという考え主体の治療法です。 その結果・・・非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。

アメリカ国立ガン研究所(NCI)は現行の治療には数十余年で見るべき進歩がない。

政府はNCIへの研究補助費に疑問を投げて、国民のためのガン治療をしているとは言い難いとまでNCIの責任を追及しているのです。

追い打ちをかけるように会計検査院(General Accounting Office)の87年の調査報告書では、NCIへの予算がガン患者の生存率に寄与していないという報告まであげているのです。

(OTAレポートの後に、抗ガン剤が「増ガン剤」になるという問題は1988年(平成元年)の日本癌学会大会でも大きな問題となり、本家NCIでも同年に通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているのです。  

1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。」 『なんと抗癌剤は実は増癌剤だというのか!』 抗癌剤の副作用情報を確認してみると。 ちゃんと二次発癌と書いてある。

抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのだ。

一番上の抗癌剤はナイトロジェンマスタードと書いてある。

もしかして、ベトナム戦争で枯葉剤としてまかれ、多くの癌や奇形を出したマスタードガスに関係するのかと思い調べてみると、上の表の1行目のナイトロジェンマスタードや2行目のシクロホスファミドについて塩野義製薬の以下の説明を見つけた。

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足したものであであり、シクロホスファミドの致死量は1500mg。

これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物であることがわかる。

シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤だそうだが、万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性があるという。

シクロホスファミドは発癌性物質のグループ1に分類されており、シクロホスファミドは常温で揮発するため、調整時はもちろん、残薬の処理、患者の尿の取り扱いによっては、病棟全体が汚染される危険性があるという。

平成19年に調査した医療施設のすべての環境からシクロホスファミドが検出されたということは、すべての医療施設は常温で揮発する発癌性物質で汚染されていると考えて対処しなければならない。

なるほど医療関係者は国立がんセンター総長をはじめ癌でなくなる人が多いが、これが原因のひとつがこれかもしれない。 ハーバード大学医学部のアイゼンバーグ博士の1990年度調査によると、アメリカでは教育があり収入が高い人ほど抗癌剤による療法を避け、代替療法を選んでいるという。

抗癌剤がマスタードガスと同等のものであるとわかればさもありなんだ。

「ハーバード大学医学部のアイゼンバーグ博士の1990年度調査によると、アメリカではプライマリケアの医者に行く訪問回数推計では、一般の医者に行った回数は、年間3.88億回に対し、代替医療の訪問回数は、4.25億回と、代替医療に行く人の数が多くなっています。 代替医療への自費出費額(1.03百億ドル)は病院への自費出費額(1.28百億ドル)に、ほぼ追いつき、全米医師への自費出費(2.35百億ドル)の半分に迫っています。 症状別の使用比率では、例えば腰痛の36%の人が代替医療に行っています。アメリカの国民の3分の1の人が、代替医療行っています。また、教育のある人ほど、収入のある人ほど、代替医療に行っています。 これらのデータは米国民が代替医療を選んだことを意味しています。このアイゼンバーグレポートは全米に衝撃を与えました。」

この記事はある抗がん剤治療に異議を唱えている友人の医師からうかがった話を元にまとめました。

【緊張を和らげる4つの方法】
【緊張を和らげる4つの方法】

緊張してドキドキする場面に出くわしたことはみなさんありますよね。「胃が痛くなった」「手汗が止まらなくなってしまった」など身体的な反応に嫌な思いをした方も多いかと思います。

著者は長年ダンスをしていて、大勢の前でダンスを披露することがありました。またオーディションなど自分を評価される場では、とても緊張した経験があります。

そんな体験を活かして上手に緊張を和らげ、緊張と向き合う解決策を紹介したいと思います。

緊張を感じる時

人前で何か発表するとき
初対面の相手と話すとき
大勢の前で意見するとき
自分を評価されるとき
初めての職場で仕事をするとき
オーディションなど自分の力を発揮しなければならないとき
スポーツ観戦しているとき
自分を良く見せたいと思い行動するとき
緊張をほぐす4つの方法

1.イメージトレーニング

人前で発表するときや意見するときの緊張に役立つのがイメージトレーニングです。これから自分がすべき行動を頭の中でイチからイメージします。

自分の理想に近い状態をイメージすることがポイントで、必ず成功する場面を想像してみて下さい。過去のことではなく、これから起こることを良い方向でイメージして下さい。

イメージトレーニングを正しく実行すると、脳内に新たな回路が形成され成功に繋がるそうです。イメージしながら必ず成功すると思うことで緊張がほぐれます。

2.緊張して当たり前と考える

緊張してはいけない、緊張がばれると恥ずかしい…そんな風に思っていては余計に緊張感が増すだけです。「人前に出たら緊張するのは当たり前」「みんな緊張している」「自分だけが緊張しているのではない」そう思うようにしてみましょう。

緊張していること自体を隠そうとしてしまっては逆効果です。「あ〜緊張するな〜」と声に出して言ってしまっても良いくらいなのです。あるがままの自分を出しましょう。そう思うことで緊張がいくらか和らぐように思います。

3.深呼吸で呼吸を整える

深い腹式呼吸で呼吸を整えてみて下さい。深呼吸を何度か行い、リラックスを心がけてみましょう。

仲間がいる場合は仲間同士手を取り合って、一緒に深呼吸をしてみることも効果的です。是非試してみて下さい。

4.おまじないをする

緊張を和らげるおまじないとして、良く行われている方法があります。手のひらに指で「人」と言う字を3回書きます。そしてそれを口に含むマネをして、ゴクッと飲み込みます。これで緊張はほぐれ成功に繋がります。

あくまでおまじないなので、気持ちの持ちようと言う意味で是非試してみて下さい。

緊張しないようにするためには?

経験を積む

何度もこの日のために練習して経験を積んできたのだからきっと大丈夫と強く思うことが大切です。また経験を積むことで緊張は次第に薄れていきます。緊張しないためには、慣れが1番なのかもしれないですね。

自分に期待をかけ過ぎない

また過剰な期待が緊張を生むきっかけとなるため、あるがままの自分を出すことに集中してみて下さい。自分が今までしてきたことが結果に繋がるのだと、なるようになるといった気持ちでいることが大切です。

アドバイス

ほどよい緊張感は成功に繋がるために必要なものだと思います。緊張を隠さず、緊張感を逆に楽しむ位の余裕を持って場に挑んでみて下さい。

直前までは震えるほど緊張していても、いざ始まってみたらなるようになっているのです。緊張したらどうしようという感情は捨てて、緊張して当たり前という考えを持ってみて下さい。

おわりに

緊張をほぐす方法として是非実践してみて下さいね。プレッシャーや緊張感に潰されることなく、本来の自分の力を発揮できると良いですね。