愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 STAP細胞 』
間違ったことを盲目的に信じてる人、やたらと多いですよね・・・

政治、宗教、メディアなどなど挙げたらキリがありませんね・・・

『 STAP細胞 』の小保方さんみたいに皆がもっといいことに盲目的になればいのになぁ・・・w

【 信じることの“脳力”:痛みの緩和だけではなく心地良さを増幅させるプラシーボ効果 】

「病は気から」と言われるように、心と身体は密接に関連している。

薬の効果も同様で、偽薬の服用で症状が改善したと感じる「プラシーボ効果」はその一例だ。

最近の研究によって、その効果は痛みの緩和だけでなく、心地よさを増幅させることにも効き目があると分かった。

盲目的な暗示にかかると、人の脳は驚くべき薬をつくり出す。

例えば「痛み止めの薬です」と、医者から処方された単なる“シュガーピル”があるとしよう。

その偽薬を人々は本物の薬だと信じて飲み込み、数分後、何割かの患者は痛みからの解放にほっと胸を撫で下ろすことだろう。

しかし、鎮痛剤でもないのに砂糖で痛みが薄れるのはなぜなのか。

ただ単に痛みが薄れたと思い込んでいるだけだろうか、それとも体には何らかの物理的な作用が起こっているのだろうか。

1978年、米カリフォルニア大学のジョン・レヴィン率いる研究グループは、親知らずを抜歯後の患者40人へ、痛み止めと称した偽薬を投与した。

これにより、全員ではないものの大半の患者が痛みの緩和を報告。その1時間後、レヴィンはまたもや“薬”として生理食塩水を処方。

ただし、17人の患者には痛み止めの効果を失くすナロキソンを施した。

すると、ナロキソンを投与された患者たちは、再び痛みを訴えるようになったという。

痛みからの解放を期待するだけで、強力な鎮痛剤であるモルヒネと同等の「無痛」を引き起こす人達が一定の割合で存在する。

これが「プラシーボ効果」と呼ばれるものだ。驚くべきことは、痛み止めを飲んでもいないのに、鎮痛剤の効果を抑制するナロキソンを注入された患者は、それがどう作用するかもわからないまま、再び痛みを感じ始めたことだ。

偽薬で緩和された痛みは、ただの暗示効果ではなく、生化学的変化を伴う事実を示している。プラシーボとは、本人の自覚なしに体の機能や知覚を変えるものなのだ。

1978年に行われたレヴィンの衝撃的な実験以来、人間の脳に秘められた「思い込みの力」を探るべく、様々な研究が為されてきた。

痛みの改善だけではなく、偽薬により、鬱病、過敏性腸症候群、パニックアタック、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、むずむず脚症候群など、不快を伴う症状の緩和はプラシーボ効果の好例として知られている。

「真の薬剤」としての効果を調べる臨床試験では、含有成分がプラシーボによる心理効果以上の成果が得られないと、薬として認定されないものも多い。

プラシーボ効果はもっぱらネガティヴな感覚からの緩和をメインに研究されてきたが、今回プラシーボがもたらす「思い込みの力」を別視点から研究したのは、スウェーデンのヨーテボリ大学研究者のダン=ミカエル・エリングセンだ。

彼はこれまでのプラシーボ実験で明らかにされた数々の結果のもと、プラシーボによりポジティヴな感覚を向上させられはしないだろうかと考えた。

今回の研究の基盤となったアイデアは、次の3つだ。

まず、「機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による研究では、プラシーボが主観に基づいたネガティヴな症状を緩和させているだけではなく、痛み、不安、不快な味など、脳内で嫌悪の刺激となる回路も抑制している」ということ。

皮膚からの感覚情報は同じ神経回路(とりわけ、視床、一次・二次体性感覚地域と島皮質後方部)で処理されるが、プラシーボはこの回路に働きかけることが明らかになっている。

2つめに、「強い痛みから解放されれば、“快適”と感じられることがあるように、『痛み』と『心地良さ』は脳の賞与の回路において密接な関連があることが示唆されている」こと。

そして3つめは、「プラシーボによる緩和の度合いが人によりまちまちであるように、『心理的・環境的要因』は人間の主観的な知覚を大きく左右する」ということだ。

痛みと同様、心地良さ、食べ物の味といった感覚が、「周りの環境」や「期待値」に大きく作用されるという事実は、おそらく誰もが経験したことのあるものだろう。

家でひとりで飲むワインと、親しい友人や恋人と雰囲気のいいレストランで嗜む少々値の張るワインとでは、きっと味が違うように感じられるはずだ。

たとえ、それがまったく同じワインだったとしても。

痛みの緩和を目的としたプラシーボにおいても、同様のことがいえる。

偽薬を本物だと信じこませるにはどうしたらいいのか。

実験を病院で行い、白衣を纏った厳格な医者が難しい薬の説明するだけで、信憑性はぐんと上がることだろう。

このようにして環境が違うだけで、われわれの主観というのは大いに変わりうるのである。

『米国科学アカデミー紀要』で発表された論文で、エリングセン率いる研究チームは、30人の被験者にドキュメンタリーを観せ、「オキシトシンが含まれた鼻腔スプレーは、痛みの軽減、肌触りの向上といった効果がある」と、信じこませた。

オキシトシンは、スキンシップにより分泌されるという、社会生活において信頼や愛情に関わっているとみられるホルモンのことだ。

実験は2日に分けて実施された。

被験者らは、“オキシトシンが含まれている可能性のある”プラシーボ鼻腔スプレーを噴霧、またはコントロールとして噴射を行わないまま、3つの感触を腕に試し、それらの不快さや心地よさを-5から+5までの数字で評価。

3つの感触とは、腕をソフトブラシで撫でる、温かい人の手を模倣したジェル性温冷パッドで触れる、47度ほどのサーモードで触れる(だいたい43度以上の熱刺激は脳で痛みとしてとらえられる)などだ。

その後、研究者らは被験者の主観的な評価を、fMRIの脳活動データと比較した。

「プラシーボにより、被験者らの触れられることへの心地よさが増え、痛みによる不快さが減った。

脳活動を比較した所、プラシーボによって変更された感覚の処理における回路は、被験者の主観的な変化を反映していた」 面白いことに、プラシーボによる「心地良さ」に大きな向上を示した被験者は、プラシーボによる「無痛」の反応も大きかった。

プラシーボ効果の根本にあるのは、向上したいという期待が脳の賞与の部分に働きかけるためだからだと、エリングセンは話す。 また、fMRIの分析では、痛みと心地良さの脳神経システムは、相互に作用すると共に、相互に抑制もしていた。

心地良い音楽、食べ物、匂い、感触といったポジティヴな刺激は「無痛」を引き起こし、逆に「痛み」は喜びやポジティヴな感情を抑制するのだ。

プラシーボ(偽薬)は、強力な鎮痛作用があるオピオイド受容体を介する神経伝達を活性化することから、これまでネガティヴな症状の緩和に使用されてきたが、今回の研究で明らかにされたのは、何も偽薬でなくとも「脳の賞与の神経回路」に働きかければプラシーボと似たような効果を引き出せるということだ。

落ち込んだ時に聞く“癒やし効果のある”音楽のように、いい匂い、美しい絵、心地よい感触なども、医療現場で患者の症状を緩和させられる可能性がある。

この研究によるプラシーボ効果のポジティヴな側面は、医療現場のみならず、日頃の生活にも応用できるだろう。

楽天的な人ほど、小さなことでくよくよせず、いつも幸せそうなイメージがあるが、事実、根拠はなくとも「なんとかなる」と信じこむ前向きなプラシーボが、ネガティヴな感情を感じにくくさせているのかもしれない。

いずれにせよ、プラシーボは懐疑的であってはうまく働かない。

人間の脳は、信じきることで秘められた可能性を明らかにするのだから。




スポンサーサイト
相手の長所に惚れること
相手の長所に惚れること

が【恋】だとすれば

相手の短所を知ったのに

好きでいられるのが【愛】だ

恋から愛に進化するためには

相手の短所を知る必要があるのだ

「エリートじゃないのに好き」

「お金持ちじゃないのに好き」

「イケメンじゃないのに好き」

このように

「……なのに好き」

というのが愛なのだ

愛というのは相手の短所に

遭遇してから始まる

短所を見てしまったのに、

それでも嫌いになれない

忘れたいのに忘れられない

そうなったら

もはや恋ではなく

愛に進化を遂げたことになる






睡眠時間が短いと寿命も短くなる。
睡眠時間が短いと、
寿命も短くなる。
睡眠時間が長いと、
寿命も長くなる。

しっかり睡眠時間を取りましょう。

特にこれは、若いころからの蓄積が大切です。

長生きする人の生活スタイルを研究すると、睡眠時間が多いことに気づきます。

7~8時間前後の十分な睡眠を、若いころから心がけている人が多いのです。

なぜ、睡眠時間が重要なのかというと「ストレス解消」が関係します。

老化の原因は、人がさびる要因となる「活性酸素」が原因です。

その活性酸素は、生きていれば必ず発生しますが、特に「大量に発生する瞬間」があります。

ストレスを感じているときです。

精神的なストレスは、多くの活性酸素を作り、老化を促進させてしまいます。

ストレスを感じると、その穴を埋めるために、体中が活動するからです。

ストレスがなければいいと考えてしまいますが、そう単純な話ではありません。

ストレスがない生活は、社会生活を営む上では避けられませんし、適度なストレスはむしろ勉強や仕事でよい刺激となります。

大切なことは、ストレスを「感じないこと」ではなく「ためないこと」です。

適度なストレスのある生活は心がけつつも、ストレスはためず、その日のうちに解消できればいいのです。

そのポイントこそ「睡眠」です。

最低6時間以上の睡眠は、必要です。

理想は、7~8時間前後です。

9時間以上の長すぎる睡眠も体によくない研究結果がありますが、忙しい現代社会に、長い睡眠を取る心配は、さほどないでしょう。

7~8時間前後の睡眠をしっかり取れば、ストレス解消をすることができ、健全、かつ長生きのできる生活スタイルになります。

寝るのは時間の無駄、と思わないでください。

しっかり寝ると、ストレス解消だけでなく、成長に必要なさまざまなホルモンが分泌されます。

しっかり睡眠を取れば、次の日の朝、肌の調子がよくなるのはそのためです。

まさに、美容と健康における、最高の投資なのです。

睡眠は、最低6時間は取ろう。



重金属デトックスが健康の鍵
重金属デトックスが健康の鍵
体内に蓄積されている重金属を取り除くことによって、従来感じることができた幸福感を早く取り戻し、エネルギーも早く回復させることができます。

以前はもっと幸福感を感じていたのに・・・
以前はもっと思考力が鮮明だったのに・・・
以前はもっと元気だったのに・・・

と感じている人は、年齢のせいだけではありませんよ。

簡単な四つのステップだけで重金属デトックスやってみましょう。

従来私たちの体は自然にデトックスできるようになっていますが、砂糖類やカフェイン、加工食品、フッ素などの添加物、ワクチン接種、農薬、ダイオキシン、化粧品などに含まれている添加物、ストレスなどによってデトックス力が低下しています。

よってデトックス機能を促すことをして自然に排出できる状態になりましょう。







人間の体を壊す4つの条件があります。
人間の体を壊す4つの条件があります。

●酒

●たばこ

●暴飲暴食

これら3つは、それぞれ5%程度の影響で、
この3項目の集積でも20%ほどしか関わって
いませんが、実は次の4つ目の条件が、
体を壊す要因の80%を占めているようです。

●不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句

というものです。

例えばいくら「健康食品」を食べていても、
家庭内でケンカが絶えないことや、
「あれは体に毒だ」「これも体に悪い」
と否定的なことを言っていることのほうが、
体を壊す影響が強い。

その健康食品はプラスには働いてくれないで
しょう。

つまり、自分の体に入ってくるものに対して、
批判的な言葉を加えれば加えるほど、体の中で
毒になるということです。

そして、防腐剤や着色料が入っていても、

「私の体の一部になってくれてありがとう。
栄養になってくださってありがとう」

と手を合わせ、何でも笑顔でバリバリ食べて
いる人は、意外に元気なのです。

自分の想念というものは、実はとんでもなく
強力に、自らの体をコントロールしており、
私たちが何気なく言った一言によって、
体はものすごく律儀に素直に反応している
ということです。






デトックス効果が高い食べ物
デトックス効果が高い食べ物

目次今週は「デトックス」について書いています。

前回の記事では、汗をかくことが有害ミネラルなどの 「体外毒素」 をデトックスするのに効果的だという話をしましたが、「体内毒素」は排泄によって体外に出されるのです。

今日は排泄をスムーズに行うことで、デトックスを助けてくれる食べ物のことについて書きましょう。



体内毒素は排泄からデトックスされます

デトックスのためには、便による排泄、尿による排出をスムーズに行うことが大事なのです。

毒素が何から排出されるかの割合というと・・
•髪からが1%
•爪からは1%
•汗からは3%
•尿からが20%
•便からが75%

と言われます。便と尿からがほとんどなんです。排出しなければいけない毒素の殆どは人間が自らつくる「体内毒素」であって、それは尿と便から外に出されるのです。

ですから排泄をスムーズに行うことはとても大切なことなのです。

もちろん「便秘にならないようにする」ということは非常に重要なことなのですが、便秘になっていなければそれだけでいいというものでもありません。

便と一緒にできるだけ毒素を多く出しちゃいたいのです。

そのためにも「水分補給」と「食物繊維」が大切な役割をします。

ダイエット教室のテーマ「水分補給」 と 「食物繊維」で学んだことが、体内毒素をデトックスするためにもとても役に立つ内容なんですね。

1.食物繊維について


2.食べ物の消化と吸収と排便について


3.野菜を先に食べると太りにくい理由


4.食物繊維のダイエット効果


5.食物繊維をしっかり摂れる食生活


便秘の解消や予防という意味でも「食物繊維」と「水分補給」は大切ですが、それだけでなく、デトックスを効率良く行う意味でも「食物繊維」は効果があります。

デトックス効果が高い食べ物を紹介しましょう。



デトックス効果が高い食べ物

食物繊維には不溶性と水溶性の二種類がありますが、特に水溶性の食物繊維はネバネバのゲル状になって体内の毒素を吸着して排出する効果が高いです。

また、不溶性食物繊維は大きく膨張して腸の働きを活発にして排便をスムーズにしてくれる効果があります。

「水溶性が毒素を吸着する」 「不溶性が便をスムーズに排泄する」、この二つの特徴がデトックスに役立つんですね。

腸内で毒素を吸着して排出する食材 としては

ごぼう、オクラ、レンコン、こんにゃく、トマト、海藻、玄米 などがあります。



キレート効果

また、食物繊維のように包み込むだけなく、外に出したい毒素と科学的に結合して、体外への排出を促してくれる、「キレート作用」 がある食品もあります。

包み込むだけだと、またもとに戻ってしまうこともありますが、キレート結合された有害ミネラルは体内で再吸収されることなく尿や便などから排出され、効果的なデトックスができます。

たとえば、魚介類や緑黄色野菜に含まれる亜鉛やセレンは 水銀 や ヒ素 に対してのデトックスを促進しくれることでよく知られますが、ビタミンA、C、E、や含硫アミノ酸(にんにくやたまねぎに含まれるイオウを含んだアミノ酸)などもデトックス効果が高いと言われます。

血液中の毒素をキレートする食材

にんにく、アスパラガス、ブロッコリー、ねぎ、ほうれんそう、大豆、りんご などがあります。

肝臓での解毒機能を強くしてくれる食材

たまねぎ、キャベツ、ブロッコリー、にんにく、ダイコン、わさび など



活性酸素除去

それと、体の中で作られてしまう体内毒素の中で、しっかり対処しておきたいものの一つに、「活性酸素」 があります。

活性酸素は体を錆びさせる。

と聞いたことがあると思います。錆びるとは酸化するということで、活性酸素の影響で老けたり、しみやしわができたり、ガンなどの病気の要因になったりするんですね。

生活習慣病の発生の90%に関係すると言われます。

で、活性酸素は運動したり、ストレスを感じた時など、ダイエットする時に発生しやすかったりするんです。

みなさんはダイエットをしてキレイに健康的になりたいわけですから、活性酸素についてはちゃんと意識をするほうがいいですよね。

その活性酸素の酸化に対抗するために、ビタミンやファイトケミカルなどの抗酸化作用の強いものを食べるようにしたらいいと一般的に言われます。

体内の活性酸素を除去する食材

βーカロテン : ニンジン、小松菜、ほうれん草、かぼちゃ、ニラなど
ビタミンC : ブロッコリー、小松菜、ピーマン、トマトなど
ポリフェノール : 赤ワインなど
リコピン : トマトなど
スルフォラファン : ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなど
メラノイジン : みそ、しょうゆなど





デトックスを考えるとき、何を食べるかということはとても大切なことです。

一つには、なるべく毒素を身体に入れない食事をすることです。

食品添加物の多そうなもの、加工食品やコンビニのお弁当や、そういったものはなるべく少なく済ませられるようにするとか、また、残留農薬などが少なくなるよう、野菜はよく洗って食べるなど、毒素が身体に入らない配慮をしましょう。

しかし、あまり 「入れないこと」 に神経質になりすぎることもよくないです。

多かれ少なかれ入ってくるのですし、気にし過ぎると好きなモノを食べられなくなっちゃいます。

入ってきた毒素を出来るだけ出しちゃえばいいのです。

なるべく食物繊維が多い食材、キレート効果のある食材を増やすようにするとか、水分補給をしっかりするなど、できる範囲の努力をしましょう。

デトックスはダイエットにも影響しますしね。






自分に投資しなさい。
努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。

多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。

年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。

最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。

自分に投資しなさい。

私は40歳になるまで、一銭たりとも貯金したことがない。






悲しみや、苦しみの深さがわかる者は、
悲しみや、苦しみの深さがわかる者は、

喜びや、人のやさしさや
幸せというものが

深くわかる者だということ。

だから地上において、

いろいろな苦しさもあるかもしれないけれど

悲しみもあるかもしれないけれども

そこの中であなた方が今学ぶものは大きい。








外見をどうこうするよりも、
外見をどうこうするよりも、

たくさん傷ついて中身を磨いて。

そうしたら必ず

にじみ出てくるものがあるから。

それが「魅力」というもの。







偏りのない公平で美しい愛情
常にいかなる場合にも、

偏りのない公平で美しい愛情と、

真の誠実さを心として尊い思いやりで助け合うという、

いわゆる文字どおり親切本位で共に活きることが

最高の理想でなければならない。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。