愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
食品添加物
食品添加物

昔から使われていますので、出来るだけ避けたいけれど、ある程度は仕方ないかなと思っている人も多いことでしょう。

実際、今の世の中では避けきることなどできませんね。

さらに、添加物に近く問題なのが「タンパク質加水化合物」であると、「食品の裏側」の著者、阿部司氏も仰っています。

「タンパク質加水化合物」を作る際に塩酸を使うので発がん性のある塩素化合物ができる恐れがあり、安全性には疑問が有ると指摘されているのです。

私たちは1日当たり、9,315.8㎎(約10g)もの食品添加物をとっています。

1日10gは年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の摂取量ということです。

例えば、グルタミン酸ナトリウム(MSG、味の素)は、 大量に摂取すると身体に異変が起こり、顔がしびれたりひどいときは呼吸困難になることがあったようです。

また、東南アジアでは野犬狩りに使われたりします。肉に大量のMSGを振りかけておき、野犬がその肉を食ってフラッとなった処を捕獲するのです。

それでは食品添加物がなぜ危険なのかを見ていきましょう。

1. 化学調味料は神経の働きにブレーキをかけ直観力を鈍らせる

化学調味料を非常に警戒しなければならない。

化学の味で味覚神経を鈍らせ麻痺させるばかりではなく、 脳神経も麻痺させてしまいます。

2. タール系色素は化学構造上、すべて発ガン性や催奇性の疑いがあります。

発ガン性などの理由で使用禁止になったものは、赤色4号、赤色5号、黄色1号、緑色4号など全部で17品目にも上ります。
赤色2号は、アメリカでの動物実験で発ガン性の疑いが持たれ、米国では使用が禁止された危険な着色料です。

3. 輸入果実にTBZ(チアベンダゾール)やOPP 発ガン性の不安

TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入されるグレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなどの輸入柑橘類に含まれ、遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常、発ガン性などの不安があります。

4. アレルギーを誘発する食品添加物 黄色4号、安息香酸、カゼインなど

カゼインは牛乳由来のタンパク質で、牛乳のタンパク質の80%を占めていますが、人間の母乳のタンパク質であるアルブミンと違って、非常に粗く、かつ粘り気が有り腸から吸収されにくい性質をもっています。

そのため腐敗や異常吸収を起こしやすく、アレルギー反応を引き起こし、大腸ガン、喘息、白血病などの発症も懸念されています。

5. 亜硝酸ナトリウム 発がん物質ニトロソアミンを作り、急性毒性は青酸カリ並みです。

肉製品や魚卵などが黒ずむのを防ぎ、ピンクの状態に保ちます。

食品添加物の中では、急性毒性が非常に強く、魚肉・魚卵・食肉などに含まれるアミンと胃の中で結合して、発がん性物質のニトロソアミンに変化します。





スポンサーサイト
足るを知る とは、何事もない 普通のことが有難いと思えること
自分に 起きる面倒、難題は、
「足るを知る」を
教えてくれるために あらわれます。
  
足るを知る とは、何事もない
普通のことが有難いと思えること
 
手足が動くこと、
目が見えること、
食事ができること、
 
いつも当たり前だと思って 
やっていることは 
実は当たり前のことではありません。
 
だから、
病気という難題もまた、カラダに
感謝することを思い出させるために
 
そして そのプロセスから
何かを「manabu」ために、
どこか からだに不調和が起こります。
 
ただ食生活や生活習慣を
改善するだけではなく
他の 不調和のないところ
一つ ひとつに
感謝していくといいと思います。
 
足るを知るには、
今、どれだけ恵まれているのか、
今、どれだけ自分が周り助けられているのか、
どれだけ有難い存在に見守られているか
に気づけば 自然と感謝しかなくなります。
 
不調和のないところに 感謝し、
最終的に
不調和(難題)そのものにまで 感謝できたとき、
その不調和(難題)は 消滅していきます。
 
足りないものばかりに目を向ければ
不安が生まれますが
 
足りているものに目を向ければ
感謝が生まれ、幸せな心になります。





人があなたをどう思おうと
人があなたをどう思おうと


人の選択がどうであろうと


人がどんな行動をとろうと


ああ、そうなのね


あの人はそういう道を選んだのね


あの人は自分の人生を歩んでいるのね


そう思うだけでいいのです


このほうがうまくいくのにとわかっていても


人の人生に踏み込んではいけないのです


求められたときに


あなたの意見を伝えるだけでいいのです


それをどう受け取るかはその人が決めることなのです


あなたはあなたの道を歩んでくことだけなのです


人の人生を変えることはできなくても


あなたの生き方を変えることはできるのです


出会えた全ての人はあなたの心の中の何かを見せてくれるためにあらわれます


気づきという形で自分の心の鏡としてあなたの目の前にあらわれているだけなのですから



祈りの使い方には法則があります。
イメージは右脳の意識によって使います。

それは、「祈り」という形で使えばいいのです。

祈りの使い方には法則があります。

法則の1
意識したとおりに、現実が起こると信じることです。

何よりもこのことが基本です。

法則の2
ポジティブな感情を使うことです。

病気が治って家族が喜んだり、会社のスッタフが皆で喜んで祝っているイメージをする。
自分一人が喜んでいる姿はイメージしてはいけません。『執着』に繋がるからです。

法則の3
既に叶えられているという現在完了形の喜びの感情に浸ることです。

「治りますように」ではなく、祈り叶って「治った!!」と言うイメージです。

神社やお寺に願掛けに行くときは、
お礼参りで『治りました。有り難うございます。』というイメージです。

法則の4
心に無にして祈ることです。

無の中に願いを叶えるエネルギーのフィールドがあるのです。



【心を整える時間と、直感の関係性】
【心を整える時間と、直感の関係性】

心が迷うこと、
直感が鈍ること、
ありませんか?

現代社会は、情報が多いし、
刺激も多いので、
気づかぬうちに、心や頭に不要なエネルギーがたまりがち。

煩悩や雑念が多いと、
直感が鈍り、迷いが生じます。

基本的に、施術も、私は媒体なので・・・・

私自身がクリアでないと、
ちゃんとした媒体になれないのですね。

大切なのは、「自分自身が研ぎすまされている」こと。

自分を整える時間は、何より大事にしています。




創造性を発揮するカギは、「意志」です。
人間の持つ欲求の中で最も大事なのが、「創造したい」という意欲です。

食欲、性欲、物欲が満たされても、創造性が死んでいる人は内面の満足を感じられません。

虚しさに陥ります。

創造性が大事である理由は、創造性が人間の精神の最も大きな部分だからです。

創造性はだれにも生まれつき備わっており、創造性のない脳はひとつもありません。

創造性を発揮できずにいる人は多いですが、それは創造性がないのでなく、眠っているか、抑圧されているだけです。

それを呼び覚ませばいいのです。

創造性を発揮するカギは、「意志」です。

意志を出す瞬間、エンジンがかかります。

創造のエンジンが止まらないように意志を折らないことが大切です。








最も大事なことは、 自分の心に、自分の直感についていく 勇気を持つことだ。
私たちの時間は限られている。
だから他の誰かの人生を生きて
時間を無駄にしてはいけない。
定説にとらわれてはいけない。

それは他の人たちの考え方の結果と
生きていくということだ。

その他大勢の意見という雑音に、
自分の内なる声を溺れさせてはいけない。

最も大事なことは、
自分の心に、自分の直感についていく
勇気を持つことだ。

心や直感はすでに、
あなたが本当になりたいものを知っている。
それ以外は二の次だ。





感謝
幸せだから感謝するのではありません。

感謝するから幸せなのです。





自分しだい。
何事も

自分で

無理だとやる前から結論を出してしまえば、

それまでだ。

それ以上の成長はない。





『病は気から』の仕組みの一端を実証
「病は気から」と言われるように、神経系と免疫系が関係していることは古くから指摘されてきた。

その仕組みの一端を大阪大学免疫学フロンティア研究センターの鈴木一博(すずき かずひろ)准教授らが突き止めた。

交感神経から分泌される神経伝達物質のノルアドレナリンが、免疫細胞のリンパ球にあるβ2アドレナリン受容体を介してリンパ球の体内動態を制御することを分子レベルで実証したもので、神経系と免疫系の関連性を解明する新しい手がかりになりそうだ。

11月25日の米科学誌The Journal of Experimental Medicine(JEM)オンライン版に発表した。

研究グループは、ストレスを感じたときに興奮する交感神経に着目して、交感神経が免疫細胞のリンパ球に及ぼす影響を解析した。

リンパ球はリンパ節から脱出し、血流に乗って体内を循環して免疫作用を発揮する。

リンパ球の細胞膜には、交感神経からの信号を受け取るβ2アドレナリン受容体がある。

研究グループは、β2アドレナリン受容体を刺激する薬をマウスに投与すると、リンパ節からのリンパ球の脱出が抑えられることを見いだした。

体内から交感神経を除いたマウスでは、リンパ節からリンパ球が出て行きやすくなった。

一連の実験で、交感神経がリンパ球のリンパ節からの脱出を抑制している事実がわかった。

さらに、β2アドレナリン受容体が、リンパ球の動きをコントロールするケモカイン受容体とリンパ球の細胞膜で相互作用して、リンパ球のリンパ節からの脱出を抑制する仕組みも明らかにした。

病気との関連も調べた。

多発性硬化症とアレルギー性皮膚炎のモデルマウスにβ2アドレナリン受容体の刺激薬を投与したところ、いずれのマウスでも病気の進行が抑えられた。

これらの炎症性疾患は、病原性のリンパ球がリンパ節から脱出し、末梢組織に移動して炎症を引き起こすことで発症する。

研究グループは、β2アドレナリン受容体が刺激されると、病原性リンパ球のリンパ節からの脱出が抑制され、末梢組織に到達できなくなることを確かめ、これが病気の進行を抑える一因となっていると推測した。

この結果は、ストレスなどで交感神経が興奮することによって、免疫力が低下する仕組みを示唆するものといえる。

この仕組みで、免疫が過剰に働いて発症するある種の炎症性疾患はよくなるが、免疫が正常に働いて病原体を排除することが必要となる風邪などの病気は悪化すると考えられる。

鈴木一博准教授は「神経系が免疫系に与える影響は複雑で、リンパ球のリンパ節からの脱出抑制がすべてではない。

しかし、『病は気から』の仕組みの一部が分子レベルでわかったことは、神経系と免疫系の関連性を解き明かす足掛かりとなる。

今後、さらに研究が進めば、ストレスに対する生体応答をコントロールするという新しい視点に基づく病気の予防や治療も可能になるだろう」と期待している。