愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【早く治る人の特徴をまとめてみた】
【早く治る人の特徴をまとめてみた】

1.過去の自分を冷静に振り返られる

2.被害者意識が薄い

3.元気な身体を取り戻したい理由がある

4.警戒心より好奇心が強い

5.素の自分を知っていて、それを出せる

6.凄く頭が柔軟で切り替えが早い

7.拘りがあまりない

8.適度に非常識

9.プライドが高くない

10.現実逃避し続けない

これは、病気に限らず苦難をうまく乗り越える人かもしれませんね。





スポンサーサイト
ネイティブ・アメリカンの教え
ネイティブ・アメリカンの教え

批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします
敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦います
ひやかしを受けて育った子は、はにかみやになります
ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気を持ちます
心が寛大な中で育った子は、がまん強くなります
励ましを受けて育った子は、自信を持ちます
ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります
公明正大な中で育った子は、正義感を持ちます
思いやりのある中で育った子は、信頼を持ちます
人にほめられる中で育った子は、自分を大切にします
仲間の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます

信じることが価値を生む
価値は考えを生む
考えは心の反応を生む
心の反応は態度を生む
態度は行動を生む

あなたが生まれたとき周りの人は笑ってあなたが泣いたでしょう
だからあなたが死ぬときは
あなたが笑って周りの人が泣くような人生を送りなさい

過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯したものと同罪だ

地球にあるものはみな目的を持ち
いかなる病にもそれを治す薬草があって
すべての人には果たすべき使命がある

大地とその上に住むものすべてを敬意をもって扱いなさい
偉大なる精霊(精神)を保存しつづけなさい
あなたの仲間に大いなる敬意を示しなさい
すべての人々(人類)のために手を携えて働きなさい
必要とされたなら場所を問わず援助と親切を与えなさい
自分が正しいとわかっていることを実行しなさい
心と体をいい状態に保つために気をつけなさい
あなたの努力の一部を善行に捧げなさい
いつも真実をみつめ、正直でいなさい
自分の行動について全責任を負いなさい

どんなことも7世代先まで考えて決めねばならない

インディアンが約束を破ったことは一度もなかったし
白人が約束を守ったことも一度もなかった





病気が教えてくれている大切なメッセージ
「病気は怖いもの」と思うと、誰しもそこから目を背け、逃げたくなるものです。そして、逃げきれないと分かると、今度は闘おうとします。
これは「逃走/闘争モード」というもので、それこそが病気を作る原因でもあります。

そして、また病気とは、そんな生き方、在り方に気づかせてくれる為の大切なメッセージでもあります。

病気と闘うのをやめ、そのメッセージ受け入れた時、「全ては自分が創り出したものであり、だからこそ再創造する力が自分にある。」ということに気づかせてくれる為の「最高のギフトだったのだ」という真実に気がつくことができます。





森林浴は、精神的ダメージの治療に具体的効果アリ!【米・研究結果】
なにを今更…という人もいるかもしれませんが、脳内に具体的な変化が見られたことは画期的な発見なのだそう。とくに、都会のストレスフルな生活に参っている人にとっては、確かな効果のある方法として参考になるはず。

以下に、「Expanded Consciousness」に掲載された記事を紹介します。

「自然の深いところを見る。
そうすれば、全てのことがもっとよく理解できるだろう」
アルベルト・アインシュタイン

山や森、砂漠など「母なる大地」から得られるものはたくさんある。それは都会では絶対に感じ取れないことであり、自然から得られる様々な要素は人間にとって治療薬にもなり得るものだ。ただ、これまで科学者達からはっきりと明言されていたわけではなかった。

しかし、2015年6月30日にスタンフォード大学のリサーチャーたちは正式にその効果を発表した。自然の中を一定時間歩くことが脳内の一部に変化をもたらし、精神疾患などの治癒に役立つ効果が確認されたという。

スタンフォード大学が行った調査では、2つに分けたグループにそれぞれ自然の中と都会の道を90分間散歩してもらい、その前後で脳内の状態や心拍数、呼吸を計測、いくつかの質問に答えてもらいその違いを分析した。

分析の結果、いくつか生理学的な小さな違いが見られたが、大きな変化は脳に現れていたという。具体的には自然の中を歩いていた人々の前頭前皮質に変化が見られ、ネガティブな感情からくる緊張障がいなどを防止していたことがわかった。

調査に携わったGregory Bratman博士は、自然の影響が明らかな変化として確認されたことはとてもエキサイティングなことだと語っている。

心理効果だけではなく
がん予防にも効果アリ?

ちなみに、この調査の結果では都会の中を散歩したグループには特に精神的なメリットになるような効果は見られなかったそうです。一方、森林浴はというと実はその他にも様々な効果が確認されています。

例えば、日本医科大学大学院医学研究科が公表している研究では、自然の中にいることでフィトンチッドと呼ばれる樹木などの傷口から発せられる揮発性の化学物質を受けることができ、その他様々な要因によりリラックス効果が生まれることがわかっています。

その影響により、ストレスホルモンであるコルチゾールを減少させる効果や、免疫力や細胞内の抗がんタンパク質を増加、がんを予防することができるとの結果も出ているのだとか。

ちょっと疲れて元気が出ないなんて時、山に新鮮な空気を吸いにいくというのは科学的にも効果のあるアクティビティと言えそう。脳やタンパク質に変化があることには驚きます。

実はこれまでも、その心理学効果が実証されている散歩コースは国内にもいくつも存在しており、森林浴セラピーとも呼ばれてい多くの人に利用されています。夏休み用にチェックしておいてもいいかもしれませんね。





【程々な健康が一番健康】
【程々な健康が一番健康】

病気になってしまった人は、まず治すことが一番です。

なので、化学物質を排除して、身体に良い物をたくさん摂取する必要があります。

そうすることで、免疫力を高め、身体の機能を正常化させます。

後は自然治癒力が身体を治してくれるのを淡々と待つことです。

淡々と・・・

そして、病気が治ります。

治った後、病気にならないように気をつけることは必要です。

しかし、治すために行ったことをずっと続けることは逆効果です。

なぜなら、治すために行ったことは過保護なことだからです。

治すために必要なことと、生きる為に必要なことは違います。

現代で生きる為には、毒に慣れることも必要なんです。

なぜなら、完璧に避け続けることは不可能だからです。

新種の毒がどんどん生まれます。

そして、避けようにも身体に入ってきます。

気をつけて最小限にとどめる事が出来たとしても

入らないように生きるのは無理だからです。

それが現代の生活なのです。

なので、たまにはあえて毒を入れて少し体調が悪い日を作ったりすることも健康を維持する為には必要だと思います。

そうすることで、〇〇〇のパスタは本当に身体に悪いんだ・・・と身体で実感できます。

その実感も健康を維持する為には必要だと感じます。

また、身体の絶好調がずっと続くと心が疲れることがあります。

アンテナが敏感で気配りが出来過ぎてしまう。

細かい事まで把握出来てしまう。

身体が動きやすいので、頑張り過ぎてしまう。

気持ちやモチベーションが高すぎて、人と衝突してしまう。

ずっと絶好調だと、かえって不健康な行動を起こしてしまいます。

現代で健康を維持する為には、不調な日があるからこそ維持し続けられるのだと思いますよ。

要は、健康が一番なのではなく、病気にならない生活をいかに続けることが重要ということです。

毒との共存、そして病気にならないバランス感覚です。





人の体は、過剰なストレスを受け続けることで、
人の体は、過剰なストレスを受け続けることで、
①緊張のし過ぎや頑張り過ぎや夜更かしなどで、交感神経の使い過ぎから、糖代謝が盛んに行われ、血液が汚れ、免疫力が下がる。
そのために、疲れやすく、感染症や長引くことで代謝障害にいたり、病変組織ができる。

②右側の骨盤が大きく歪む。
仙骨と腸骨の関節が歪む原因を腸間膜根のストレス反射による委縮が関与する。
骨盤の歪みが腰椎の捻転を誘発し、腰神経や坐骨神経が刺激されることで神経痛が起こる。
そのため、骨盤内臓神経が障害されることで、膀胱や直腸や生殖機能の低下や不妊症を初め、子宮筋腫や卵巣癌や、大腸の病気や癌や、男性では前立腺の肥大や癌など様々な病気を誘発している。

③さらにストレスを受け続けることで、呼吸が浅くなり、関節を覆う靭帯の骨化が進み、癒着を起こすことで、病状が慢性化する。
鎖骨が歪むことで、迷走神経が圧迫され、内臓の機能が低下し、呼吸が浅く、低酸素状態で、高二酸化炭素状態に至ることで、肺では肺腺癌や乳房では乳腺癌などの原因となる石灰化など難病の原因となる。






【原因療法と対症療法の選択】
【原因療法と対症療法の選択】

~ 難病を含む慢性疾患は原因療法 ~

・化学物質を避ける
 完璧に避けることは望まないこと

・生野菜や果物を積極的に食べる
 朝がベスト

・調味料は本物を使う
 砂糖、塩、味噌、醤油、油など

・発酵食品を欠かさない
 夜がベスト

・水道水は口に入れない
 浄水器を

・食べ過ぎない
 お腹が空いてなければ食べない

・ストレス排除
 開き直りも必要
 拘りも捨ててみる、治ったらまた拘ればいい

・前向きな気持ち
 治った自分をイメージする
 将来の楽しみを見つけて、治りたい気持ちを強く持つ

・適度な運動
 動かせる範囲で身体を動かす
 身体を動かすと、中も動き出す

また、〇〇療法などという極端な食事制限法にはまってしまわない事も重要です。
当たり前のことをシンプルに淡々と行うことです。
病気は身体だけの問題ではなくて、同じように心の問題でもあります。

~ 急性疾患は対症療法 ~~~~~

・事故などの外部損傷や脳卒中などの内部損傷
 一命をとりとめてくれる

・感染症
 戦いに負けそうな時に、抗生物質が代わりに戦ってくれる

・一時的な激痛
 尿路結石などの一時的な激痛から解放してくれる

また、身体の状態を知る為には、血液検査はリスクが少ないです。

--------------------------------------

どんな時でも病院を頼り、それが原因で難病になる方も多いと感じます。

そうならない為には、選択が重要ですね。





10年前のわたし

多分、

10年前のわたしのことを知ってる方は

今の私にビックリされると思います。




それくらい、

雰囲気は大きく変わりました、、、きっと。





いま、たくさんの方にお目にかかりますが、

素敵にうまくいっている方には、

とにかく《トゲ》が、ない。



まず、顔にトゲがない。

だからといって優しそうっていうわけじゃなく?て、強い芯がある。



話し方にも、トゲがない。

でも、堂々とした安心感がある。



そう、醸し出す雰囲気にトゲがない、って、

うまくいくには大事!なんだって、

おもうのですよ。




私の昔の写真をみると、

この、

トゲトゲが醸し出されているのです、、。



そして、

顔も歪みがありました。



そう、

トゲトゲをまとってた。。。




人って、

なぜ、トゲトゲしちゃうのかっていうとね、

単純に、

悪口言ってるから。





心の中で文句言って、

誰かの悪口言ってると、

そのトゲは顔に刻まれる、、、。






まさに、私、

そうでした。




誰かの悪口を聞かされるのも、

おなじ。


誰かの悪口を聞くのは嫌だといいながらも、、、

心のどこかで勝った気分になったりするもんだ。



そう、

だから、

悪口を言うのをまず自分がやめること。




どういうとき、

悪口を言いたくなるか?

書き出してみるんです。




そうすると、

自分のパターンがわかります。





そのパターンの一つは

妬みなんですよね。





あの人だけ、

なんかずるいって思うときやら、


実は本当のこと、ずばり言われたときに

ひどい!って思うんですよ。





でも、

本当は欲しいのに、誰かが持ってたり、やってるとき、

妬ましくなるんですよね??




じゃあ、、、

それ、私の未来!って思ってみる。



先日、

<玉来さんはうまくやってて、ずるい>って言われました。笑




でも、

私のやり方をずるい、と思っている間は、

私のやり方は手に入らないのです。




本当は欲しくて学んでいるなら、

妬んでいてはもったいないってこと。





でも、気持ち、

すごくよくわかるんですよ。



だけど、

そう思ってたとき、

私、本当にうまくいかなかったから。



得たい未来はやってこなかった。。。




あの人だけ全部もっててずるい!

あの人はうまくいっててずるい!

って思う人がいればいるほど、

実は、自分の未来はそこに行けるチャンスはあります。




だって、

そういう人、

引き寄せてるんだもん、自分が。




こう思えると、

妬みたくなるくらいうまくいく人が周りにいっぱいになるってことは

本当は自分がそうなりたいから、引き寄せてるってわかりました。





だからこそ、

自分もうまくいくんだって。



逆に、そういう人が引き寄せられてこないと、

うまくいかないんだってこと。




これ、運命の法則。








妬んで誰かを下げることをやめ、

どんどんうまくいくことを心から祝福し、応援するとき、

私の顔はトゲトゲがどんどん消えて行きました。




そうしたら、

私の運命の輪も回り出した、、、のです。




妬みたくなるくらいうまくいってる人は

自分の未来だと思ってみる。




そうすると、

誰かの足をひっぱったりする必要はどこにもなくなります。




その人が

どんどんうまくいけばいくほど、

自分もうまくいく未来を引き寄せてるわけだもんね。




今、

私の周りは本当に素敵なパートナーシップを築き、

悠々自適に暮らしている方や友人が

本当にいっぱいです。




その一番が私の両親ですね。



ふふふふふふふ。



だから、

私の未来は素敵に決まっているって思います。



そう思うと、

安心して未来を歩いていくことができませんか??



占いよりずっと当たる未来の占い方ですね。









【日本の神様はどんな存在】
【日本の神様はどんな存在】
日本人にとって古代神道では神は決して偉大なだけではなく、鬼の様に恐ろしい存在だった。

恵みをもたらす(神)は、同時に祟りや災いをもたらす(鬼)でもある。

これを荒御魂(祟りや災い)

和御魂(恵み)と呼ぶ。

つまり多神教の神は二面性を持っていた。

一方一神教は多神教が進歩して生まれたそうだが 一神教の人々は多神教を野蛮な遅れた存在だと見下していた。

一神教の誕生の成り立ちは迫害された人々が砂漠に逃げ込み、失地回復の為に正義が必要で、正義の象徴として1人の神を掲げた。

これが一神教の成り立ちである。

復讐の為の『正義』

正義の為の『戦い』

これは今も昔も変わらない

かたや多神教を信じる人達は、神は正しいなどとは考えず、神は恐ろしい存在で神が暴れないように祀った。

日々征服し合い、殺し合ってきた大陸では多神教は生き残れなかったが、海を隔てた日本では奇跡的に生き残った。

純粋な多神教的思想は誇るべき思想なのである。

日本には犯罪が少なく、穏やかなのは神に感謝し、お客様、世間様、お陰様と神の様に扱って来たからかもしれない。

これは日本人が素晴らしいと考える前に天の恵み、つまり神に感謝すべきであろう。




嫌~なアイツ、嫌いなアイツをこの世から消してやる方法、この宇宙の中心を知り本来の自分に戻る技術。

http://ameblo.jp/re-health123/entry-11648214570.html

苦手な人や嫌いな人、
あなたの周りにいますか?


誰しも、生きていれば嫌な人や
嫌いな人に出会うことはあります。


今回は、そんな、いや~なアイツ、嫌いなアイツを
この世から消してやる方法をお伝えします。


まずは、台所に行って、
包丁を良く研いでください。

もしくは、

怪しげなクラブに通って怪しげな
お兄さんと仲良くなってピス〇ルを
手に入れると良いでしょう。

というのは、冗談です。


(真に受ける人はいないと思いますが、、、)


そんな物騒なことは、
全く必要ありません。


冗談はさておき、嫌な人、嫌いな
アイツを自分の世界から消すために
何が必要となると思いますか。


必要なのは、この世の事実を知ること。


考え方(認識)を変えることです。



そのために、1つ質問したいと思います。


それは『宇宙の中心』はどこ?ということ。



わたし達が生きている地球は太陽の周りを回っています。


じゃあ、

太陽がわたし達の宇宙の中心、、、
と、思うかもしれませんが、

その太陽も超高速で宇宙を動いている。


NASAからもたらされた最新のデータ(2012年)では、太陽の速度は時速約8万キロだそうです。


1時間に8万キロも太陽は動いています。


ちなみに地球の赤道の周径は4万キロです。


太陽は30分で地球を一周するぐらい動いているのですね。


そして、地球はその太陽の周りをグルグルと公転しています。


もう、何が何だかわからなくなりますね。


大宇宙をものすごい速度で進む太陽とそれを回転している地球。

しかも、

宇宙は人間が観察すればするほどその大きさを大きくしていきます。


まさに宇宙に果てなどないのです。

関連記事はこちらです。



・素粒子の振動が全ての物質を形成している。
 観測者効果を知って望みどおりに生きる。

http://ameblo.jp/re-health123/entry-11628235344.html


さぁ、その広大な大宇宙ですが、その中心はどこなのでしょうか。


太陽も地球も常に高速で動き続けているため中心として考えるのは難しいでしょう。

何をもって、中心と考えるか、ということが重要です。


何かの中心を求めるときに1つ考えられるのは、『観測しているところ』です。


観測しているのであれば、その一点を中心として『周り』が存在することになります。


つまり、この宇宙の中心はものごとを観ている人、と考えることができます。

ということは、、、、

宇宙の中心は、、、、

そうです、

宇宙の中心は『わたし』です。


この宇宙はどこまで行っても
自分の宇宙なんです。


とても不思議に思えるかもしれませんが、目の前にいるその人も自分が作り出した宇宙の一部なんですね。


本当に面白い世界です。


ですが、さらに不思議なことがあります。


それは、どうして自分が作り出した宇宙なのに嫌な人や氣にいらない人、苦手な人などがいるのでしょうか。


自分が作り出したものならば、みんな自分のためにハッピーな人ばかりを作りだせばいいと思いますよね。


それなのに、どうして、、、。


その理由は簡単です。


自分に氣づきを与えるために自らが作り出しているのです。


嫌いな人、嫌な人がもしいるとしたら、


その人の何が嫌なのか、どこが嫌いなのかをよく考えてみてください。


そして、『嫌なところ』と『人』を分けて考えてみてください。


さらに、『嫌なところ』をどんどん掘り下げていくと氣がつきます。


あぁ、自分が原因だったんだ、と。


するとどういう訳か、

嫌だった人がどこかに行ったり、
全然嫌な人ではなくなったりして、
不思議と消えてしまうのです。

なのですが、

この自分自身の掘り下げ作業をなかなか進めることができない時があります。

じっくり考えていると、
電話がかかってきたり、
来客が訪ねてきたりと邪魔が入ります。


それも、実は『わたし』が作り出している現象に他なりません。


嫌なところの掘り下げを
行って原因が自分にある、と

氣づくのはその時の自分にとっては怖いものかもしれません。

その恐怖のために、

あなたの潜在意識がブロックをかけて邪魔が入るように仕向けていることがあるのです。


実はこの恐怖によるブロックを解いて、自分と向き合えるようになる効果的な方法があります。


とても簡単なのでやってみてください。


それは、

『自分の中にあるすべての恐怖を受け入れます、その自分を愛します』


と紙に書いて、寝るときに頭の上に置いておくことです。


詳しくはこちらの記事を参照してください。


・今すぐ行動を変えて、あっという間に理想の自分に
 なる方法。潜在意識に直接アプローチして壁を打ち破る。
http://ameblo.jp/re-health123/entry-11534577372.html


嫌な人、嫌いな人というのは、自分を映し出す鏡です。


その人の嫌なところ、嫌いなところを『人』と分けて考えることが大切です。


そして、どうして『わたし』はそれを嫌と感じるのか、よくよく考えてみてください。


多くの場合、凝り固まった考え方やものごとへの執着が原因となっています。


それに氣づいたとき、嫌な人や嫌いなアイツは消えます。


そして、


自分の固定観念や執着がどこにあるのかを教えてくれた『良い人』にもなるんです。


そして、


これは、実は引き寄せの法則にも関係してきます。


こちらの記事も合わせてお読みください。


・引き寄せのパワーを1000倍にする水便。化学物質が
 体に影響を与え引き寄せのエネルギーを下げている

http://ameblo.jp/re-health123/entry-11617470610.html



結局のところ、自分の想いがこの世界を創り出しています。


人の意識、想いによって素粒子が形を変えて現象を引き起こし、物質化されこの世界を作り上げます。



なかなか人生を変えられない、

思うように生活できない、


とわたし達は考えがちですが、

実は想いを変えた瞬間に世界は一変している。


この事実を認めなければいけません。



世界を創り上げるとてつもない
パワーが個々の内にあること、


これを認めて、受け入れること。


それが、人生を変えるはじめの一歩となるのではないでしょうか。



※いつも元氣で前向きに生きていたい方、
お金も含めて豊かさを受け取りたい方、

自分の人生を生きていくと決心した方は、
こちらの記事をぜひ読んでみてください。

http://ameblo.jp/re-health123/entry-11959236258.html