愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
意識の境地はふたつしかない
意識の境地はふたつしかない
― ひとつは愛、
もうひとつは愛の不在だ。
もしくは、あなたが好むなら
目覚めの境地と眠りの境地、
宗教的な境地と非宗教的な境地
と呼んでもいい。
どんな言葉で呼ぼうと違いはない。

意識はふたつの形を取り得る。
いわゆる「俗世」は
愛のない意識の境地だ。
愛を欠いて存在を見るとき、
それは俗世と映る。
あなたの目に愛が満ちているとき、
それまで俗世と映っていたものは、
突然、一瞬にして、神性になる。
俗世は現実ではない。
だが、神もまた現実ではないということを
理解しなさい。それらは単に
存在の二通りの見方だ。
愛のない目は俗世を体験し、
愛に満ちた目は神性を体験する。

問題は何を見つめるのではなく、
どう見つめるかだ。

見るものに価値があるのではなく、
どう見るかだ
― なぜなら、見方があなたを決めるからだ。
神性が見えないとき、
そこには神性はないのだ、
と考えてはいけない。
ただ、自分の目の中に愛がないことに
気づいていなさい。
俗世が見え、
俗世しか見えないとしても、
そこには俗世しかないなどと
考えてはいけない。
あなたの目に愛がなく、
愛を欠いているのだと理解しなさい。
あなたの目に愛を欠いているなら、
どんな体験が訪れようと
それは幻であり、偽りだ
― なぜなら真理を知るすべは、
愛において他はないのだから。

それはまるで、
ヴィーナを弾いているのを
目で聞こうとしているようなものだ
― 何も聞こえはしない。
目は聞く手段ではないし、
目で聞くことはできない。
ヴィーナが演奏され、
音楽が響いているが、
あなたには聞こえない。
それに繋がるための媒体を
用いていないからだ。
音楽は聞くべきものだ、
見ることはできない。
聾唖の人が坐って、
弦を弾く演奏家の指を
見ることはできるが、
弦と指の間に起こっている
マジックは聞こえないだろう。
目で聞くすべはない。

それはまるで、耳で
花を見ようとするようなものだ。
花々は咲き、
その香りは風に乗り、
ミツバチや蝶はそれを知る。
その知らせは、
てんとう虫にも届くだろう。
だが耳を花のそばに寄せても、
何も見ることはできない。
耳にはわからないだろう
― いつつぼみが開いたのか、
いつ花になったのか、
いつその周りに香りが立ちこめたのか、
いつ香りが拡がったのか、
いつつぼみが花になり
宇宙にその身を捧げたのか、
いつ開花の瞬間が訪れ去っていったのか。
耳では何もわからない。
目と鼻が必要だ。
正しい手段が必要だ。

あなたが俗世の他は
何も見えないというとき、
それは単に、
いままで身に着けてきた
見方のせいで何も
見えないからなのだ。

私は知っている。
あなたが「神はどこにいるのですか?」と
尋ねるとき、
本当は「愛はどこにあるのですか?」と
尋ねていることを。
というのも、
愛のない神がいるだろうか?
あなたは神のことを言っているのではなく、
自分のこと、
自分が愛の目を持っていないことを
言っているのだ。
私はあなたがこの理解を
手にすることを願っている。
そうすれば、神を求めなくなるだろう。
それは誤った探求だと理解して
― あなたは愛を求めるだろう。

愛を知る人は神性を知る。
愛において他に神はない。

愛は神より偉大でさえある。
なぜなら、あなたの目に
愛が溢れていなければ、
神性との繋がりはあり得ないからだ。 
あなたの耳は偉大な音楽より貴重だ。
なぜなら耳がなければ、
もはや音楽は存在しないからだ。
そして、私は言おう、
あなたの目は最も美しいランプよりも貴重だ。
あなたの目に比べれば、太陽は小さい。
数学的な見方をしてはいけない。
そうすると、
あなたの目はとても小さく、
太陽は巨大だと思うだろう。
そしてもう一度、繰り返そう。
あなたの目は巨大で、太陽は小さい
― というのも、
あなたの目なくして
どこに太陽があるのだろう?
あなたの小さな目で
何百万もの太陽が見える。
そしてあなたの小さな愛の鼓動の中に、
永遠の神性が含まれている。

あなたの愛は広大だ。
この事実をもっと明白に理解すれば、
さらに役立つだろう。
なぜなら、旅の第一歩が誤って踏み出されたら、
ゴールは永遠に失われるのだから。
第一歩が正しく踏み出されたら、
旅の半分は既に完結している。
正しい方向へ出発しているなら
既に道のりの半分は到達している。
もはや到達は難しくない。
単に時間の問題だ。

しかし間違った一歩を踏むと、
何生も何生も歩き続けることになる。
どれだけ歩いても、
どんなに早く走っても、
どんな努力や財力の限りを使っても、
何も起こらない。
もしかすると、
逆の状態すら陥るかもしれない。
頑張れば頑張るほど
遠ざかり、
走れば走るほど
距離は広がってしまう。
間違った方向へ走ると
誰もたどり着けない。
むしろ、
ゆっくり歩いても
正しい方向へ
向かった人こそ
たどり着いてきた。
そして知る人は言ってきた
― 方向が正しいのなら一歩も必要ない。
ゴールはまさにあなたのいる場所だ。
私も言おう
― 動く必要すらない。
なぜなら、ゴールは遠くに
あるのではないからだ。
ゴールは
あなたの目の中に、
まさに、
あなたの
物の見方の中に
ある。

OSHO
「.シャワリング ウィズ クラウズ
 女性の覚者 サハジョの詩」





スポンサーサイト
【心と脳の下準備】
【心と脳の下準備】

脳というのは、現実とイメージをうまく区別できないと言われています。

ですから、現実と違うことをイメージすると心や身体に与える影響も変えられるというわけです。

普段は、心で感じたことを脳が認識し、身体に指令をします。

自分が病気だ、死ぬかもしれないと思うと、それを脳が認識し、死ぬかもしれない恐怖を身体に与えます。

すると、身体が怯え震えたり、その恐怖を洗い流そうと涙が出てきます。

このようなストレスは身体にも大きな影響を及ぼします。

治らない、どうしよう、不安・・・の思いで相談者さんは面談にやってきます。

私は、相談者さんと面談した際に、難病を克服した娘の話や他の相談者さんが元気になった話をします。

より具体的に脳がイメージできるように、何をしたら、いつ頃どうなって、その後どうなったかを話します。

それは、回復した人の記録を見せて話します。

同じ病気の人が、医師から治らないと言われたのにも関わらず回復した事実を資料を見せて話します。

治らないかも・・・と思っている人に、もしかしたら私も大丈夫かも・・・と認識して欲しいからです。

具体的に明確に脳がそのことを認識し、自分で治るイメージが出来ることが、難病克服のポイントだからです。

大丈夫かもと脳が認識すると、脳が心にも身体にも大丈夫ですよ!と伝えます。

すると、心は安定し、身体も余裕を持って病気と闘うことができます。

相談者さんの中で、スムーズに回復する人の共通点は、素直な人です。

うまく、自分でイメージし素直に治ると思える人だからです。

そして、元気になって好きなことをしている自分をイメージしてくれます。

病気を克服するには、心と脳の下準備が重要で

それがあってこそ、食事やサプリ、その他の代替医療が身体に好影響を与えるのだと思います。





1980年代の末、有名な天才アインシュタインの娘リーゼルは、父から彼女に宛てられた1400通の手紙を、父親の死後20年間は内容を公開しないという指示を添えて、ヘブライ大学に寄付しました。

これはリーゼル・アインシュタイン宛ての手紙の中の1通です。


「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。

それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。

なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。

なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ」。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン





【バランスに生きることの大切さ】
【バランスに生きることの大切さ】

宇宙は寸分も偏らないバランスの下に運行されているわけですが、

その象徴的姿が物質(陰)と生命(陽)とのバランスです。

勿論地球も例外ではなく、
昼と夜、
運動と休止、
晴れと雨、
益虫と害虫、
善玉菌と悪玉菌など、
相反するもの同士がバランスを取り合っています。


でもこれを知らない人間は、無謀な手段を使ってバランスを崩そうとします。
薬を使って虫を殺す。
雑草を殺す。
悪玉菌を殺す。

陰陽のバランスを崩し、害虫や悪玉菌を繁殖させたのは人間なのに、
それが悪いと殺しにかかるのですから、彼らが暴れるのも無理はありません。

彼らは、「あなた達のやっていることは間違っていますよ!、正しなさい!」と忠告してくれているのです。

どんなものもバランスの樹の一員ですから、
本来害虫や悪玉菌などいるわけがないのです。

人間がバランスを崩すから、バランスを取り戻そうと彼らは反対の行動に出るのです。

病気も同じです。

通常私達の体内では、100兆個の様々な菌が60兆個の細胞とバランスを取り合って生きております。
しかし偏った生活をしてバランスを崩すと、悪玉菌や日和見菌の悪玉化した菌の方が活発化するのです。

でも人間は悪玉菌が悪いと、殺菌する、焼き殺す、切除する、まったく恩を仇で返しています。これでは根本治癒は不可能です。

何事においてもバランスを保つことは、とても大切なことなのです。


私達は食べ物からだけエネルギーを補給していると思ってますが、
水からも空気からも宇宙のエネルギーからも補給しているのです。

ただし補給しても、生命の自覚がなければエネルギーを完全燃焼させることができないのです。

なぜなら、エネルギーは陰(地)・陽(天)のバランスが取れ、始めて完全燃焼するようにできているからです。

殆どの人は陰(物質・地・影)ばかりを意識し、陽(生命・天・光)を意識していません。

だからエネルギーが低下し、病気や事故などの災厄に見舞われるのです。

もし、生命の自覚を持ってエネルギーを完全燃焼させることができたら、
もう災厄に見舞われることは無いでしょう。

かとう はかる著 『人類の夜明 』より(抜粋)





生には二つの対極がある ― それは瞑想と愛だ。
生には二つの対極がある
― それは瞑想と愛だ。
これが、究極の極性だ
生はすべて対極から成り立っている。
― 陽性と陰性、誕生と死、男と女、
昼と夜、夏と冬から。
生はすべて対極から
成り立っているが、
これらの対極は単に対極ではなく、
それらはまた相補うものでもある。
それらは互いに助け合っており、
互いに支えあっており、
ちょうどアーチを組み立てている
レンガのようだ。

アーチではレンガは
互いに拮抗するように、
並べなければならない。
それは互いと
対抗しあっているように見えるが、
その対置によってアーチは
建てられ、
その形を保っている。
アーチの強さは、
互いに対抗するように
並べられたレンガの極性に
依存している。

これは究極の極性だ
― 瞑想とは独りあることのわざであり、
愛とは共にあることのわざだ。
トータルな人間とは、
その両方を知っていて、
一方からもう一方へといともたやすく、
移ることができる人のことだ。
それはちょうど、
息を吸ったり
吐いたりするようなもので、
何ひとつ難しくはない。
それらは反対だ。
息を吸うときのプロセスと
息を吐くときのプロセスは反対だ。
だが、息を吸って吐くことで、
ひとつの完全な呼吸が成り立つ。

あなたは
瞑想では息を吸い、
愛では息を吐く。
この愛と瞑想が一緒になって
あなたの呼吸は完全なもの、
欠けるものがないもの、
全体的なものになる。

私の理解は一方の極だけに
根ざしてはいない。
私の理解は流動的だ。
私は真理を両面から味わっている。
私はトータルに愛したし、
トータルに瞑想した。
私の経験によれば、
人はその両方を知って、
初めて全体になる。
そうでない限り、
彼は半分のままだ。
彼の中では何かが欠けている。

仏陀は半分であり、
イエスも半分だ。
イエスは愛を知っており、
仏陀は瞑想を知っているが、
もしも二人が出会ったら、
彼らが意思を通じ合うことは
ほとんど不可能だっただろう。
彼らは互いの言葉を理解しなかっただろう。
イエスが神の王国について語ると
仏陀は笑い出す。
「何て馬鹿なことを言うんですか
― 神の王国ですって?」
仏陀はただこう言う。
「自己の滅却、自己の消滅ですよ」
するとイエスが言う。
「自己の消滅?自己の滅却?
それは自殺すること、
究極の自殺じゃないですか。
これは何てたぐいの宗教でしょう、
至高の自己について語るなんて?」
彼らは互いの言葉が
理解できなかっただろう。

彼らが会うのだとしたら、
私のような通訳が必要であり、
そうでない限り、
彼らの間には意思の疎通というものが
なかったろう。
そして私はどちらに対しても、
不誠実になってしまうような
やり方で通訳しなければならない!
イエスが「神の王国」と言うと、
私はそれを「ニルヴァーナ」と訳す。
すると仏陀は理解する。
仏陀が「ニルヴァーナ」と言えば、
私はイエスに「神の王国」と言い、
それで彼は理解する。

人間は今やトータルな
ヴィジョンを必要としている。
私たちはあまりにも
半分の視点で生きてきた。
それは過去には必要なものだったが、
今や人間は成年に達した。
私のサニヤシンは
瞑想すると共に
愛することができ、
この上もなく静かになると共に
踊りかつ祝い続けることができるということを
証明しなければならない。

彼らの静寂はまた祝祭にも
ならなければならなし、
彼らの祝祭はまた静寂にも
ならなければいけない。

私はこれまでどんな弟子にも
与えられていないほどの
困難な責務を与えているが、
それはこれが対立するものの
出会いになるからだ。
この出会いにおいて、
対立するものが融けあい、
ひとつになる。
東洋と西洋、
男と女、
物質と意識、
この世とあの世、
生と死が。
このひとつの出会いを通じて、
すべての対立するものが出会い、
溶けあう。
なぜなら、
これは究極の極性であり、
それはすべての極性を服務だからだ。

この出会いは<私の>人間を創り出す
― ゾルバ・ザ・ブッダを。
それが新しい人間のための名前だ。
私のサニヤシンのひとりひとりは、
そのような流動性、
流れになるために、
両極が自分に蔵するように
なるために、
あらん限りの努力を
しなければならない。
そうすれば、
あなたは
全体性を味わうだろう。
全体性を知ることが
<聖なるもの>を知る
唯一の道だ。
ほかに方法はない。

OSHO「英知の辞典 タイキョク対極」





【すべてのものは波動で出来ている】
【すべてのものは波動で出来ている】

光が粒子と波動の性質を持っているように、
すべての物にはバイブレーション(波動・振動)があります。

私たちが物質として今ここに存在しているのは、陽子や中性子や電子といった原子が寄り集まって出来ているからです。

そしてこの陽子や中性子の中には物質の最小単位のクオークというさらに小さな粒子がハイスピードで回転し振動しています。

物質として存在する粒子だけでなく、
陽子や中性子を繋ぎとめて原子核としたり、
粒子を崩壊させたりする『働き』をつかさどるゲージ粒子があります。

原子核をサッカーボールとすると電子が一瞬一瞬存在する空間は
東京ドームの広さです。極微小世界で原子構造は空間だらけです。

私とあなたの間には空気が存在しますがこの空気も酸素02、窒素N2、二酸化炭素C02など全て原子で出来ています。

つまり私とあなたは極微小(量子力学)の領域では
何も境が無い振動する波動(疎密波)が有るだけなのです。

人も動物も植物も自然も地球も宇宙も全てが波動で繋がっています。

意識すれば光は体に入ってくるし、体の中から光が出ていきます。


過去に、負けちゃいけない。
もう二度と、あんな思いはしたくない。
そう思うと、人は動くことをやめる。

辛いことも、 悲しいことも、
一度経験すると、
その怖さが、忘れられなくなる。

だけど、
そのままその場所にいても、
たぶん状況は善くならない。

誰もが乗り越える強さも、
支えてくれるものも、
きっと持ってるから。

人は、逃げてばかりじゃいけない。

過去に、負けちゃいけない。





世の中には三種類の人がいる。
世の中には三種類の人がいる。

まず、人の心に毒を盛る人。

彼らは人びとを落胆させ、創造性を破壊し、

あなたにはムリだと言う。

次に、自己中心的な人。

彼らは自分のことばかり考えて、

他の人に力を貸そうとしない。

最後に、人の心に明かりをともす人。

彼らは、人びとの生活を豊かにするために、

励ましの言葉をかける。

私たちは、そういう人になる必要があるし、

そういう人とつきあう必要がある。





つねに成長している人間は、
つねに成長している人間は、

いつもなにかしらの

困難に直面している。

これは不運だからではなく、

その人がいつでも新しい事に

挑戦しているからだ。

特技なんてなくて良い。


失敗だらけでも良い。


学歴がなくったって良い。


挑戦できる心と

笑顔があればそれで良い。


何でも挑戦することが

大切なんです。



【人間の体は60兆個の細胞と100兆個の細菌の超有機体】
【人間の体は60兆個の細胞と100兆個の細菌の超有機体】

あなたも私も「ひとり」ですが、
実はこの「ひとり」というのは、
160兆個もの膨大な数の命の超有機体なのです。

つまり人間は自分自身の60兆個の細胞と、
あなた自身の細胞より多い100兆個の腸内細菌群の
絶妙なバランスで命を繋いでいるのです。

しかも60兆個の細胞のなかには、進化の過程で外来生物のミトコンドリアが入り込んで、これが体温を維持し人間の命を生かしています。

この膨大な数の命が奇跡的に絶妙なバランスを取ってあなたの命は健康な状態が維持されているのです。

今、特に先進国に住む人間は、人類史上ごくごくわずかな時間で生活スタイルを大きく変化させてしまいました。

人類の歴史400万年のうち100年で急速にバランスを崩してしまっているようです。
私たちは伝統的な食生活を捨て去り、膨大な化学物質をと体内に取りこんでいます。
その事により、100兆個の菌叢バランス(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)を乱し、体全体160兆個の命のバランスを乱してしまっているのです