愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エネルギーの世界で見ると、私たちは皆、つながっているのです。
「私たちは皆、つながっている」

振り子がそれぞれ異なる動きをする
掛け時計を壁にかけるとします。
1~2日過ぎると、すべての振り子が
一斉に同じ方向、同じ速さで動くようになります。

速い振り子が、遅い振り子を
自分のスピードに合わせさせるからです。
これを「同調化現象」と言います。

同じように心も
エネルギーの力が大きいほうについていきます。
子供は親のエネルギーに同調し
生徒は教師のエネルギーに同調し
社員は社長のエネルギーに同調します。
個人は家庭や社会、国や人類全体のエネルギー場に同調します。

いくら私がうれしくても全体が暗ければ
私の心も完全に喜んだり幸せにはなれません。
しかし、全体のエネルギー場が明るく肯定的なら
私の心が少し暗くても、すぐに気分が明るくなって良くなります。
エネルギーの世界で見ると、私たちは皆、つながっているのです。









スポンサーサイト
人間見た目に出てしまうもの
人柄は顔に出るし、

幸せは目尻のシワにできる。

理性は声に宿り、

嘘は目に映る。

自信は姿勢を正すし、

歩く様はその人の生き方を暗示し、

表情は今までの思い出を表現する。

個性は着るものや髪型を変え、

職は手に表れ、口は心の緊張を示す。

結局、人間見た目に出てしまうもの。




感情から抜け出すプロセス
感情から抜け出すプロセス

誰かが私に過ちを犯せば
憎しみや恨みの感情が生じます。
その感情が当然のように思えると
自分の問題点がまったく見えません。
自己弁護して正当化しながら合理化しようとします。

「私にこの感情が起こるのは至極当然だ」という状態は
意識が感情にべったりくっついているのです。

ミスだったのは分かるけれど
この感情を手放したくないときは
少し分離している状態です。
これは、感情が私に乗じて楽しんでいる状態です。

「手放さないといけないのに、
私はこの感情から抜け出せるのだろうか?」というときは
少し抜けだしている状態です。
そして、感情から抜けだそうという
意志と自信が生じるときは
とても力がついた状態です。
これが感情から抜け出すプロセスです。

私たちは日常の中で
感情に陥っていることがあります。
感情は私自身ではなく
私が使ったり、分離したりできる
「私のもの」だということが分かれば
私たちは感情から自由になることができます。

感情は私ではなく私のものです。
感情と欲望の波を眺めることのできる
無心の目が明るくなるとき
私たちの意識は、偏りのないゼロ意識を回復できるのです。



自然の力は人工的なものを超越する
自然の力は人工的なものを超越する

自分の人生の価値を知ることは
この世の価値を知ることです。
自然の価値を知ることです。

私たちは自然からやってきたのであり
自然の中に存在する生命体の中でも
神秘的な存在だと知ることです。
自然の力は人工的なものを超越します。

今の時代は人工的なものを好み、求めています。
人工的なものに価値を置き
自然への畏敬の念や尊敬の心が
どんどんなくなっています。

もちろん、人間の知能で他の生命体が
想像もつかない領域を開拓してきました。
しかし、自然の神秘に比べれば
人工的なものは、とても小さな一部分です。

アインシュタインが核爆弾を作るもとになる
原理を考えついて人々に伝えると
人々は彼のことを神のようだと思いました。

しかし、アインシュタインは告白しました。
「私が知っていることは
海岸の一粒の砂にすぎない。
自然の前では私は果てしなく弱く小さな存在だ。
小さな砂の存在を知ってから
自分がどれほど取るに足りない小さな存在かが分かった」





「祈りは通じる」
「祈りは通じる」

アメリカの研究でこんな実験がありました。

末期がん患者を無作為に選んで、
AとBの2つのグループに分けます。

彼らから遠く離れたところに住む
10人の健康な人に、

Aグループの患者さん10人の名前を伝えて
回復を祈ってもらいます。

Bグループの患者さんには、
まったく何もしません。

その結果は、驚くべきものでした。

祈ってもらったAグループの患者さん
(自分が祈ってもらっているとは知らない)
の方はあきらかに回復率が高かったのです。

祈っている人は、相手が誰かも知らないし、
祈ってもらっている人は
何も聞かされていないにもかかわらずです。

何回実験しても、
またニューヨークの病院の患者さんでも
ロサンゼルスの病院の患者さんでも同じ、
という結果になりました。

祈りの効果には、距離も関係がないことが
わかったのです。

現代の科学では、そのメカニズムは
まったく解明されていませんが、
その効果は、科学的に証明できたわけです。

それほどまでに祈りには力があるのです。

私がおもしろいと思ったのは、
祈るほうもたいして信心深い人ではなく、

特別に気合いをいれて(!?)
祈ったわけでもないのに、

効果があったという点です。

キリスト教や仏教の熱心な信者でなくても、
自分の祈りの効果を信じていなくても、
効いたというのですから驚きです。

自分のために祈っても
無心の状態にはなれませんが、

誰か自分よりも大変な人を思い浮かべて
祈ってあげると、一生懸命になれます。

あなたよりも経済状態が悪かったり、
病状がひどかったり、
人間関係に苦しんでいたりする人のために、
ぜひ祈ってあげてください。

そういう人が
まわりに思い浮かばない人は、

外国で戦争やテロの犠牲になったり、
食べ物を満足に食べられない
子どもたちのために

祈ってあげてください。

すると、不思議なことに、
心が安らかになってきます。

無心になって人の幸せを祈ると、
自分にもそれが返ってくるからです。

愛は、差し出すことで、
いくらでも自分の中から湧いてくるという
不思議な性質を持っています。

でも、相手がその見返りが欲しい
と思った途端、愛が返ってこないと感じて
イライラしたり、落ち込んだりします。

欲しいと思うと手に入らないのに、
他人にあげようと思った途端に
手に入るとは、ユニークな仕組みです。

人間の心に、この仕組みが
プレインストールされているのなら、

宇宙の摂理が
そうなっているのかもしれません。

もし神様がいるとしたら、
ユーモアのセンスがありますね。

「与えるものは、与えられる」のです。





これはあなたの人生です。
これはあなたの人生です。

自分が好きなことをやりなさい。

そして、たくさんやりなさい。

何か気に入らないことがあれば、
それを変えなさい。

今の仕事が気に入らなければ、
やめなさい。

時間が足りないのなら、
テレビを見るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人を探して
いるのなら、それもやめなさい。

その人は、あなたが自分の好きな
ことを始めたときにあらわれます。

考えすぎるのをやめなさい。
人生はシンプルです。

すべての感情は美しい。

食事を、ひと口ひと口を
味わいなさい。

新しい事や人々との出会いに、
心を、腕を、そしてハートを開きなさい。

私たちは、それぞれの違いで
結びついているのです。

自分のまわりの人々に、何に情熱
を傾けているかを聞きなさい。

そして、その人たちにあなた自身
の夢も語りなさい。

たくさん旅をしなさい。

道に迷うことで、新しい自分を
発見するでしょう。

ときにチャンスは一度だけしか
訪れません。

しっかりつかみなさい。

人生とは、あなたが出会う人々であり、
その人たちとあなたが作り出すもの。

だから、待っていないで何か
作ることをはじめなさい。

人生は短い。

情熱を身にまとい、
自分の夢を生きよう。





<恐るべき断食の効能!>
<恐るべき断食の効能!> 3日間断食すると全免疫系が再生される。断食は究極のアンチエイジング! 半年に一度、2~4日間で免疫系が再生

南カリフォルニア大学:わずか3間の断食で全免疫系が再生される。高齢者でさえも。めざましい突破口。 幹細胞が新しい白血球を作り、感染を寄せ付けない。

断食は究極のアンチエイジング! 半年に一度、2~4日間で免疫系が再生


肌や髪など見た目の若返りも可能?

研究チームは断食について、免疫系だけでなく、ほかの組織や器官でも同じ効果を得られるか、実験を続けているという。そこで気になるのが断食によるアンチエイジング効果だ。体のさまざまな組織が「再生」されれば、肌や髪など見た目の若返りも可能になるのではないか。

今回の研究報告を受け、「アンチエイジング医師団」の主要メンバーの一人、近畿大学医学部の山田秀和教授に断食によるアンチエイジング効果の可能性を聞いた。

「幹細胞を活性化することができれば、老化を遅らすことになるかもしれない」と山田教授は言う。ロンゴ教授らのさらなる研究成果に期待がかかる。

しかし、断食を実践する際には医師の管理の下で行うなどの注意が必要だ。「疾患を持っている人や治療を受けている人、とくに糖尿病で血糖コントロールを受けている人は、低血糖発作を起こして死亡する危険性もあります。お年寄りや子ども、妊婦も十分な注意が必要です。健康な人でも急激な断食は避けるべきですが、プチ断食を経験したことがある人が、次のステップに進むことは可能でしょう」(山田教授)。

食べないだけならお金はかからない。食費が浮くのでむしろ経済的だ。免疫力がつき、健康な体を維持できるだけでなく、見た目の若返りも可能になるのであれば、断食は「究極のアンチエイジング」と言えるかもしれない。ただし、空腹に耐える気力と続ける意志さえあれば、の話だが...。[アンチエイジング医師団]






あなたの時間は限られている。
あなたの時間は限られている。

だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。

それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。

他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声を
かき消したりすることのないようにしなさい。

そして最も重要なのは、自分の心と直感を
信じる勇気を持ちなさい。

それはどういうわけか、あなたが本当になりたいものを
すでによく知っているのだから。

それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

~スティーブ・ジョブズ~
「ガンは恐ろしくて怖い病気ではない」

「ガンは恐ろしくて怖い病気ではない」

私のガンに対する考え方は、一般的な考え方である、病理検査や、腫瘍のサイズ、腫瘍マーカー、進行性とか、そういったもろもろの情報では判断に使えません。

なぜならば、ガン自体、本当のガンであれば、できた瞬間に、循環性により全身に回っています。

それぞれ5~10個とかぐらいですので、知るすべもありません。

一刻もはやく、その一般的な数字により、そのガンを取り去りたい、自由になりたいという気持ちはよくわかりますが、ふつうの治療法ですと、免疫体が下がり、各システムがバランスを失い、弱化し、ガンを必ず作ってしまっているのが現状です。

私は、先ほど述べました腫瘍のサイズなどよりも、なぜガンが消えるようにプログラミングされているはずなのに、消えなかったり、進行が普通を超えたスピードになっているかということを重要視します。

なぜならば、一般的な方法ですと、ガン細胞を取り去ったり、殺したりすることはできますが、その数以上の正常細胞も傷つけますし、あわせてガンであるためのその遺伝子や幹細胞は殺すことはできません。

みなさんもご存知の自然療法をその患者さんに合わせて、工夫し、継続してもらうようなアドバイスをし続けます。

その方に合わないものであれば、たとえ一般的に有名な食事であろうと、薬であろうと、吸収できないわけですから、逆に身体を弱体していくのが現状です。

私は、家族の一員として、いかに今を正しく楽しく毎日を過ごしていくかをアドバイスするヒーリングアーティストです。

まず最も大切なことの1つに(まず日本人の方に考えていただきたいことですが)、ガンを治すということは、心の奥底にしがみつき、くっついている今までの習慣や知識、そして感情などを完全に改善し、忘れてしまい、全く新しい道を見つけ、その道を継続的に勇気をもって、逆にウキウキと歩み続けることかと思います。

私たちはある状況下に置かれ、多くの選択するものの中から、1つの方法を選んで「よっしゃ」と突き進み、その問題を解決しますよね。

そして「わぁお」と一種の感動と自信をゲットします。

その後また、似たような状況が起こった時、たぶんほかの良い方法があるはずだと頭で考えても、前と同じ方法をとってしまいますよね。

当然、以前にも起こったことであり、それなりにうまくいっていたし、どうにか元気だし「ま、いっか」「Not so bad」と思います。

それを、何回も何十回も繰り替えしていくと「This is it, This is best」と信じこんで、それ以外の信じられないほどの良い方法などを全くおかまいなく、さらに他の方法なんかいいはずがないと、固執していきます。

恐ろしいことに、家族、知人、友人などへとその方法や習慣などが伝わっていき、絶対そうしなければばらない、ほかのことなど考えることは一切いらないなどど、考え方や行動などをしばりつけてしまいます。

私は、これが大きな落とし穴になっていると思います。

なぜなら、すべての状況は、毎分ごとに変化しているからです。

人々もそれぞれ違っていて、同じではありません。

とても良い可能性があるほかの方法が、忘れられています。

ちょっとしたつまづきから、しまいに悪いことばかりになっていき、自分だけではなく、他の善良な人々、そしてあなたを愛してくれる人、信じてくれている人まで傷つけてしまうのが起こりえます。

さらにそれに輪をかけて、医療ビジネスに上にたったお薬や治療など、巧みに専門家をまきこんで、正当化した情報に洗脳され、知らず知らずのうちにがんじがらめになってしまいます。

つまり、独立した新しいアイデアが必要かと思います。

また、すべて何の病気でも「細胞」からスタートします。

細胞のバランスの崩れ、正常レベルが不規則になり、異常化して悪化し、病気になります。

指から数滴の血液を採り、分析しますと、その細胞の状態で病気になるかならないかがわかります。

もし、異常が見つかっても、その段階のバランスの崩れは、恒常性の力で98%は治癒されます。

残念ながら、社会のシステムは、それをステージゼロとか1とかあって、進行性がんの前兆として断定して、一般的なガン治療に取り掛かります。

その体全身のバランスのひずみを治すために生まれたガンが、本当のガンであれば、私の58年に医学経験からして手遅れであると思います。

私のアドバイスですが、大至急体温を正常にし、ストレスを断固ストップ、すくなくとも改善し、快眠、快食、快便に努めましょう。

フルーツなどを混ぜない青い葉っぱのみで作った青汁を飲み、腎臓を強化し、水分代謝を高め、むくみを解消、そして普段から波長に気持ちの良い人とできるだけ会い、軽い運動を気持ちよくやり、ゆったりとお風呂につかり、一人カラオケをやるのもベストかと思います。

最後に、甘いものは超控えていただき、食材や食事から思い切って塩分を控えてみるのもよいでしょう。

そして私の尊敬する、予防医学のレイモンドヒル先生のおすすめは、大さじ2杯の亜麻仁油、大さじ2杯のカッテージチーズをよくかき混ぜて食べてください。

2,3分で、大量の良質な酸素が血流に入ります。

酸素は、ガン細胞を弱化させるのに有効です。

もしこの2つだけを食べるのが難しい場合は、いつも作るサラダにこの2つを混ぜたり、さらに別のアドバイスとして、この2つにリンゴや梨のしぼり汁ををかけるのをお勧めしています。

当然、絞らなくても、リンゴや梨などを刻んで一緒に召し上がってももいいですよね。

ただし、お店で売っているリンゴジュースなどはお勧めしません。

添加物やかなりのお砂糖が入っていますので、必ずご自分で作ってください。

それから、excite toxins (興奮毒)を徹底して使わないことです。

興奮毒とは、低カロリーの甘味料で、甘さを倍にします。

クッキーやシロップなどの糖果剤として使われています。特に、糖やカロリー制限をしている人が利用しているようです。

ステビア、アガベ、サッカリン、アスパルテームなどです。

特に、アスパルテームは、ショ糖の200倍の甘味を持っていますので、ガン細胞を作るし、ガンにガソリンをかけるようなものです。

それから、GMO(遺伝子組み換え)を使った食材は、取り入れないでください。

お店でものをかうときには、遺伝子組み換えでないものを確認してから買ってください。

私のアドバイスですが、遺伝子組み換えを使っていない農家さんから直接宅配便で送ってもらうのがよいかと思います。

遺伝子組み換え食品は、とても危険な除草剤が入っていて、さらに抗生物質も入っています。

これらは総合的に、腸の悪玉菌を増やし、善玉菌をを減らしてしまいます。

当然、残りのすべての菌が、その増えた悪玉菌のほうに従属していきます。

病気の問題だけでなく、脳の指令がくるってきます。

私ども、自然療法の医師たちは、腸が脳を作っていると考えます。

そしてさらにもっと怖いのは、腸壁漏えい症を引き起こすことです。

この状態を改善しないと、ガンになっていきます。

また、ガンの自滅を促進するのは、純粋な水であることも覚えていてください。

私は、住んでいる山を流れる川の水を飲みます。

でも、皆さんはおそらく有名なブランドの水をお買いになっているとおもいますl。

面白いテストがあるので、お知らせします。

その4Lぐらいのブランドの水を2つ用意し、片方に竹炭棒を入れて、もう一方には入れませんでした。

30分後に竹炭を入れた水を飲んだら、特に甘く感じ、まろやかでおいしかったです。

のどにスムーズに入っていく感じがしました。

その後、竹炭棒を入れなかった方を飲みましたら、少し化学物質のにおいと、何かのどにつっかかるような感じもし、おいしくなくて飲めませんでした。

竹炭で水が浄化され、元の成分にもどったのでしょうね。

こんな小さなことをいろいろ学んで、毎日大切に続けてみることですね。

つまりガンを予防するには、良いことを気持ちよく続けて継続することです。

やらなきゃ、やらなきゃと思いこんでやっても、その効果は半減します。

続けることにより、その1つ1つに真実に気づき、工夫が生まれ、喜びとなり、生きていることに感謝したくなってくるものですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。