愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【心の持ち方】
【心の持ち方】
 
 
 
1、腹を立てるより許すほうがよい
 
 
2、憎むより愛するほうがよい
 
 
3、不平を言うより感謝するほうがよい
 
 
4、愚痴を言うより喜ぶほうがよい
 
 
5、りきむより任せるほうがよい
 
 
6、威張っているより謙虚なほうがよい
 
 
7、うそをつくより正直なほうがよい
 
 
8、喧嘩するより仲良くするほうがよい





スポンサーサイト
全ては自分のために起こる
全ては自分のために起こる
         
辛くて苦しい日々、

それには必ず意味がある。

心の大きい人になるために

人の心の痛みがわかるために

なんでこんな状況なんだろうと思うことも

それには必ず意味がある

人として成長することが出来るために

与えることが出来る人になるために

人生に起きることには意味がある

起きた事に心を奪われるのではなく

起きた意味を考える

全ては、自分が幸せになるために

起きていることだから





優しく、思いやりをもって育てれば、子供は優しい子に育つ。
誉めてあげれば、子供は明るい子に育つ。

愛してあげれば、子供は人を愛することを学ぶ。

認めてあげれば、子供は自分が好きになる。

見つめてあげれば、子供は頑張り屋になる。

分かち合うことを教えれば、子供は思いやりを学ぶ。

親が正直であれば、子供は正義感のある子に育つ。

優しく、思いやりをもって育てれば、子供は優しい子に育つ。

守ってあげれば、子供は強い子に育つ。

和気あいあいとした家庭で育てば、子供はこの世の中はいいところだと思えるようになる。
【排毒と除去、修復】
【排毒と除去、修復】

病気や不調は血、水、気の流れが悪くなることから始まります。

この流れが悪くなると体内に毒が溜まりやすくなります。

流れが悪い川にゴミが溜まるのと同じですね。

このゴミ(毒素)が栄養や酸素の吸収を阻害し、代謝を弱めます。

そして、身体の機能がうまく働かなくなり、そのシグナルとして症状が表れます。

原因はゴミ(毒素)なので、まずはそれらを取り除かないといけません。

このゴミの掃除期間(排毒期間)が約3ヶ月です。

これは、食事を変えることで、腸内のゴミ、血管に溜まったゴミ、神経経路に付着したゴミ、内臓など

体中のゴミを出しきります。

ここでいうゴミとは、化学物質のことです。

50年前以前には、身体に入ってこなかった、様々な物質です。

添加物、農薬、大気汚染、薬などの化学物質。

これらを出そうとする時に、身体に様々な症状が表れます。

大量便、目やに、湿疹、抜け毛などは排毒症状です。

また、食事を変えると免疫細胞(抗体)もゴミを除去しようと頑張り始めます。

その時にも症状が表れます。

炎症です。

炎症は免疫がゴミ掃除をしている箇所に起こります。

膠原病の方は、特にこの症状が表れやすく検査数値も一時期は悪化します。

熱が出ることも多々あります。

この免疫の働きを抑えて、掃除をさせなくするのがステロイドや免疫抑制剤です。

掃除させない訳ですから、炎症も起こりませんし、数値も悪化しません。

しかし、治りません。

免疫細胞(抗体)が化学物質を除去し終わると修復が始まります。

化学物質を除去する時に荒れた部分を綺麗に修復し始めます。

この頃には栄養の吸収がた高まっているので、速やかに修復されていきます。

そして、健康体へと戻っていきます。

現代病を治すには

排出期間(約3か月)
大量便、目やに、湿疹、抜け毛などは排毒症状


栄養の吸収が高まり、代謝や免疫力が上がる
爪の伸びが早くなる、髪の艶が良くなる、肌が綺麗になる


除去
炎症や発熱


修復


健康体

この流れを応援するのが

食べ物

そして

笑う、楽しむ、感謝する、時には開き直る心です。