愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安の改善にヒスチジン摂取が有効か
マウスでは、食事によるヒスチジン摂取が十分でないとヒスタミン不足を生じ、ヒトの不安に似た行動が増えることを、東北大学大学院医学系研究科の吉川雄朗(よしかわ たけお)助教と谷内一彦(やない かずひこ)教授らが明らかにした。

十分にヒスチジンを摂取することでヒスタミン神経系が正常に維持され、不安行動の改善につながる可能性を初めて示した報告として注目される。

9月20日に米栄養学会誌Journal of Nutritionのオンライン版に発表した。

ヒスタミンは、必須アミノ酸の一つであるヒスチジンから脳内で合成され、脳内では神経伝達物質として機能しており、覚醒作用や不安を和らげる作用があると考えられている。

ヒスチジンはカツオや鶏肉などに豊富に含まれる。食事中のヒスチジンがどれくらい神経ヒスタミン系に大切か、わかっていなかった。

研究グループは、ヒスチジン含有量を25%に減少させた低ヒスチジン食と通常の食事をそれぞれオスのマウスに2、4週間与え、行動などを調べた。

その結果、低ヒスチジン食を与えたマウスでは、脳内のヒスタミン量が減少し、神経から放出されるヒスタミンの量も減っていた。

このマウスは、50センチ四方の空間に入れて観察するオープンフィールドテストで、開けた中央部が不安から苦手で、壁際を好む行動をとっていた。

明るい箱と暗い箱がつながった装置に入れて行動を見る明暗箱試験でも、不安で明るい箱を避け、暗い箱を好むことを見いだした。

これらの実験で、通常の食事に比べて、低ヒスチジン食を摂取し続けたマウスでは、不安な行動が増加することを確かめた。

研究グループは「今後、ヒトでもヒスチジン摂取の重要性を調べたい。

この研究は、新しい抗不安薬やサプリメントの開発につながるだろう」と期待している。





スポンサーサイト
コメント
コメント
鶏肉
中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日~45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日~55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に21万5千トン(2012年)も輸入されている。
中国から輸入された鶏肉は、鶏肉として飲食店、弁当店、惣菜店などで使われる他、
焼鳥、空揚、チキンナゲット、肉団子、ハンバーガー、ハンバーグ、フライドチキン、ローストチキン、レトルト食品及び冷凍食品などに加工される。

2014/09/28(日) 09:33:48 | URL | 共産党と社民党の消滅を望む #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2309-9769fee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。