愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクチン接種後の乳幼児の突然死の仕組みがわかった?
ワクチン接種後の乳幼児の突然死の仕組みがわかった?

下のウオール?の資料で示しておりますように、ワクチン接種後の乳幼児に”突然死”が起こっています。

どういう仕組みで起こるのだろうかと調べておりました。

Viera Scheibner(ビーラ シャイブナー?)さんの意見が最も正しいのではないだろうかと考えておりました。

彼女の夫は電気機械の専門家で、乳幼児の”保育器”のモニター(おそらく温度、湿度、呼吸、心拍の監視装置)を開発したということです。

その夫は亡くなり、彼女はワクチンの調査研究をおこなうようになりました。

彼女は「ワクチンの研究に8万頁の論文読んだが、ワクチンには理論がないことがわかった」と言っています。

彼女の論文で、乳幼児は自律神経が(未熟なためか)不安定で、感染症、疲労、タバコの煙、あやし過ぎによって、呼吸が浅くなり不安定になると書いております。

11月2日夜、NHK総合TVで 「NHKスペシャル | 医療ビッグデータ 患者を救う大革命」という番組がありました。

再放送は7日にあり、どちらも録画しないでしまい惜しい事をしたと思っていましたが、fcでみられました。
感謝!感謝!
http://www.at-douga.com/?p=12282

前半に、保育器にはいっている1Kgの低体重児の心拍数と酸素飽和度のデータ(トレンド)より感染を予知し、抗生剤の投与を決定するというものでした。

私が驚いたのは、心拍数および酸素飽和度が予想を超えてこんなに下がるのか、ということでした。

酸素飽和度の数値がわかりませんが、予想を超える低下だと思います。

ワクチン接種は擬似感染症であり、ワクチン接種によって免疫系が刺激されることは、通常の感染と何ら変わるところはありません。

アジュバントが加えられている分、より強いと考えられます。

繰り返し呼吸が浅くなったり一時停止するため低酸素血漿になること、徐脈および一時心停止も繰り返しおこっていることが死亡につながってしまうことは、十分に考えられると思いました。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2553-0e6a8202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。