愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【更年期】
【更年期】

更年期という言葉にどんなイメージを抱きますか?

排卵と生理のサイクルの終了。それは、毎月卵を産む暮らしから産まない暮らしへの変化。

ひとつの変化の節目ではありますが、それ自体は病気や不調ではなく、男女のカラダの自然現象です。

「更年期」とは、閉経の前後5年の10年間を指す言葉で、日本人の場合は平均して45〜55歳といわれています。

40代以降になると、徐々に卵巣機能が衰え、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少しはじめます。

しかし、なんとかエストロゲンを分泌させたい脳の下垂体からは、「エストロゲンを分泌せよ!」という刺激ホルモンが出続けるため、

脳から出される大量の刺激ホルモンと卵巣から少ししか分泌されないエストロゲンのアンバランスから、さまざまな身体症状が現れることがあります。

肩こり、腰痛、手足の冷えや痛み、疲れやすさ、イライラ、頭痛、めまい、吐き気、憂鬱、動悸・息切れ、ほてり、むくみ、汗をかきやすくなる、など。

そうしたさまざまな身体症状を総称して「更年期障害」と呼びます。

「更年期」そのものは、「思春期」と同じく、誰しもが経験する自然なカラダの変化ですが、「更年期障害」はヒトによってあったりなかったりで、その強さも個人差があります。

   
今まで女性ホルモンの恩恵を受けて卵を産み続けていた暮らしから、卵を産まなくてもいい暮らしへのシフトチェンジ。

その準備期間(カラダを慣らす期間)が更年期です。

カラダの使い方が変化する節目の時期、と前向きにとらえて、食事・睡眠・休養、適度な運動など、基本的な
生活リズムを整えましょう。

ストレスとの上手な付き合い方を身につけることも大切です。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2562-2e7c77e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。