愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【カラダの中のスーパーコンピューター】
【カラダの中のスーパーコンピューター】

脳はカラダのすべての動きの指令を出す司令塔。

脳から神経というネットワークが全身のすみずみに張りめぐらされ、生命活動をはじめとしたすべての動きに関係している脳は、カラダ地図の縮図かもしれません。

脳は、硬くて丈夫な頭の骨(頭蓋骨)と3枚の膜におおわれ、液体(脳脊髄液)の中に浮かんでいます。

3枚の膜は、外側から、硬膜・くも膜・軟膜の順であり、くも膜はまるで「蜘蛛の巣」のような模様をしています。

脳細胞の数は、夜空の星の数ほどあるといわれています。

なんとゼロが何百万〜何億個という天文学的な数!脳は人体の小宇宙といえます。

脳の重さは、約1300〜1500g。

天才科学者アインシュタインの脳は、成人男性の平均値よりも軽かったという研究結果があります。

「脳が大きい=頭が良い」といわれますが、重さはあまり関係ないようです。

  
脳には「新しい脳」と「古い脳」があります。

それはなぜでしょうか?

それは、脳の進化のなせるわざ。

古い脳をおおいように脳は外へ外へと進化・発達しました。古い脳は、大脳辺縁系、新しい脳を大脳新皮質と呼びます。

大脳辺縁系は、怒り・恐怖など情動や記憶に関係しているほかに、よく知られているのは、においを感じる嗅脳があること。

アロマテラピーなどの香りを使った療法にとても関係が深いのです。

脳の1番外側の大脳新皮質にはしわがたくさんあり、前後に走る深いしわによって、右脳と左脳、さらに4つに分かれて、それぞれ大事な役割を持っています。

  
まるで大きな木の幹のように、脳の中心を支える部分を脳幹といいます。

ここには、生きていくためにとても大事な機能が集中しています。

◯間脳
・視床 視る・聴くなどのほとんどの
    感覚(嗅覚は除く)が通る
・視床下部 内臓を動かす自律神経の中枢

◯中脳
まぶしい光を見たときに、反射的に目に入る光の量を調整したり、居眠りして「頭が船をこいでいる」といわれるように、姿勢を直そうとします

◯橋
間脳と延髄を橋渡しする顔や耳を動かす神経の核がある

◯延髄
呼吸・心臓・循環・咳・嘔吐・嚥下・発刊・唾液分泌など、生命維持に関わる超重要な部分

◯小脳
意思に関係なく現れる異常なカラダの動きを調整・協調

脳の指令は、脳内ホルモン(神経伝達物質)が神経を刺激することで起こります。

◯ドーパミン
脳にやる気を出すように指示する

◯ノルアドレナリン
ストレスをきっかけに、興奮・覚醒・
集中・判断力の向上をもたらす作用。
怒りのホルモンとも呼ばれる。

◯メラトニン
暗くなると眠気を覚え、明るくなると
眠気を覚ます作用。
◯セラトニン

脳がリラックスする作用。
幸せのホルモンとも呼ばれる。

◯βーエンドルフィン
痛みを和らげたり、気分を良くする作用。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2598-174c863b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。