愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
人間の腸はには、神経がくまなく張り巡らされています。
人間の腸はには、神経がくまなく張り巡らされています。

これはほかの臓器には見られない特徴です。

神経が巡る腸には、脳からの指令がダイレクトに届きますし、逆に、腸の情報がも脳へと伝わる易いのです。

これらのことから、腸は「第2の脳」といわれています。

同時にまた、腸は食べ物の消化吸収だけでなく、免役にも重要な役割を持っています。

私たちの腸の表面には、多くの壁や突起があります。

この表面積を計算すると、ほぼ200㎡となり、テニスコートと同じくらいです。

 腸は、この広大な面積を通じて食品の成分を認識します。

必要なものは吸収し、不要なものは排出するという、素晴らしい機能を持っているのです。

腸は、管食腔の表面が「腸管上皮細胞」に覆われており、その細胞の内部には「繊維芽細胞」「免疫細胞」「神経細胞」があり、さらに、それらが内部のリンパ管や毛細血管と連絡をしています。

免疫は、食品に含まれる免疫因子を上皮細胞が認識し、そのシグナルを上皮内のリンパ球など免疫細胞に伝えることによって増強されます。Bリンパ球、Tリンパ球、マクロファージの3種類の細胞は、「自然免疫」といって、生まれながらに持ち合わせている免疫であり、原則的に強いものです。

しかし、最近この「自然免疫」も低下傾向になってきています。

一方、「NK細胞」という免疫をつかさどる細胞があります。

「NK細胞」が細菌やウイルスと闘っている間は、体にはとくに炎症発熱症状が生じません。

しかし、「NK細胞」の攻撃が突破され、Bリンパ球、Tリンパ球、マクロファージにバトンされると、闘いの中で発熱や痛みの症状が生じます。

つまり、闘いが「NK細胞」だけで終了すれば、体に症状がでないのです。

「NK細胞」を強くするには、栄養状態をよくし、ストレスの少ない環境で生活することが大切です。

だれでも年をとりますが、栄養状態やストレスはコントロールできます。

そして、それに重要な役割を果たすのが「腸」になるわけです腸を元気な状態に保つことがきれば、「NK細胞」は活性化され、体は強くなります。

穀類、豆類、野菜類、発酵食品など幅広くとりいれた、日本古来の食事を取り、ストレスの少ない生活が、免役を高める秘訣なのです。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2632-e2f88ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック