愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクチンの嘘
ワクチンの嘘

ジェンナーは「牛痘で天然痘が予防できることを証明した」としたが、これがそもそもの嘘である。

ユースタス・マリンズは「専門家の中には、さまざまな要因により──天然痘はいずれにせよ18世紀には消滅していた」と記載がある。

それだけならまだしも「種痘が天然痘を拡大させた」というのが真実だったらどうするか。

たとえば「普仏戦争(1870~71年)のあいだ、ドイツ軍兵士全員が天然痘予防接種を受けた。

その結果、壮健な5万3288人の兵士が天然痘にかかり、死亡率も高かった」(マリンズ氏)

また英国では種痘接種が広まってから天然痘の流行が始まった。

その大流行のため2万2081人が亡くなった。

結局、英国政府は1948年に種痘の禁止に追い込まれている。

この時点で、イギリスは天然痘の予防効果はないことを認めたのだ。

それどころか「天然痘大流行の元凶でもある!」ことを隠しきれなくなった。

イギリスが種痘禁止した1948年に、敗戦国日本はGHQ(連合軍総司令部)に種痘続行を強要された。

日本での廃止は1976年とイギリスに遅れること28年となった。
 
日本で明治に種痘ワクチンを導入したところ、逆に天然痘が大発生し、1892年には16万5774人の患者が発生し、3万人もの人が亡くなった。

ドイツでも戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していた。

ところが1939年、ナチス政権時代には、ドイツではジフテリア患者数が15万人と天文学的に増大した。

これに対して予防接種をまったく導入していなかったノルウェーでは、同じ時期に患者数はわずか50人だった。

アメリカでも皮肉な結果が出ている。

ポリオ予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に700%も増大しているのだ。

 「ポリオの『免疫血清』は、ルーズベルト大統領がこれを承認した当時、すでに危険で無益なものであることがわかっていた」(マリンズ氏)

「実際には、アメリカにおける全ポリオ患者の原因は、ワクチンにある」「1979年以降、米国では自然発生型あるいは野生型のポリオウイルスに起因するポリオ患者の症例は一つも見られていない」(『ワシントン・ポスト』1988年1月26日)しかし、奇妙なことにポリオ予防接種は中止されることなく、続行された。
 
ワクチンは「健康被害の最大原因」ということ。

予防接種を無邪気に信仰してきた人にとってはショッキングでしかないだろうが。
(病院で殺されるより)




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2652-66ca3511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。