愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
足るを知る とは、何事もない 普通のことが有難いと思えること
自分に 起きる面倒、難題は、
「足るを知る」を
教えてくれるために あらわれます。
  
足るを知る とは、何事もない
普通のことが有難いと思えること
 
手足が動くこと、
目が見えること、
食事ができること、
 
いつも当たり前だと思って 
やっていることは 
実は当たり前のことではありません。
 
だから、
病気という難題もまた、カラダに
感謝することを思い出させるために
 
そして そのプロセスから
何かを「manabu」ために、
どこか からだに不調和が起こります。
 
ただ食生活や生活習慣を
改善するだけではなく
他の 不調和のないところ
一つ ひとつに
感謝していくといいと思います。
 
足るを知るには、
今、どれだけ恵まれているのか、
今、どれだけ自分が周り助けられているのか、
どれだけ有難い存在に見守られているか
に気づけば 自然と感謝しかなくなります。
 
不調和のないところに 感謝し、
最終的に
不調和(難題)そのものにまで 感謝できたとき、
その不調和(難題)は 消滅していきます。
 
足りないものばかりに目を向ければ
不安が生まれますが
 
足りているものに目を向ければ
感謝が生まれ、幸せな心になります。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2673-7f8b3160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック