愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷え知らずになるために、温めるべきは3つの「首」! ポイントは?
寒いと体調を崩してしまいがち。

かぜをひいたり、血行が悪くなったり、肩こり・腰痛や頭痛が起こったりといろいろ大変ですが、寒いとき、「ココを温めれば効率が良い」という3つの体の「首」があります。

3つの「首」とは、「首」「手首」「足首」のこと。

これらは太い動脈が皮膚に近いところにあるため、気温の影響を受けやすいのです。

ここが冷えると、冷たい血液が体をめぐり、全身が冷えてしまいます。

逆に温めると血行がよくなり、また温かい血液が流れるため、体があたたまります。

なかでも首はもっとも大切。

首の後ろを温めることで、全身に温かい血流がめぐり、肩こり解消につながるほか、手足の血行も良くなります。

■首

・ハイネックやタートルネックなどの襟のつまった衣類を着る
・ストール、マフラー、ネックウォーマー、室内では首元にスカーフを巻くなど
・家では蒸しタオルを当てることも有効
・グルグル回しや、ストレッチ

●手首

・長袖を心がける
・リストバンド・、手首ウォーマー
・グルグル回し、手のひらを閉じたり開く動作を繰り返すなどの軽い運動

●足首

・レッグウォーマー
・椅子に座ったまま足をまっすぐに伸ばし、かかとを地面につけてつま先を前後に動かすなどの運動

ちなみに、ロングブーツは血行が悪くなり、冷え・むくみの原因となることも。

むやみやたらに着膨れするよりも、ポイントを押さえて体を温めて冷え知らずになりましょう。

ちょっとした時間に、これら3つの「首」をグルグル回すだけでも、ずいぶん違います!





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2729-42244f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。