愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
アルコールは控えめに!
アルコールは控えめに!

厳しいかもしれませんが、下記に該当する方はアルコールを控えましょう!

1.後頭部、首、肩が酷く凝るとき

2.身体の何処かに痛みがあるとき

3.身体の何処かに麻痺や知覚異常が あるとき

4.風邪を引いているとき

5.身体の何処かに炎症があるとき

6.心臓が悪い方

7.何かの手術を受けられてあまり時間が経っていない方

8.湿疹が出ているとき etc

何故これらの時にアルコールがダメなのか。

1.アルコールは肝臓を疲れさせます。

また東洋医学では気を上げると考えます。肩、首、後頭部に気血が集まり熱を持って筋肉が硬くなります。

また後頭部や肩には肝臓に深く関わるツボがあるので、そのツボ周辺の気かわ滞り凝ります。

飲みすぎて酒焼けするのもこの部位です。

2.アルコールは痛みを助長します。

アルコールを分解した後の成分が神経を刺激して痛みが強くなったり治りにくくなります。

3.アルコールは神経の働きを鈍らせます。

麻痺や知覚異常は神経の働きの低下が原因のことが大半なので、アルコールが余計に神経の働きを悪化させてしまいます。

4.風邪はウイルスによる炎症が元。

アルコールは身体に熱を持たせ炎症を悪化させるため、風邪をこじらせたり、治りにくくする原因に。

5.4に同じ。炎症には火の文字が二つも。熱を持たせてはいけません。

アルコールは血流を盛んにし、組織に熱を持たせます。

火に油を注ぐのと同じこと。

炎症は悪化しやすくなります。

6.たとえ僅かでも、アルコールは脈拍を早めます。

脈拍が早まる=心臓、血管に負担がかかります。

心疾患や脳卒中など心臓や血管系の病気にアルコールは禁忌です。

なのにドクターはあまり注意なさらないので、私が懸命にお知らせしてもドクターはいいと言っていたと反論されることが大半ですが...命に関わることなのでどうかご注意下さい。

7.アルコールは炎症を増長します。

手術の痕などは炎症を起こしやすいため、アルコールを飲むと回復が遅れますし、出血を助長することもあります。

またアルコールは内臓を過活動させてしまい内臓疲労の原因になり、体力の回復を遅らせます。

この場合の多くもドクターはアルコールを制限されませんが、常識的に考えても回復が遅れることは自明の理だと思います。

8.湿疹は皮膚の熱です。アルコールは熱を助長するので痒みや湿疹を悪化させ、治りにくくなります。

その他どんな疾患でも、アルコールはあまりよくありません。

酒は百薬の長というのは、栄養が不足して貧血が多かった昔の話。しかもおちょこ一杯が基本です。

東洋医学的には気血の停滞、濁り、澱みの元と考えますので、あまりお勧めできません。

アルコールの過剰摂取で起こる弊害は神経麻痺や気分の高揚、幻覚や中毒性など...これって麻薬とほぼ同じですよね。

最近ではアルコールと鬱、自殺についての関連性も指摘されています。

私も少しは飲むので治療院ではあまり厳しくはアドバイスできないのですが😅

アルコールは嗜む程度に、元気な時にスマートに楽しんで下さい。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2773-592e1d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック