愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死とは、重いテーマです。
 死とは、重いテーマです。

 あるいは、少なくとも、重くて暗くて忌むべきテーマだと、私たちの多くは信じ込んでいます。
 

 社会の常識を代表するテレビ番組が映し出す死は、例外なく暗くて灰色のトーンで描かれます。

そこでニコニコすることなど決して許されないという空気感、死はやはり悲劇以外の何ものでもないと、すでに最初の最初から決めてかかっている。

まるで、それ以外のありようなどないかのような圧倒的な印象で。

 けれども、これが死の真実の姿なのだろうか、これが生きるということなのか?
 自分自身の死について見つめれば見つめるほど、こうした問いは切実なものになっていくのではないでしょうか。

 それで思い出すのが、日本映画の巨匠黒澤明の晩年の作品「夢」です。

名監督として名を馳せた彼が、自分の伝えたいメッセージを思いのままに描いたこの映画は、全編がまさに夢のワンシーンのような短編で織り成され、その物語はすべて、人類の行く末に警鐘を鳴らすような鋭い視線に貫かれているのですが、その最後の物語のテーマがお葬式でした。

生を生き切って亡くなった女性を送る葬儀は、まるでお祭りかと見まがうような陽気なもの。

人々はカラフルな衣装をまとい、鳴り物入りで練り歩き、にぎやかに、死者の旅立ちを祝うのです。
 

 この映画を見たのはずいぶん昔のことですが、人生を締めくくるにふさわしい、喜びに満ちた美しいシーンがとても感動的でした。

 インドのOSHOの瞑想センターでは、彼の存命中はもとより、今でも近しい弟子が亡くなるたびに、この映画に描かれたようなお祝い、「デス・セレブレーション」が行われます。

私も初めてインドに渡って間もないころ、訳も分からないままにその場に居合わせたことがありました。

日本のお葬式からは考えられないアップテンポでビートのきいた音楽に乗って、激しいダンスとともに、亡骸が近くの川べりの火葬場へと運ばれたあと、弟子たちみずからの手で薪が積まれ、火がかけられる。

炎に包まれていく身体を静かに見守るのは、じつに強烈な体験でした。

喜びと悲しみが交錯する瞬間、みずからのいのちを見つめ直す、かけがえのない瞑想の機会……そしてOSHO自身もまた、たくさんの弟子たちに祝われ、感謝と喜びの涙とともにこうして見送られたのです。
 
 OSHOは、死とは生のクライマックスだ、究極のオーガズムなのだと語っています。
 

 この言葉が指し示すヴィジョンの一瞥とともに、生き方そのものが丸ごと変わってしまう――本書は、そんな大きな潜在性を秘めた一冊です。

 これは、弟子を目の前に、朝に夕にOSHOが語った膨大な講話から、テーマに添った内容を集めて編まれた編集本です。実際に死に直面している人たち、その家族や友人たちの切実な問いに、妥協なしに真実を語りかけている内容であること、それこそが本書のすばらしさです。

ここで語られているメッセージは、じつにストレートです。死が差し迫っているときには、もはや無駄な時間はない。

何かがなされなくてはならない。

その切迫感こそ、真に大切なこと、自分自身の真実に目覚めるための、大きな原動力になりうるのです。

 ですからこの本は、あなたにとって、かつてなかったような魂のための実用書になるかもしれません。

最初から順序立てて読む必要はありません。

あなた自身の人生の切実な問いを頼りに、どこからでも、そして自分なりのペースで読み進めてもらえばいい。

 そして興味が湧けば、どうぞご自分で瞑想法を試してみてください。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2819-cf73fbae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。