愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【ジョンレノンは神道に惹かれていた】
【ジョンレノンは神道に惹かれていた】

ジョン・レノンといえば、誰でも永遠の名曲「イマジン」を連想するでしょう。

1971年に発表されたこの歌には、「天国なんてありゃしないと、想像してごらん。

地獄もありゃしない」「そして、宗教もない。

そうしたら、みんな平和に生きられるってさ」というメッセージ性の強い歌詞が登場します。

著者は、「イマジン」について次のように述べています。

「『イマジン』は世界の若者のあいだで、大ヒットした。ところが、アメリカや、ヨーロッパのキリスト教保守派層から、神を否定して、冒瀆する歌だとして、強く反撥された。

日本人は宗教に対しておおらかで寛容だが、キリスト教徒のなかには、病的としか思えない、癇性な人が珍しくない。

私は『イマジン』は、神道の世界を歌っているにちがいないと、思った。

そして、そうジョンにいった。

私はジョンに、神道には、空のどこか高いところに天国があって、大地の深い底のほうに地獄があるという、突飛な発想がないし、私たちにとっては、山や、森や、川や、海という現世のすべてが天国であって、人もその一部だから、自然は崇めるものであって、自然を汚したり壊してはならないのだと、説明した」

その後、ジョンとヨーコは靖国神社、さらに足を延ばして、伊勢神宮を参拝しました。

ヨーコがジョンを説いて、連れていったのだそうです。

ジョンは日本を愛していました。

そして、日本語を毎日、勉強していたそうです。

日本語の中で一番好きな言葉は、「おかげさまで」でした。

著者は、次のように述べています。

「ジョンは口癖のように、『okagesamade(オカゲサマデ)』という言葉が、『世界のなかで、もっとも美しい』と、いっていた。

日本では、人が自分1人の力によらずに、神仏や、祖先や、自然や、あらゆる人々である世間のお蔭を蒙って生きていると、考えられた。

ついこのあいだまで、日本では世間体が人にとって、何よりも大事だった。

日本人にとって世間というと、天と同じような存在だった。

世間をまるで神であるように畏れて、敬ったのだった。

ユダヤ・キリスト・イスラム教のように、神が人のうえに存在することを想定するのではなく、社会が天だった。

私はジョンに、日本では同じ人である隣人たちを神としているといった。

ジョンは目を輝かせて、聞いてくれた。

世間体は、『世間態』とも書いた。

世間体は世間に対する面目で、世間の人々に対する体面であり、社会の規範に合わせて生きることが期待された。

そのように努めることによって、自分をよいものに見せようと努めた。

日本ではこのように人間関係が、徳目を支えていた。

もし、社会規範に背くことがあったら、『世間体が悪い』といって、自分だけではなく、一族ぐるみで恥じた。

『世間を狭くする』とか、『肩身が狭い』というと、世間の信頼を失うことを意味したから、そうなったら、胸を張って生きることができなかった。

このような規範が、人々の背筋が通った生きざまをつくっていた。

世間を神様のように、『世間様』といって崇めた。

いまでも、そう意識することなく、『世間様』という言葉がごく普通に使われている」

わたしも、著者のいう「世間様」という発想は非常に重要だと思っています。

「ご先祖様」、「ご近所様」、そして「世間様」という視点がなくなってから、日本人のモラルは低下しました。

つまり、共同体というものが弱体化してしまったのです。

著者も、次のように述べています。

「いまの日本では、共同体の意識が弱まってしまったために、人間関係が駆け引きであるとみられるようになって、世間体という言葉がなくなった。

社会が神でなくなってしまった。

まだ、半世紀にならないというのに、日本は何と大きく変わったことだろうか。

そういえば、『個人』『個性』という言葉も、明治以前には、日本語になかった」

さらに、著者は「世間」を敬う心こそが日本人の特色だとして、次のように述べます。

「私たちは、神や仏だけでなく、親や、上司や、特定の人々による引き立てだけでなく、世間のお蔭をこうむって、生きているのだ。

だから、日本人はあたかも神のように、世間を畏れて敬った。

いまでも、改まった席では、若者まで含めて、『・・・・・・紹介させていただきます』とか、『参加させていただきました』『つくらせていただきました』『過ごさせていただきました』と、『・・・・・・させていただきます』を連発する。

これは、外国語にはない表現である。

自分の力だけではなく、そのように世間に『させていただいた』ことに、胸のなかで感謝しているのだ。

世間を天としている文化は、日本だけである」

『ジョンレノンはなぜ神道に惹かれていたのか』より





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2822-9a9feb0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック