愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癌をなめてはいけません。
★外科手術、抗癌剤、放射線療法、分子標的薬は対症療法です。

対症療法でなおるほど癌はあまくはありません。

癌をなめてはいけません。

最近話題の『免疫細胞療法』や『活性化自己リンパ球移入療法』も、対症療法です。

対症療法ではたかがしれています。

対症療法ではなく根本的治療方法を選ぶべきです。

根本的治療方法でなければ、癌はなおりません。

癌患者やその親族は次のことを心がけるべきです。

1.○○大学病院信仰をやめること。

★○○大学病院や○立癌センターなら安心だろうなどという意味もない信仰を捨てること。

特に国立がんセンター、癌研有明、聖路加国際病院に入院したら、絶対に死ぬということを肝にすえることです。

2.外科手術、抗癌剤、放射線療法などの3大療法で癌が治ったなどということはありえません。

3.抗癌剤が効くということと、癌がなおるということはまったく違う意味です。

4.癌で死んだ人間やその遺族の云う事には絶対に耳をかさないようにしましょう。

5.癌から生還した人の体験談などを繰り返し、見聞きして、頭にいれること。

6.確実に再発・転移をとめられる代替医療の専門家に診てもらうこと。

7.潰瘍性大腸炎も治せないヤブ医者に癌を治すことはできないということをはっきり認識すること。

8.場合により手術したり、時には抗癌剤を使ったりするような方針の定まらないいいかげんな医者は信用してはいけません。

9.抗癌剤をつかってから、手術をするなどというようないきあたりばったりの治療をする医者は信用してはいけません。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2848-963e396f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。