愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「癌は温熱療法でほぼ100%治せる。」
「癌は温熱療法でほぼ100%治せる。」

「癌が不治の病と看做されているのは、皆さんがそれを知らないからか、医者が認めようとしないからだ。」という。

以下、リンクより引用

「癌細胞は42.5度以上になれば必ず自壊する。」

「であるから、私は癌患者さんには、風呂に入って貰ったり、遠赤外線を照射して温度を上げることにより癌細胞を自壊させる治療方法を取っている。」

「癌患者さん達は、癌腫瘍に遠赤外線を照射すると42.5度程度でも「熱い!熱い!」と言いますが、そこは少し我慢して頂いて、遠赤外線の照射を実施します。」

「しかし風呂や遠赤外線を長時間やれば、癌を急速に治療できるかというと、そう言う訳ではない。」

「余り一度に大量の癌細胞を死滅させると、腎不全、心不全で患者が死亡するので、気を付けねばならない。温熱療法は徐々に遣ると大きな効果が出て、癌を必ず消滅させる。」

健康な人なら42.5度程度では普通「熱い」とは感じないのに、癌患者の場合に42.5度程度で「熱い!」と言うのは、其れほどまでに癌細胞というものが生命の根幹に食い込んでしまっており、生命の側が癌細胞を生命の一部と看做してしまう程に生命の根幹を劣化させている。

一つの癌腫瘍を温熱療法で跡形も無く治癒しても、癌患者さんの生活習慣が改まらないならば、又再び別の癌に苛まれる事になるのだから、このような生命の根幹を蝕むものを切り離すためのあらゆる統合医療的手法(バイオレゾナンス、波動水、気功の手翳しによる温熱療法、タヒボ茶等の漢方、針灸、副交感神経を活性化するための呼吸法 [解糖系の無酸素呼吸でなく、ミトコンドリアを使う酸素呼吸]、音楽療法、音叉療法等)が推進されるべきなのである。


現代西洋医学とは科学では無い!

以前行われた統合医療大学設立の第1回申請は、文科省により「理論的に支離滅裂、科学的根拠薄弱」との理由で却下された。それは正に逆である。

誤れる「正統派」現代物理学の信奉する誤れる数学=確率論から導出された誤れる「エントロピー単調増大法則」(=エネルギーや質量や構造物は時と共に粉々に分裂、崩壊し霧散して行く方向にのみ進む、という根も葉もない哲学)を信奉し、人為的介入のみが一時的・局所的ににエントロピー減少を齎し得るのみとしか発想できない現代西洋医学とは、現象面の上っ面だけを(磁気を見ず、上っ面の現象面である電気イオンしか見ない点もその一つ)しかも局所的に分裂・崩壊方向に分析する「理論」(=エントロピー増大の分裂分析の「理論」)しか形成出来ず、決して全分析を体系化・統合化できない理論的片輪者でしかない。

例えば癌の本質的治療を癌細胞の自壊を齎す温熱療法中心に統合化する世界史的画期的意義を、現代西洋医学はそのエントロピー増大の誤れる細分化・末端化に傾く「理論構成」が原因で認める訳に行かないのである。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2876-0691acf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。