愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
◆ヘブライ語で読む「君が代」 |
◆ヘブライ語で読む「君が代」 |
日本とユダヤのハーモニー

さて皆さん!君が代についてどれだけ知ってますか?僕は日本の国歌としてしか知りませんでしたが!

●発音をそのままヘブライ語の意味に訳すると、

立ち上がれ!
神を讃えよ!
神の選民であるシオンの民よ!

喜べ!残された民よ!
人類に救いが訪れ
神の預言は成就した!
全地にあまねく述べ伝えよ!

となります。
●「日本人の先祖は失われたユダヤ王族ではないか?」と言う説も説得力が有ります!

バジル・ホール・チェンバレンはこの日本の国歌を翻訳した。訳を以下に引用する[2]。

A thousand years of happy life be thine!
Live on, my Lord, till what are pebbles now,
By age united, to great rocks shall grow,
Whose venerable sides the moss doth line.

汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが
時代を経て、あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生(は)える日まで!

●江戸時代には、性を含意した「君が代は千代にやちよにさゞれ石の岩ほと成りて苔のむすまで」(「岩」が男性器、「ほと」が女性器を、「成りて」が性交を指す)に変形されて隆達節の巻頭に載り(同じ歌が米国ボストン美術館蔵「京都妓楼遊園図」[六曲一双、紙本着彩、17世紀後半、作者不詳]上にもみられる[9])、おめでたい歌として小唄、長唄、浄瑠璃、仮名草子、浮世草子、読本、祭礼歌、盆踊り、舟歌、薩摩琵琶、門付等にあるときはそのままの形で、あるときは変形されて使われた[10]。

●和歌としての君が代

歌詞の出典はしばしば『古今和歌集』(古今和歌集巻七賀歌巻頭歌、題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番)とされるが古今集のテキストにおいては初句を「わが君は」とし、現在採用されているかたちとの完全な一致は見られない。

我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで

「君が代は」の型は『和漢朗詠集』の鎌倉時代初期の一本に記すものなどが最も古いといえる。

●1869年(明治2年)に設立された薩摩バンド(薩摩藩軍楽隊)の隊員に対しイギリス公使館護衛隊歩兵大隊の軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンが国歌あるいは儀礼音楽を設けるべきと進言し、それを受けた薩摩藩軍楽隊隊員の依頼を、当時の薩摩藩歩兵隊長である大山弥助(後の大山巌、日本陸軍元帥)が受け大山の愛唱歌である薩摩琵琶の「蓬莱山」より歌詞が採用された[4][11]。国歌の概念が無かった日本人に対してフェントンがどのような説明を行ったかは定かではないが、国王を言祝ぐ英国国歌"God Save the King"が手本にされたのであろうと言われている[要出典]

● ただし、この話には異論がある。佐佐木信綱が記した『竹柏漫筆』によると明治天皇が関西へ行幸する際、フランス軍から天皇行幸に際して演奏すべき日本の国歌を教えてほしいという申し出が日本海軍へあった。
そのため、当初海軍兵学校へ出仕していた蘭学者である近藤真琴へ歌詞を書かせたが海軍内で異論があり海軍海補であった川村純義が郷里で祝言歌として馴染みのあった歌詞を採用したというものである。

ただしこの説は明治当初に海軍が陸軍に対抗して自ら国歌の必要性を理解した上で発起したということを知らしめるために利用されていた節があり、●●現在の国歌研究においては「大山発案説」が事実であると見られている。

http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=171

◆以下は、藪内 貞さんからのシェアです!
アブラハム、イサク、ヤコブの子孫!スファラデイ、ユダヤ人の血をひいてます!天皇家
出雲家の争い!負けたのは出雲系です、差別を受けてます!
DNAで調べてます!科学が発達に連れて真実が証明されて来ています!
偽ユダヤ人はアシュケナージ、ユダヤ人 ガザール人 世界を統一しています!
スファラディ、ユダヤ人はパレスチナ人のキリスト教徒と言われてる人々 その血が流れてる日本人がいます
差別されてる人々です
真実が明らかになって来てます、今科学者が調べてます!





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2925-0bbb3417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック