愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約1400年前のこの国はこのようなことを憲法とし、記していました。
約1400年前のこの国はこのようなことを憲法とし、記していました。

聖徳太子の時代と今とでは、状況はずいぶん違うと思いますが、人の心にはあまり違いがないかもしれません。
十七条憲法の第十条にあった言霊の響きです。

~ 忿(ふん)を絶ち
瞋(じん)を棄て
人の違ふ(たがう)を怒らざれ

人皆心有り
心おのおの執るところあり

彼 是(ぜ)なれば則ち(すなわち)
我 非なり

我 是なれば 即 彼 非なり

我 必ずしも聖(ひじり)
に非ず

彼 必ずしも愚(おろか)に非ず
共に是れ 凡夫(ぼんぷ)のみ ~

憤り(いきどおり)の心をたちなさい
怒りの心を捨てなさい

人それぞれの違いを認めなさい
人にはみな心があり
そして心にそれぞれ執着があり、未熟な部分がある

相手が正しければ自分に非があり
自分が正しければ相手に非がある

自分は必ずしも聖人ではなく
相手も必ずしも愚人ではない

共に凡夫(ぼんじん)に過ぎないのである

約1400年前に日本の地の上にあった 心 精神から再び学び直したいと思います。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2926-eb042641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。