愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
がんは、遺伝子変異からおこる病気だった。
【がんは、遺伝子変異からおこる病気だった。
そう考えると、
細胞からがんをどう治療していくのかが自然な流れなのです!】

「がん」は、正常細胞が長期間にわたり、
遺伝子変異(遺伝子が傷つくこと)を積み重ね、
異常な状態になった細胞で遺伝子の病気といわれます。

がんは、変異細胞の固まりであり、
正常細胞ががん化したものです。

ですから、その「がん」がどのようなものかを知るには、
がん細胞を調べるしかありません。

「がん」は「細胞」の病気であり変異であるので、
ほんとうは「細胞のよく分かっている医師」が
診るべき相手かもしれません。

といっても、細胞レベルの話は、
ほとんどの医者が勉強したことがない領域というもの。

国内のほとんどの病院は、部位診療科になっています。

この部位診療科には、外科も内科もありますが、
細胞科はありません。

なぜなら、細胞は基礎分野であると思われてきたからです。

外科や内科の先生は、あまり細胞レベルのことを
分かっている人は少ないかもしれません。

今のところ「固まりを除くこと」を「主ながん治療」
と考えています。

一方医学の進歩で、ips細胞、ES細胞、
小保方さんの幻のSTAP細胞と遺伝子研究が進み、
細胞学が著しい進化をとげてきています。

いよいよ細胞科(仮称)の出番がやってきたかもしれません。

細胞科の先生は、今体内に発生しているがん細胞の特定方法を
細胞レベルで考えようとします。

細胞レベルで特定して、この細胞をひとつずつ攻撃する治療法
を考えています。

ところが、日本の標準治療といわれる
外科手術は、目視と画像で見えるものを排除する
といういってみれば大雑把な治療です。

放射線治療も、ほぼこれに同様なくらい大雑把です。

化学療法は、癌細胞が成長速度が速いという特性を利用して
成長速度の早い細胞を殺す薬物を使います。

これによって、成長速度の速い正常細胞である毛根細胞などが
殺されたりするので副作用は甚大であるというわけです。

最近ではがん幹細胞という成長速度が
速くないがん細胞が発見されていますので、
この化学療法のメカニズムが疑問視され始めています。

製薬会社にとってはこれは大問題ですから、
人に騒がれないよう静かにしています(・・・想像)。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2946-6bb40740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック